管工事施工管理技士の合格率はどのくらい? 難易度や効果的な勉強法を徹底解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

管工事施工管理技士の資格を取得する際、気になるのが合格率や難易度のことでしょう。管工事施工管理技士には1級と2級がありますが、難易度はどのくらい違うのでしょうか?

そこで、この記事では、 管工事施工管理技士の試験内容や合格率、勉強法のコツなどを紹介します。これから管工事施工管理技士の受験を考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

  1. 管工事施工管理技士とは?
  2. 管工事施工管理技士を受験するには?
  3. 管工事施工管理技士の試験科目
  4. 管工事施工管理技士の難易度・合格率は?
  5. 効率の良い勉強法は?
  6. よくある質問
  7. おわりに

1.管工事施工管理技士とは?

管工事施工管理技士とは、国家資格である施工管理技士のひとつです。管工事とは、水道管・ガス管・給湯・空調など、要するに建物に管状のものを通す工事のこと。人が長時間快適に過ごす建物を建築するには、管工事は欠かせません。管工事自体は、資格がなくても行えます。実際、現場で作業をしている方のほとんどが無資格者でしょう。

しかし、管工事の工程管理・品質管理・安全管理を行いたい場合は、施工管理技士の資格が必要です。また、管工事施工管理技士には1級と2級があり、2級を取得すると工事現場の主任技術者になれます。さらに、1級を取得すると主任技術者に加えて管理技術者にもなれるのです。そのうえ、施工管理技士の資格を取ると新しく建築業の事務所や営業所を開設したとき、必ず選任しなければならない専任技術者や、主任技術者になれます。

2級は一般建築業だけですが、1級を取得すると特定建築業の専任技術者にもなるのです。ですから、可能ならば1級を取った方が出世や転職には有利でしょう。