公害防止主任管理者に選任されるには? 必要な国家試験やおすすめ教材を紹介!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

将来的な転職を考えて、資格試験を目指している…という方は大勢いらっしゃるでしょう。資格はまさに転職における最大の武器です。そこで、こちらでは近年、人気が高まっている資格−公害防止主任管理者の詳細を解説することにしました。

  1. 公害防止主任管理者とは?
  2. 公害防止主任管理者の選任義務とは?
  3. 公害防止管理者には13種類が存在する!?
  4. 公害防止管理者の国家試験情報を知りたい!
  5. 公害防止管理者の資格認定講習とは?
  6. 公害防止管理者の資格を取得するための勉強法は?
  7. 公害防止管理者の資格にまつわるQ&A

国家試験のデータはもちろん、合格するための勉強法、オススメの教材…といったお役立ち情報が満載。さらに、公害防止管理者の各区分と、主な就業先まで網羅しています。


1.公害防止主任管理者とは?

公害防止主任管理者というのは資格名称ではありません。資格として存在するのは、公害防止管理者です。そして、公害防止管理者の13区分の中に、公害防止主任管理者という区分が存在します。

公害防止主任管理者というのは、公害防止管理者の資格者を統率する仕事…と考えてください。もっと分かりやすく表現するなら、公害防止管理者のリーダーという言葉が適切でしょう。

公害防止管理者、公害防止主任管理者とも、“特定工場における公害防止組織の整備に関する法律”によって産業公害を防ぐために設けられた役職。要は、公害問題を起こさない“クリーンな工業”を実現するための責任者…ということになります。

1-1.公害防止統括者との違いは?

上述のとおり、公害防止管理者の上には公害防止主任管理者がいるわけです。しかしながら、厳密にいうと、公害防止主任管理者は公害防止業務のトップではありません。一番上には、公害防止統括者という役職が存在します。

ただ、公害防止統括者は、あくまでも見た目上のトップに過ぎません。工場の工場長など、組織図の最上位に置かれる人物が“形式的に公害防止業務の最高責任者となる”という便宜的理由で、公害防止統括者の役職が存在するだけなのです。だから、公害防止統括者には公害防止管理者の資格も不要。簡単にいえば、名前だけのポストに過ぎません。

以上から、公害防止主任管理者は、公害防止業務における“事実上の最高責任者”ということになります。実際に公害防止施設の保守点検、原料の検査などを行う公害防止管理者を指揮・統括するわけです。工場の部長級、課長級が就(つ)くことを想定された管理職…と考えてください。

1-2.公害防止主任管理者の必要性は?

近年は中国から飛来するPM2.5などが問題視されていますが、かつては日本国内の工業もまた、多くの環境問題を引き起こしていました。有機水銀による水質汚染が要因の水俣(みなまた)病と新潟水俣(みなまた)病、亜硫酸ガスの大気汚染を要因とする四日市ぜんそく、カドミウムの水質汚染を要因とするイタイイタイ病。以上の4つは日本における四大公害病とされています。工業力の進歩による高度経済成長の裏側には、公害という暗い問題があったのです。

そこで、1970年、国会で公害問題を解決するための方法が議論されました。公害対策基本法、大気汚染防止法、農薬取締法などが改正されたのに加え、水質汚濁防止法、海洋汚染防止法、農用地土壌汚染防止法などが新しく成立しています。環境省の前身である環境庁が設置されたのも、1970年の国会後です。

こちらのページで取り上げている公害防止管理者の制度ができたのは、翌年、1971年のことでした。1970年の国会で制定された公害防止体制を実現するため、工場内に公害防止に特化した組織を作るよう義務づけたわけです。具体的には、1971年の6月、“特定工場における公害防止組織の整備に関する法律”が制定されました。こうして、公害防止管理者の資格が誕生したわけです。

公害防止管理者および公害防止主任管理者は、過去の公害病を繰り返さず、クリーンな環境を次世代に伝えるために不可欠な役職といえます。

公害防止管理者 水質最短合格の秘密はこちら 水質最短合格の秘密はこちら