管工事施工管理技士の参考書の選び方とは?人気があれば大丈夫?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

管工事施工管理技士は、建築業界で働く方ならば取得しておいて損はない資格です。
また、会社によっては取得を応援してくれたり、取得すると資格手当がついたりすることもあるでしょう。
そこで、今回は管工事施工管理技士を受験される方必見。
参考書の選び方をご紹介します。参考書にも人気、不人気がありますが、人気の参考書を買えば必ず合格できるというわけでもないのです。また、独学で勉強が難しいという方向けにお勧めの勉強法をご紹介します。
これから管工事施工管理技士を受験したいという方は必見ですよ。

  1. 管工事施工管理技士とはどんな資格?
  2. 管工事施工管理技士の資格を取得する方法とは?
  3. 管工事施工管理技士の参考書の選び方
  4. SATの教材を試してみよう
  5. おわりに

1.管工事施工管理技士とはどんな資格?

管工事施工管理技士とは、給湯や空調、水道、貯水など配管設備工事全般を管理する専門技術者です。
どんな建物でも、人が長時間快適に過ごすためには配管工事は欠かせません。
配管工事自体は、無資格でも行えます。しかし配管工事の計画を立てたり安全管理を行ったりするには施工管理技士の資格が必要なのです。
資格には1級と2級があり、1級を取得すれば特定建築業の専任技術者にもなれます。
専任技術者とは、新しく建築業の営業所を立ち上げるときに必ず常駐させなければならない技術者のことです。
2級でも一般建築業の専任技術者になれますので、取得を奨励する会社も多いでしょう。

12