無線従事者の資格にはどのようなものがある? 資格取得の方法を解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

無線とは、電波や光(赤外線)などで声をはじめとする情報を伝達する通信手段です。電話やインターネットが発達した現在でも、トラックやバスなどの車両・船舶・航空機では、無線が重要な通信手段になっています。無線従事者とは、このような無線を使う職業全般を指すのです。1990年に法律が改正され、限られた操作ならば主任無線従事者の監督の元で無資格者でも無線操作ができるようになりました。しかし、幅広い無線操作を行うには現在も資格が必要です。また、趣味として無線を楽しむ方も同様に資格が必要となります。

今回は、無線従事者になるために取得しておかなければいけない資格や、趣味として無線を楽しむために必要な資格をご紹介しましょう。

  1. 無線従事者の基礎知識
  2. 無線従事者の資格について
  3. 無線従事者の各種資格を取得する方法
  4. 無線従事者の資格についてよくある質問

この記事を読めば、無線を取り扱える資格の種類や取得方法が分かります。無線従事者を目指す方は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.無線従事者の基礎知識

はじめに、無線従事者の基礎知識をご紹介します。どのような職務を行うのでしょうか?

1-1.無線従事者とは

無線従事者とは、電波法で定められた無線設備の操作をしたり監督を行ったりする型の総称です。1990年までは、無線従事者になるには、なんらかの無線通信士の資格を取得しなければなりませんでした。1990年に電波法が改正されてからは、主任無線従事者の監督下ならば無資格者でも無線設備を操作できるようになったのです。しかし、現在でもモールス符号による無線電信操作や、法務省が定める無線設備の操作は無資格では行えません。

1-2.無線従事者が活躍する職場とは?

無線設備はいたるところに存在しています。私たちが毎日使っている携帯電話の基地局も無線設備の一つです。また、飛行機や船も無線設備を積んで陸上の海岸局や航空局と交信をしています。陸上でも、バスやタクシーは無線設備を積んで交信をしているのです。ですから、陸・海・空と地上とをつなぐ基地局や船・飛行機内などでも無線従事者は活躍しています。

1-3.無線従事者に資格が必要な理由

電波には、さまざまな周波数があります。周波数を変えることで、多くの電波を一度に飛ばしても通信の混乱が起きないようにしているのです。たとえば、テレビやラジオなども決まった周波数の電波だけを受信するように作られています。そのため、テレビの隣にラジオがあってもそ、れぞれ異なる周波数の電波を受信するのです。無線従事者は電波操作のスペシャリストであり、さまざまな周波数の電波を操って音声や映像を目的の場所へ届けることができます。電波を正しく扱わないと、発信された電波はいろいろな場所で受信機に不具合を起こすでしょう。ですから、アマチュアで無線を楽しむ方にも資格が必要なのです。

2.無線従事者の資格について

この項では、無線従事者の資格についていろいろとご説明します。どのような資格があるのでしょうか?

2-1.総合無線従事者の資格

総合無線従事者の資格には、総合無線通信士があります。総合無線通信士は、海上・航空・陸上にある無線局に設置してある無線設備を操作したり監督したりすることができる資格です。1級~3級まであり、1級が最も多くの設備を扱えます。

2-2.海上無線従事者の資格

海上無線従事者の資格には、海上無線通信士・海上特殊無線技士・レーダー級海上特殊無線技士の3種類があります。海上無線通信士は、1級~4級まであり、船舶の中にある無線設備や海岸局・海岸地球局の無線設備を操作できる資格です。この中で4級は国内通信に限定されます。

海上特殊無線技士は、旅客船や漁船・それ以外の300t未満の船舶で無線電話とデジタル選択呼出装置を操作することが可能です。これらの装置は、空中線電力と周波数が限られているので、それを超える空中線電力を用いたり周波数を変更したりすることはできません。海上特殊無線技士は1級~3級があります。

レーダー級海上特殊無線技士は、船舶局のレーダーを操作できる資格です。

2-3.航空無線従事者の資格

航空無線従事者の資格には、航空無線通信士と航空特殊無線技士があります。航空無線通信士は、航空機や航空局・航空地球局に設置された無線設備を操作することのできる資格です。飛行機のパイロットや管制業務に就いている方が取得します。航空機・航空局・航空地球局に設置されているすべての無線設備が操作可能です。

航空特殊無線技士は、航空機・航空局・航空地球局に設置してある無線設備を利用し、国内通信を行うための操作ができる資格になります。

2-4.陸上無線従事者の資格

陸上無線従事者には、陸上無線技術士と陸上特殊無線技士という2つの資格があります。陸上無線技術士には1級と2級があり、1級は、放送局や電気通信業務用等の固定局など、すべての無線局に設置されている無線設備を技術的に操作することができる資格です。2級は、同じようにすべての無線局に設置されている無線設備を操作できますが、空中線電力に制限があります。

陸上特殊無線技士は、1級~4級まであり、それぞれ指定されている無線局に設置されている無線設備を操作可能です。ただし、放送局・海岸局・海岸地球局・航空局・航空地球局・無線航行局の無線設備はどの級でも操作できません。

2-5.アマチュア無線従事者の資格

アマチュア無線従事者の資格には、アマチュア無線技士があります。1級~4級まであり、それぞれ扱える空中線電力と周波数が異なる資格です。1級を取得すればアマチュア局に設置されているすべての無線設備の技術的な操作ができます。なお、アマチュア無線の資格では、陸・海・空に設置されている無線局の設備は操作できません。

2-6.資格を取得するメリット

さて、このように無線従事者が取得できる資格はたくさんあります。通信士は特殊無線技士の上位資格にあたり、数字が少ない級ほど、扱える設備は多くなっていくのです。資格を取得すれば、それだけ無線設備で行える技術的な操作の範囲が広がります。また、転職にも役立つでしょう。

3.無線従事者の各種資格を取得する方法

この項では、前項でご紹介した資格を取得する方法をご紹介します。受験資格などはあるのでしょうか?

3-1.資格を取得する方法

前項でご紹介した各種資格を取得する方法は、大きく分けて2つあります。一つは、試験を受けて合格する方法です。もう一つは、養成課程を修了する方法で、これを無線従事者養成課程といいます。
無線従事者養成課程を修了すると、

  • 第三級・第四級海上無線通信士
  • 第一級・第二級・第三級海上特殊無線技士
  • レーダー級海上特殊無線技士
  • 航空無線通信士
  • 航空特殊無線技士
  • 第一級・第二級・第三級・国内電信級陸上特殊無線技士
  • 第二級・第三級・第四級アマチュア無線技士

の資格が取得可能です。これ以外の資格は試験を受けないと取得できません。無線従事者養成課程は、日本無線協会の支部で公募を行っています。養成課程を行っている資格もホームぺージで公開されていますので、興味がある方は確かめてみましょう。法人が丸ごと受講を委託することもできます。

3-2.無線通信士の試験について

無線通信士には、総合・陸上・海上・航空の4種類があります。試験科目は

  • 無線工学の基礎
  • 無線工学A
  • 無線工学B
  • 法規
  • 英語
  • 地理
  • 電気通信術(実技) 

の中から、等級や種類に応じて出題されるのです。ちなみに、最も難しいといわれる一級総合無線通信士は、今ご紹介した科目すべてを受験する必要があります。試験は日本無線協会によって行われ、試験概要もホームページから確認可能です。難易度はやや難しい~難関資格に分類され、合格者は数%~20%になります。陸上や海上の無線通信士の資格を取得してから総合無線通信士の資格を受験すると、科目のいくつかは免除されるので確認しておきましょう。受験資格はありません。年齢・性別・国籍に限らず受験ができますので、等級の低いものから徐々に取得していく方もたくさんいます。

3-3.特殊無線技士の試験について

特殊無線技士には、海上・陸上・航空の3種類があります。無線通信士に比べると扱える周波数や空中線電力に制限があるため、試験も易しくなっているのです。無線工学と法規の他、海上特殊無線技士の試験には英語がありますのでよく勉強しておきましょう。等級によっては、電気通信術の実技の試験もあります。こちらも、日本無線協会で日程が確認できる他、申し込みも可能です。なお、受験資格はありません。年齢や性別・国籍問わず受験できます。

3-4.アマチュア無線技士の試験について

アマチュア無線技士には1級~4級までの等級があります。試験はどの等級も、無線工学と法規が行われ、受験資格もありません。アマチュア無線技士の資格を取得しても就職には役立ちませんが、災害時の通信手段を確保する際は、とても重宝される資格です。阪神淡路大震災や東日本大震災の際は、アマチュア無線技士の有資格者がいたおかげで連絡手段を確保できた避難所もありました。難易度はやや易しいレベルです。特殊無線技士や無線通信士を目指す方は、腕試しに挑戦してみてもよいでしょう。

4.無線従事者の資格についてよくある質問

Q.養成課程を受講したいのですが、日本無線協会の支部が近くにありません。
A.最近ではeラーニングを利用して、離れた場所から養成課程の講義を視聴することもできます。距離がネックの方は、一度協会に問い合わせてみてください。

Q.主任無線従事者とはどのような資格ですか?
A.主任無線従事者は、アマチュア無線技士以外の無線従事者の資格を持った方が講習を受けて取得する資格になります。これを取得していれば、無資格者が無線設備を操作する際に監督を行えるのです。特殊無線技士や無線通信士の資格を取得したら、講習を受けて取得しておくのもよいでしょう。

Q.いきなり一級総合無線通信士の資格にチャレンジするのは無理ですか?
A.一級総合無線通信士は無線従事者の資格では最難関のものであり、合格率は数%しかありません。総合無線通信士の二級や、陸上・航空・海上の無線通信士の資格を取得した後などで、チャレンジしてみましょう。

Q.女性でも活躍できる職場ですか?
A.現在は女性の無線通信士も増えていますので、問題ありません。

Q.アマチュア無線技士は未成年でも取得できますか?
A.はい、取得可能です。小学生で3級や4級を取得している人もいます。

5.おわりに

いかがでしたか。今回は無線従事者の資格についてご紹介しました。1989年に電波法が改正されて以来、無線従事者に関する資格は細分化され、取得が比較的容易な資格も増えています。特殊無線技士をまず取得してから無線通信士の資格を取得するなど、ステップアップもできるようになりました。無線従事者の資格はどれも受験資格がいりませんので、十分勉強したなと思ったらチャレンジしてみましょう。また、養成課程を受けて等級の低い資格を取得し、最難関の資格だけ受験する方法もあります。