無線従事者の資格を取得する方法は? 国家試験受験は必須?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

無線従事者とは、電波法に定められた無線設備の操作や監督を行うことができる資格です。飛行機や船と通信をする通信士が有名ですが、その他にも携帯電話の基地局やテレビ局・ラジオ局で設備の操作を行うのも、無線従事者の資格が必要になります。有資格者を必要としている職場は皆様が思っているよりも多く、取得すれば転職や就職にも役立つことでしょう。

そこで、今回は無線従事者の国家試験などについて解説します。

  1. 無線従事者の基礎知識
  2. 無線通信士・無線技士・特殊無線技士の種類
  3. 無線従事者の資格を取得する方法
  4. 試験勉強のコツ
  5. 無線従事者に対するよくある質問

この記事を読めば、無線従事者の求人や資格を取得するメリットなども分かることでしょう。無線従事者の資格に興味がある方や資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.無線従事者の基礎知識

はじめに、無線従事者とはどのような資格なのかを解説します。無線を扱うのに国家資格が必要な理由などもご説明しましょう。

1-1.無線とはどのようなもの?

無線とは、電波を利用して情報をやりとりする無線通信のことです。私たちの生活には欠かせない携帯電話も無線通信機器の一種になります。無線は目的に応じて周波数が変わり、テレビとラジオを並べて置いても混線が起こらないのは、受信できる周波数が異なるためです。

地球上の上空にはさまざまな周波数の電波が飛び交っており、「電波法」という法律で管理されています。無許可で無線機器を使用し、通信を行うと電波法に違反した罪で懲役刑や罰金刑が課せられますので注意しましょう。

1-2.無線従事者とはどのような資格?

無線従事者とは、前述したように無線設備を操作したり監督したりできる資格です。現在、無線通信には無数の種類があり、使用できる電波の周波数は電波法によって細かく定められています。そのため、無線設備を使用して無線通信を行うには、専門的な資格が必要です。

かつては、有資格者でなければ無線通信設備の操作は行えませんでしたが、1990年に「主任無線従事者」という国家資格が新たに作られ、有資格者の監督下の元ならば無資格者でも限られた操作なら行えるようになりました。しかし、モールス信号など一定の操作は有資格者しか行えません。

1-3.アマチュア無線技士とその他の資格の違い

無線従事者の資格は、アマチュア無線技士と無線通信士・無線技士とにわかれています。インターネットが発展する前まで、アマチュア無線は外国に住む人々と手軽に交流を楽しめる唯一の手段だったため、取得する方もたくさんいました。アマチュア無線技士は、アマチュア無線局の開局や一定のw数以下の無線設備を扱えますが、船舶や航空機・陸上に設置された無線設備の操作を行うことはできません。
無線通信士や特殊無線技士として働きたい場合は、改めて資格を取得する必要があります。

1-4.無線従事者の資格を取得するメリット

無線従事者の資格を取得すれば、陸上の無線局同士・航空・船舶と無線通信を行うことができます。陸上の無線局の中には、携帯電話の基地局やテレビの中継局なども含まれるため、無線従事者の資格保持者を求めている職場も豊富です。資格を取得すれば無線機器の操作はもちろんのこと、無線基地局で整備や点検などの仕事をしている職場からも求人があるでしょう。資格手当をつける職場も豊富です。また、無線通信はこれからも多くの場所で利用され続けますし、新しい用途が開発される可能性も十分にあります。有資格者の需要は高まり続けるでしょう。