無線従事者はどんなところに求人がある資格?就職状況と共に徹底解説

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

無線従事者とは、電波法に定められた無線設備の操作や監督を行うことができる資格です。無線というと、通信設備をイメージする方が多いと思いますが、携帯電話の基地局やテレビ局やラジオ局も無線電波を飛ばす基地局の一種になります。つまり、テレビやラジオが利用できるのも携帯電話が使えるのも、無線従事者が的確に無線設備を捜査しているおかげ、といえるでしょう。

今回は、無線従事者の資格や求人・就職の状況についてご紹介します。

  1. 無線従事者に関する基礎知識
  2. 無線従事者を求めている職場とは?
  3. おすすめの無線従事者資格とは?
  4. 無線従事者の資格を取得する方法
  5. 無線従事者の求人・就職などに関するよくある質問

この記事を読めば、無線従事者の資格を取得するメリットや、活躍の場が分かることでしょう。無線従事者の資格を取得したいと思っている方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.無線従事者に関する基礎知識

はじめに、無線従事者の資格とはどういうものかということや、資格を取得すると行えることなどをご紹介します。どのような資格があるのでしょうか?

1-1.無線従事者とは?

無線従事者とは、前述したように無線設備を取り扱うことのできる資格です。無線設備というのは、無線電波を受信したり発信したりできる設備の総称であり、飛行機や船のレーダー・無線通信機・携帯電話の基地局・テレビ局・ラジオ局の設備も無線設備に含まれます。

携帯電話の基地局など小規模な無線局が増加するのに伴い、1990年には主任無線従事者という資格が新たに設定されました。主任無線従事者の監督下の元でならば、無資格者でも無線設備を特定の操作に限って扱えます。しかし、モールス信号の送信などできないことも多いので、無線設備を扱う仕事に就きたい場合は、無線従事者の資格は取得しておきましょう。

1-2.無線従事者資格の種類とは?

無線従事者の資格には

  • 総合無線通信士(1級~3級)
  • 海上無線従事者(一~四級の海上無線通信士・一~三級、レーダー級の海上特殊無線技士)
  • 陸上無線従事者(一・二級の陸上無線技術士・一~三級の陸上特殊無線技士・国内電信級陸上特殊無線技士)
  • 航空無線従事者(航空無線通信士・航空特殊無線技士)
  • アマチュア無線技士(一~四級)

があります。主任無線従事者はアマチュア無線技士以外の無線従事者の資格を取得し、一定時間の講習を受けることで取得可能です。総合無線通信士以外は、取得した資格の区分(陸・海など)に関する無線設備の操作しか行うことができませんので、注意しましょう。

1-3.なぜ、無線設備を扱うのに資格が必要なのか?

私たちの周りには、目に見えないだけでさまざまな周波数の電波が飛び交っています。テレビとラジオを隣同士で使っても混線しないのは、それぞれ受信できる周波数が異なっているためです。日本では、電波法という法律に基づいて電波の送受信が行われています。もし、電波法に違反した電波がさまざまな場所で使われたら、テレビ・ラジオ・電話など私たちの身近にある機械も悪影響を受けるでしょう。また、防災無線や飛行機や船から陸上の基地へ発信される通信無線が妨害された場合は、大事故につながるかもしれません。
ですから、無縁設備の操作は電波に関する正確な知識を持った無線従事者によって、行われることが必要です。