公害防止組織はどのようなもの? 選任に必要な資格や職務を解説します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

公害とは、事業活動や人の活動に伴って生ずる大気や水・土壌の汚染・騒音・振動・地盤沈下・悪臭などを指します。日本では昭和40年代~50年代まで各地で公害が深刻な問題となり、多く方が健康を害しました。現在は、大気汚染防止法や水質汚染防止法など、環境を守るための法律が整備され、それに基づいて各企業では公害防止管理者制度に基づいて組織を編成しなければなりません。

そこで、今回は公害防⽌管理制度に基づく公害を防止するための組織についてご説明しましょう。

  1. 公害防止管理者制度に基づく公害防止組織とは?
  2. 公害防止管理者とはどのような資格?
  3. 公害防止管理者の受験までの流れや勉強方法のコツ
  4. 公害防止組織・公害防止管理者に関するよくある質問

この記事を読めば、公害を防止するためのシステムについても分かります。公害防止管理者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。


1.公害防止管理者制度に基づく公害防止組織とは?

はじめに、公害防止組織の概要や必要性、組織の職務などをご紹介します。どのような組織なのでしょうか?

1-1.公害防止組織とは?

公害防止組織とは、文字どおり公害の発生を未然に防ぐために設備の点検や、土壌・大気・水質・騒音・悪臭などを検査する組織のことです。公害防止管理者制度に基づいて組織され、公害防止管理者の有資格者や公害防止主任管理者・公害防止統括者で構成されています。

特定工場に指定された工場は、必ず公害防止管理者の有資格者を選任し、工場の規模によっては公害防止統括管理者を頂点とする公害防止組織を作らなければなりません。公害防止組織の設置条件などは、昭和46年に制定された「特定工場における公害防止組織の整備に関する法律」内で定められています。公害防止組織の一員に選任された場合は、目を通しておきましょう。

1-2.特定工場とは?

特定工場とは、公害を発生させる恐れがあり公害防止管理者を中心とした公害防止組織の設置が定められている工場です。

  • 物品の加工を含む製造業
  • 電気供給業
  • ガス供給業
  • 熱供給業(ごみ処理工場など)

のうち、ばい煙・粉じん・汚水・騒音・振動・ダイオキシンを発生させる施設が付随している工場が、特定工場に指定されます。特定工場を設置している経営者(特定事業者)は、工場の規模や従業員数・公害防止管理者・公害防止主任管理者・公害防止統括者の氏名を、各自治体に届けなければなりません。
また、自治体によっては特定工場に対し、独自の条例を定めているところもあります。ですから、特定工場を建設する場合は、自治体の条例も知っておく必要があるのです。

1-3.公害防止組織に選任されるには?

公害防止組織は、前述したように公害防止管理者・公害防止主任管理者・公害防止統括者の3つから成り立っています。このうち、公害防止管理者と公害防止主任管理者には、「公害防止管理者」という資格が必要です。公害防止統括者は、工場長など事業を統括管理する人が就く必要があるので、資格は特に必要ありません。
公害管理者・公害防止主任管理者はすべての特定工場で選任が義務づけられています。たとえ、従業員が数人でも特定工場に指定されたら、選任しなければなりません。公害防止統括者は、従業員が21人以上所属している工場で選任が義務づけられています。

なお、公害防止組織は工場ごとに設置しなくてはなりません。経営者が同一であっても複数の工場を1つの公害防止組織が検査・点検を行うことは禁止されています。

2.公害防止管理者とはどのような資格?

この項では、公害防止組織に選任されることができる、公害防止管理者についてご説明します。どのような資格なのでしょうか?

2-1.公害防止管理者の資格概要

公害防止管理者とは、前述したように公害を事前に予防するために工場の設備点検や検査をする技術士の資格です。公害防止管理者には、

  • 大気(第1種~第4種)
  • 水質(第1種~第4種)
  • 粉じん(特定・一般)
  • 騒音と振動
  • ダイオキシン
  • 公害防止主任管理者

の5種類、13区分があります。「この資格を取得すれば、すべての工場でどのような検査や点検もできる」という資格は現在のところありません。工場ごとに必要な公害防止管理者の資格が決まっています。どの施設がどのような公害防止管理者を必要とするのかは、産業環境管理協会が作成したこちらの表を参考にしてください。

2-2.公害防止管理者の資格を取得する方法

公害防止管理者の資格を取得するには、資格試験を受けて合格するか産業環境管理協会が主催している講習を受講し、修了認定を受ける方法があります。資格試験の受験資格は定められていません。性別・年齢・学歴・国籍に関係なく受験することができます。講習を受講するには、一級ボイラー技士・衛生工学管理者・技術士・計量士などの資格が必要です。資格ごとに、受講することができる公害防止管理者の種類が決められていますので、協会のホームページから確認してください。

2-3.資格を取得するメリット

公害防止管理者は、規模に関わらず特定工場に指定されれば、必ず選任しなければなりません。日本全国に特定工場はたくさんありますので、取得をしておけば就職や転職にも有利でしょう。職場によっては、資格手当がついたり昇進しやすくなったりします。大学の理系学部では、学生へ積極的に取得をすすめているところもあるでしょう。また、会社が資格取得をすすめてくるところもあります。

3.公害防止管理者の受験までの流れや勉強方法のコツ

この項では、国家試験までの流れや合格をつかみ取る勉強方法のコツをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

3-1.公害防止管理者の試験科目

公害防止管理者の試験科目は、種類によって異なりますが

  • 公害総論
  • 受験する科目(大気・水質など)の概論
  • 受験する科目(大気・水質など)の特論

などが出題されます。大気や水質のように1種~4種まであるものは、数字が若いものほど問題数が多く、難しくなっているのです。まずは、自分の受験する種類の試験科目を確認しましょう。問題数は35問~75問あり、60%以上の正解率で合格です。

3-2.試験の免除や合格科目の持ち越しについて

正解率が全体の60%に届かず不合格になった場合でも、正解率が60%を超えた科目は合格科目として3年間持ち越すことができます。つまり、3科目中2科目が合格点に達しており、1科目だけ不合格だった場合は、翌年に残り1科目を受験して合格点に達すれば合格です。
また、大気や水質など、種類の中で区分がある場合、第3種を取得したが、次は第1種も取得したいということもあるでしょう。この場合は、共通科目の試験が免除になります。ただし、大気の第3種を取得した人が今度は水質に関する資格を取得しようとする場合、免除科目はありません。注意しましょう。

3-3.試験や講習の申し込み方法

公害防止管理者の試験や講習は、産業環境管理協会が主催しています。試験に申し込む場合は願書を入手し、協会あてに提出もしくは送付するか、協会のホームページから電子申請を行いましょう。地方に住んでいる方は、電子申請が便利です。
講習の場合は、自分が受講資格を満たしているか確認したうえで申し込んでください。こちらも協会のホームページから申し込みができます。

試験は毎年10月に全国13か所で行われるので、遠方の方は宿泊の手配も忘れずに行ってください。受験費用は6,400円~6,800円です。

3-4.勉強のコツ

公害防止管理者の難易度は、国家試験の中では中程度といわれています。これは、予備校などに通って特別な受験テクニックを身に付けなくても合格できるという意味で、試験が簡単というわけではありません。合格率は平均で19.8%程度と決して高くないため、しっかりと勉強することが大切です。

公害防止管理者の勉強法には、独学と通信教育を利用する方法があります。独学の場合は、参考書を購入して自分で勉強しましょう。参考書は、産業環境管理協会からも発刊されているので、利用してみてもいいですね。試験はマークシート方式なので、勉強は暗記が中心になります。

全く知識がない状態から勉強して公害防止管理者の資格を取得したいという方や、独学で勉強して試験にチャレンジしたが、残念ながら不合格だったという方は、通信教材を利用してみましょう。市販のものよりも分かりやすい参考書を作っているところが多く、メールで分からないところの質問もできます。
SATの教材は、ブック式の参考書だけでなく専門の講師による講義を収録したDVDやe-ラーニングがついてくるので、より幅広い勉強方法が可能です。e-ラーニングはスマートフォンやタブレット型パソコンでも視聴可能ですから、出先でも気軽に勉強することもできます。隙間時間を有効に使いたい方にもおすすめです。

4.公害防止組織・公害防止管理者に関するよくある質問

Q.公害防止管理者は、どの資格を取得すればよいのでしょうか?
A まずは、職場の公害防止管理が行えるものを取得するのがおすすめです。

Q.公害が発生した場合は、公害防止管理者の責任が問われますか?
A.公害防止管理者が、すべての責任を負うことはありません。ただし、自治体への説明などの対応はすることになるでしょう。

Q.区分が複数ある公害防止管理者は、やはり4種から取得してステップアップしていくのがよいのですか?
A 知識があるならば、いきなり1種に挑戦しても問題ありません。

Q.公害防止管理者は、複数の種類を持っていた方が有利ですか?
A.そうとも限りません。4種を複数持つより1種を1つ持っていた方が有利な場合もあります。

Q.公害防止主任管理者とはどのような役目があるのですか?
A.公害防止管理者を統括したり、統括管理者との橋渡しを務めたりします。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回は公害防止組織についていろいろとご紹介しました。公害は一度発生すると、収拾がつくまでに時間がかかります。また、大気や水質が一度汚染されると被害者も膨大な数になるでしょう。公害を防止するために公害防止管理者の職務は重要ですし、有資格者の需要も高くなっています。資格を取得する機会に恵まれたら、ぜひ挑戦してみましょう。

公害防止管理者 水質最短合格の秘密はこちら 水質最短合格の秘密はこちら