【必見】1級建築施工管理技士の資格とは?難易度や試験内容について

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「職場で必要な資格だと言われた」「スキルアップしたい」「就職に必要だから」など、1級建築施工管理技士の取得を考えている人は多いでしょう。1級施工管理技士は国家資格の1つです。せっかく受験するのなら1発で合格してすぐにでも1級施工管理技士として働きたいでしょう。そこで、1級施工管理技士を取得するために知っておくべき知識や資格取得対策について説明します。

  1. 建築施工管理技士の基礎知識
  2. 1級建築施工管理技士の資格について
  3. 1級建築施工管理技士の受験について
  4. 1級建築施工管理技士の受験対策と学習方法
  5. 1級建築施工管理技士の合格までのスケジュール
  6. 1級建築施工管理技士の更新について
  7. 1級建築施工管理技士に関してよくある質問

この記事を読めば、1級建築施工管理技士を取得するために必要な知識、試験対策について知ることができます。


1.建築施工管理技士の基礎知識

1級建築施工管理技士の資格を取得するためには、建築施工管理技士の知識を身につけておかなければなりません。建築施工管理技士とは何なのか、職務や目的など詳しく説明しましょう。

1‐1.建築施工管理技士とは

建築施工管理技士とは、建築工事に関する現場で工事の進行・指揮・監督をおこなう専門家です。また、建築施工管理技士の資格は建設業法第27条の2に基づいて実施されています。1級と2級にわかれていて1級は昭和59年、2級は昭和58年に制定されました。
建設業法

1‐2.建築施工管理技士の級について

建築施工管理技士は1級と2級にわかれています。1級は主に大規模工事を、2級は中小規模の工事の取り扱いと範囲が決まっているのです。1級は建築学全般を担当し施工過程を考える施工計画、品質管理、工程管理、品質管理、安全管理に重点を置くことになります。

1‐3.建築施工管理技士の職務

建築施工管理技士の職務は、鉄筋工事や内装工事といった建築工事全般です。主に、施工過程から計画を作成して工程の品質・安全管理をすることになるでしょう。また、1級・2級によって職務の内容が異なります。

1‐4.建築施工管理技士の目的・必要性・メリット

建築施工管理技士になると、建築現場では全体を指揮する立場になります。つまり、全体を常に把握して工程を進めるという重大な役割を担っているのです。責任のある立場で働くぶん、資格手当や給料面では良い待遇が期待できます。建築施工管理技士は建築物の質的向上を支えるために必要な資格です。安全に、かつ順調に工事を進めるかどうかは、建築施工管理技士の手腕にかかっているといえるでしょう。