【注目】再就職や転職に有利な資格は?資格取得で人生を変えよう!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

再就職や転職は、資格取得が大きなポイントとなることは事実です。未経験分野に飛び込むにしても、同じ業界での転職にしても、資格取得者はいい条件で採用してもらえます。定年を迎えたり結婚・出産で退職をしたりした人も、資格を持っていることは再就職を考えるときにそこで、今回は、再就職や転職に有利な資格を詳しくご紹介しましょう。

  1. 資格について
  2. 再就職に有利な資格とは
  3. 再就職に有利な資格の種類:技術系の資格
  4. 資格取得について基本を学ぼう
  5. 資格取得のための勉強法やおすすめの講座
  6. 再就職や転職に有利な資格取得に関するよくある質問

自分に自信を付けるためにも、資格取得は大きな意味を持ちます。自信があることは、再就職・転職活動をするときにも心強いことでしょう。記事には、再就職や転職に有利な資格に関する情報が満載です。記事を読んでしっかり準備をすることで、再就職や転職で成功することができますよ。


1.資格について

まずは、資格について基本的なことを学びます。資格と言っても、種類やジャンル・区分がさまざまです。また、必要性や目的についても確認しておきましょう。

1-1.資格とは

資格とは、特定のことを行うために必要な条件を満たしていることを言います。また、資格取得者とは、資格のある人のことです。作業を進めるために専門的な知識を必要としたり、危険物を安全に取り扱ったりする必要がある場合は、資格を要求することが多くなります。資格を取得することは、専門分野での活躍の幅を広げることになると考えましょう。

1-2.資格の種類を学ぼう

資格にも、さまざまな種類があります。ここでは、資格の種類について基本的なものを学ぶことにしましょう。

1-2-1.資格のジャンルについて

資格にも、さまざまなジャンルがあります。資格の主なジャンルに関しては、以下を参考にしてください。

  • 医療系の資格:医師・看護師・作業療法士など
  • 介護系の職種:介護福祉士・社会福祉士・ヘルパー認定資格など
  • 技術系の資格:電気主任技術者・陸上無線技士・冷凍機械責任者・ボイラー技士など
  • 事務・営業系の資格:簿記・ファイナンシャルプランナー・宅地建物取引主任者など
  • そのほかの資格:司法書士・行政書士・税理士など

まったくジャンルが異なる資格を取得しても、再就職に有利になるわけではありません。自分が再就職を目指す業界では、どんな資格が有利なのか調べてみましょう。

1-2-2.資格の区分について

たくさんの資格も、以下の3区分に分けることができます。

  • 国家資格:国が定める法律に基づいて必要な知識があると認めた資格
  • 公的資格:商工会議所などの公的な機関が行う検定試験により認めた資格
  • 民間資格:民間団体や個人が独自の基準に基づいて認めた資格

上記のうち、再就職や転職に最も有利になるのは国家資格で、次点として公的資格となります。民間資格に関しては、知名度が低いものになると参考程度となるので注意しましょう。

1-3.資格の必要性や目的を確認しよう

深い専門知識を身に付けていることは、職務を確実に、かつ、安全に進めるためにも大切です。科学関連・電気関連・ガス関連など、専門知識が無いと作業中の危険がおよぶことも多くあります。企業にとっても、資格取得者を雇用することで確実・安全に業務を進めることができるのです。