PM2.5の特徴と発生原因とは!肺がんのリスクを高めるってホント?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

公害防止管理者として、PM2.5の特徴や発生原因について知っておくことは大切です。
近年、中国でPM2.5による深刻な大気汚染問題が発生したことは、日本でも知られています。
そして、国内にもPM2.5の発生源があることが分かってきているのです。
PM2.5とは一体何なのか、発生原因にはどのようなものがあるのか、知っておくべきではないでしょうか。

  • 公害防止管理者としてPM2.5について知りたい
  • PM2.5の発生原因とは?
  • 人体にはどのような影響があるのか?

そんな人たちは、ぜひ参考にしてみてください。


1.PM2.5の特徴

まずは、PM2.5がどのような物質なのか、その特徴をまとめてみたいと思います。

1-1.PM2.5とは

大気中には、揮発性有機化合物や窒素酸化物などの汚染物質が混ざってできた粒子状の物質が浮遊しています。
その中でも粒形2.5マイクロメートル以下の小さな粒子を「PM2.5」と呼んでいるのです。
1マイクロメートルは1ミリの1000分の1の大きさであり、花粉と比較しても非常に小さな粒子であることが分かります。
成分は、炭素成分、硝酸塩、硫酸炎、アンモニウム塩、ケイ素、ナトリウム、アルミニウムなどです。

1-2.PM2.5の種類

PM2.5には、一次生成粒子と二次生成粒子の2種類があります。
ボイラーや焼却場でものを燃やしたときに直接排出されるのが一次生成粒子。
火力発電所や工場、自動車などから排出された硫黄酸化物や窒素酸化物が、大気中の光やオゾンと反応して生成されるのが二次生成粒子です。
特に、一次生成粒子は一般家庭内でも発生することがあるため、注意が必要になるでしょう。

1-3.PM2.5による大気汚染問題

主に中国で深刻な問題となっているPM2.5による大気汚染。
中国では2017年までに、主要な都市の大気中にあるPM2.5濃度を「10%以上低下する」という目標を設定しました。
日本では2013年、一時的にPM2.5濃度が非常に高くなり、問題となったのです。
その原因は、中国から入ってきたものと日本国内での大気汚染、両方の要因が確認されています。
現在は環境に対する取り組みを強化した結果、国内でのPM2.5濃度は減少傾向にあるでしょう。
しかし、PM2.5濃度は季節によって変動し、特に3~5月には上昇する傾向にあるため、注意が必要です。

12
公害防止管理者 水質最短合格の秘密はこちら 水質最短合格の秘密はこちら