給排水工事と設備に関係する資格をご紹介! 資格取得のコツとは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

給排水の工事は、私たちが生活するために必要な水を得るために重要なものです。給排水に必要な設備の管理や工事をするためには、資格を取得しなければなりません。一体、どのような資格の種類があるのでしょうか。本記事では、給排水工事の基礎知識や関係する資格・給水装置工事主任技術者の資格取得や勉強法について説明します。

  1. 給排水工事の基礎知識
  2. 給排水工事に関係する資格について
  3. 給水装置工事主任技術者の資格取得について
  4. 給水装置工事主任技術者資格の勉強法とは
  5. 給排水工事に関係する資格に関してよくある質問

この記事を読むことで、給排水工事や設備に関係する資格について知ることができます。資格取得を目指している方は、ぜひ参考にしてください。


1.給排水工事の基礎知識

給排水工事の資格を取得するためには、どういう工事内容なのか把握することが大切です。給水装置・設備の基礎知識について身につけておきましょう。

1-1.どういうものか

給排水工事は、建物・敷地内における水やお湯の供給・排出のための設備を組み込むために必要な工事です。私たちが家庭や仕事場で水が使用できるのは、給排水工事をきちんと行い、設備が正しく稼働している証拠となります。スムーズな給水・排水を行うために、給排水工事は必要不可欠な工事です。

1-2.給水装置・設備などについて

日常生活や工業・商業・農業などの生産活動に必要な水を供給するための設備を、給水装置・設備と言います。自由に水を使うことができるのは、給水装置・設備が整っているからです。一般的に、公共水道を受水槽に受けた後、高置水槽や加圧ポンプから配管を通って各家庭に供給される仕組みとなります。さらに、給水装置・設備は、水質を適切な状態に保つ機能も持っているのです。キレイな水が使用できるのも、これらの設備があるおかげ証拠でしょう。

1-3.どんな工事があるか

給水・給湯設備や配水設備、トイレ・洗面器・ポンプ・タンクなどの衛生設備の設置工事や点検が代表的です。水道管から水を引くための給水工事、使用した水を流すための汚水・雑排水工事、敷地内へ降りこんだ雨水を敷地外へ出す雨水排水工事なども含まれています。基本的に、建物において、水にかかわる工事全体を指しているのです。