【注目】再就職や転職に有利な資格は?資格取得で人生を変えよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

再就職や転職は、資格取得が大きなポイントとなることは事実です。未経験分野に飛び込むにしても、同じ業界での転職にしても、資格取得者はいい条件で採用してもらえます。定年を迎えたり結婚・出産で退職をしたりした人も、資格を持っていることは再就職を考えるときにそこで、今回は、再就職や転職に有利な資格を詳しくご紹介しましょう。

  1. 資格について
  2. 再就職に有利な資格とは
  3. 再就職に有利な資格の種類:技術系の資格
  4. 資格取得について基本を学ぼう
  5. 資格取得のための勉強法やおすすめの講座
  6. 再就職や転職に有利な資格取得に関するよくある質問

自分に自信を付けるためにも、資格取得は大きな意味を持ちます。自信があることは、再就職・転職活動をするときにも心強いことでしょう。記事には、再就職や転職に有利な資格に関する情報が満載です。記事を読んでしっかり準備をすることで、再就職や転職で成功することができますよ。


1.資格について

まずは、資格について基本的なことを学びます。資格と言っても、種類やジャンル・区分がさまざまです。また、必要性や目的についても確認しておきましょう。

1-1.資格とは

資格とは、特定のことを行うために必要な条件を満たしていることを言います。また、資格取得者とは、資格のある人のことです。作業を進めるために専門的な知識を必要としたり、危険物を安全に取り扱ったりする必要がある場合は、資格を要求することが多くなります。資格を取得することは、専門分野での活躍の幅を広げることになると考えましょう。

1-2.資格の種類を学ぼう

資格にも、さまざまな種類があります。ここでは、資格の種類について基本的なものを学ぶことにしましょう。

1-2-1.資格のジャンルについて

資格にも、さまざまなジャンルがあります。資格の主なジャンルに関しては、以下を参考にしてください。

  • 医療系の資格:医師・看護師・作業療法士など
  • 介護系の職種:介護福祉士・社会福祉士・ヘルパー認定資格など
  • 技術系の資格:電気主任技術者・陸上無線技士・冷凍機械責任者・ボイラー技士など
  • 事務・営業系の資格:簿記・ファイナンシャルプランナー・宅地建物取引主任者など
  • そのほかの資格:司法書士・行政書士・税理士など

まったくジャンルが異なる資格を取得しても、再就職に有利になるわけではありません。自分が再就職を目指す業界では、どんな資格が有利なのか調べてみましょう。

1-2-2.資格の区分について

たくさんの資格も、以下の3区分に分けることができます。

  • 国家資格:国が定める法律に基づいて必要な知識があると認めた資格
  • 公的資格:商工会議所などの公的な機関が行う検定試験により認めた資格
  • 民間資格:民間団体や個人が独自の基準に基づいて認めた資格

上記のうち、再就職や転職に最も有利になるのは国家資格で、次点として公的資格となります。民間資格に関しては、知名度が低いものになると参考程度となるので注意しましょう。

1-3.資格の必要性や目的を確認しよう

深い専門知識を身に付けていることは、職務を確実に、かつ、安全に進めるためにも大切です。科学関連・電気関連・ガス関連など、専門知識が無いと作業中の危険がおよぶことも多くあります。企業にとっても、資格取得者を雇用することで確実・安全に業務を進めることができるのです。

2.再就職に有利な資格とは

資格の中にも、再就職に有利な資格が存在します。再就職に有利な資格には何があるのかなどを含めて詳しく学ぶことにしましょう。

2-1.再就職と資格について

ひとたび企業に就職しても、定年まで同じ会社で勤め上げる人は少なくなっています。つまり、再就職や転職を経験する人が多いと言えるでしょう。しかし、再就職をするためには、今までの職歴で積み上げてきたものだけで勝負できるとは限りません。特に、未経験分野の職種にチャレンジするときは経験不足がネックになることも多いです。しかし、未経験であっても資格を取得することで再就職の道を開くことができます。採用担当者が、資格取得者は再就職への意欲があると判断するからです。再就職希望者にとって、資格取得は大きなメリットであり、また、必要不可欠になっていると認識しましょう。

2-2.再就職に有利な資格の選び方・ポイント

再就職に有利な資格の選び方や、ポイントは以下を参考にしてください。

  • 求人数が多い職種に必要な資格かどうか
  • 未経験でも資格取得者の採用があるかどうか
  • 資格手当てが支給となる例が多いかどうか
  • 資格取得者の再就職率や転職率が高いかどうか

せっかくがんばって資格取得をしても、再就職に結び付かないのでは困ります。目的が再就職なのですから、再就職に有利な資格であることを確認することが大切ですよ。

2-3.再就職・転職に有利な資格の種類を解説

では、再就職や転職に有利な資格の種類について、それぞれ解説します。興味のある分野を中心に、じっくりご覧ください。

2-3-1.医療系の資格

医療系の資格取得者は、医師免許や看護師免許など再就職や転職に大変有利です。医療に必要な知識と技術は、常に需要があるため仕事に一生困らない資格と言えます。再就職率は、希望すればほぼ問題無くできると考えましょう。今は、よりよい条件を求めて転職を繰り返す人もいるぐらいです。医療関係に深い関心を持ち、医療の向上に役立ちたいと考えている人は資格取得を目指してください。ただし、医師や看護師になるためには大学などで専門教育を受けることが前提となりますので注意しましょう。

2-3-2.介護系の資格

介護系の資格は、高齢化社会のニーズに合っているため再就職にはとても有利に働きます。介護職は常に人手不足なため、介護系の資格取得者は職場を選びやすいのも事実です。再就職決定率は、ほぼ100%と言っても過言ではありません。介護系の資格には、介護福祉士やヘルパー認定資格などがあります。高齢者の日常生活の世話などが主な仕事内容となるため、明るくて体力に自信のある人に向いている資格と言えるでしょう。

2-3-3.建築系の資格

建築系の資格も、再就職に根強い人気があります。建物は新築するだけでなくメンテナンスや建て替えなどがあるため、仕事が無くなることが無い業界だからです。建築業界も求人が盛んにあるため、再就職には困ることが無いでしょう。なお、建築系の資格には、建築施工管理技士や建設機械施行技士などがあります。建築や現場管理に興味がある人は、取得を目指してみましょう。

2-3-4.技術系の資格

再就職に有利な資格として、最近注目が高まっているのが技術系の資格です。技術系の資格は、専門分野によって細かく分かれているのが特徴と言えます。そのため、専門資格を取得することは業界での再就職をしやすくするためにも必要だと考えましょう。技術系の資格には、電気主任技術者や陸上無線技士・冷凍機械責任者・ボイラー技士などがあります。自分が興味のある業界にマッチした資格を取得することで、再就職の可能性がますます高まるのでおすすめです。

2-3-5.事務・営業系の資格

営業系の職種に再就職を果たすためにも、さまざまな資格取得が有利となります。たとえば、不動産業界への再就職を目指すには宅地建物取引主任者がおすすめです。金融業界を目指すためには、ファイナンシャルプランナーの資格取得などを考えましょう。また、営業は数字を常に頭の中に入れて行動する必要があるため、簿記関連の資格も有利になります。営業系の求人は豊富にあるため、未経験者でも飛び込みやすいものです。営業系への再就職を考えている人で、専門分野を生かして働きたいと考える人はチャレンジしてください。

2-3-6.そのほかの資格

そのほかにも、資格はたくさん存在します。再就職を目的とした資格に関しては、即戦力として働くことができるかどうかがカギです。たとえば、消費生活アドバイザーの資格取得者は、スーパーやホームセンターなどの商業施設で働くことも、企業のコールセンターで働くことも可能となります。技術系の資格などと比べると求人が豊富というわけではありませんが、覚えておくといいでしょう。

2-4.再就職に有利な資格に関する注意点

世の中には、まったく再就職に有利にならない資格でも資格取得を斡旋(あっせん)してくる業者もいます。特に、民間資格の場合は注意してください。再就職や転職に有利なのは、国家資格や公的資格です。民間資格は知名度も低く、実質的に無価値のものも多くあります。再就職に有利な資格であるかどうかは、自分の目や耳を使って確かめてから決めましょう。

3.再就職に有利な資格の種類:技術系の資格

再就職には、技術系の資格が有利です。ここでは、なぜ技術系の資格が有利なのかだけでなく、実際に再就職に有利な資格の種類について解説しましょう。

3-1.技術系の資格を取得するメリット

技術系の資格は、再就職にとても有利になるのが最大のメリットです。技術系の資格が再就職に有利になる理由については、下記のようなことを挙げることができます。

  • 技術系の職種の人手不足が深刻であるため
  • 特定の分野に関する高度な専門知識を身に付けた証拠となるため
  • 即戦力とみなすことができるため

技術系の職種は、特に専門知識や実務経験が必要になることが多いです。しかし、人材不足は否定できない分野でもあります。実務が未経験であっても、技術系の資格取得者はやる気と実力を認めてもらいやすいのです。

3-2.再就職や転職に有利な資格の種類を紹介

再就職や転職に有利な資格の種類として、主なものは以下を参考にしてください。

  • 電気主任技術者:事業所の電気設備を保安・監督を行う資格
  • 陸上無線技士:無線設備の技術操作を行う資格
  • 冷凍機械責任者:冷凍にかかわる高圧ガス製造施設で保安業務を行う資格
  • ボイラー技士:ボイラー設備の取り扱いに必要な資格

上記の資格取得者に関して、採用を強化している企業も多いです。また、採用後も資格を生かした職場に配属になる可能性も高いと言えます。再就職を果たした後でも、すぐに職場で活躍できる環境が整っていることも上記の資格の特徴なのです。

3-3.難易度や就職有利度・人気ランキングを参考にしよう

技術系の資格にも、難易度や就職有利度に差はあります。再就職でほかの応募者に差を付けるためには、人気も難易度も高い資格を持っていると有利なことに違いはありません。今、どんな資格が人気かについては、資格の人気ランキングなどを参考にしてください。特に、人気ランキング上位の常連である電気主任技術者は需要の高い資格であるほか、多くの人がチャレンジをしているのも事実です。どの資格を取得するか迷った場合は、電気主任技術者の資格取得を検討してください。

3-4.技術系の資格取得を目指すときの注意点

技術系の資格取得を目指す場合は、主に以下の点に注意してください。

  • 資格取得後に再就職を見込むことができるものか
  • 試験の難易度が極端に高過ぎないか
  • 試験対策に向けて勉強をがんばることができそうか

再就職のための資格取得なのですから、技術系の資格といえども可能性が低いものでは仕方がありません。再就職を望むことができて、さらに、難易度が高過ぎないことも大切です。難易度が高過ぎて途中で挫折してしまっては、本末転倒になりますからね。

4.資格取得について基本を学ぼう

では、資格取得について基本を学ぶことにします。何らかの資格を目指すときは、資格取得の方法や受験情報を正確に掴(つか)むことが大切です。

4-1.資格取得の仕方について

資格取得をするためには、多くの場合で規定の試験を受ける必要があります。試験に合格することで、資格認定を受けることができるわけですね。中には、実務経験を積むだけで自動的に資格を受けることができるものもあります。しかし、基本的には資格試験に合格することで取得が可能であると考えてください。

4-1-1.受験資格や実務経験を確認しよう。

資格によっては、受験資格や実務経験の指定があることがあります。たとえば、学歴や職歴の指定があったり実務経験が3年以上必要だったりする場合ですね。資格を取得したくても、受験資格や実務経験が無い場合は受験することもできません。受験を決める前に、自分が受験資格や実務経験の要求を満たしているか必ず確認してください。

4-1-2.試験概要を確認しよう

資格試験の概要を確認して、正しく把握することも大切です。試験概要を確認するときは、以下のポイントをチェックしてください。

  • 申込方法:直接申し込み・郵送申し込み・インターネットでの申し込みのいずれか
  • 試験日:年1回だけの場合から毎月実施しているものまでさまざま
  • 試験地:主要都市だけの場合から全国の都道府県で実施しているものまでさまざま
  • 受験料:多くの場合で数千円程度から
  • そのほかの注意点:受験申請書のフォーマットや申込期日にも注意すること

試験を受ける前は、試験概要をしっかりチェックして不明な点をクリアしておきましょう。たとえば、資格試験を受けようと思っても、家の近くで実施していないこともあります。受験のための宿泊を考える必要があるなど、試験概要を確認してからわかる情報もあるので注意しましょう。

4-2.受験者数や合格数もチェックしよう

人気の高い資格は、受験者数も多くなります。また、受験者数が多いことで試験地も多くなる傾向があるものです。しかし、受験者数が多くても難易度の高い試験になると合格数は低くなります。人気が高くて合格率が低い資格は、再就職や転職に有利になることを覚えておきましょう。合格への道は険しくても、チャレンジしてみる価値はありますよ。

4-3.試験科目や内容も見逃さないこと

試験科目や内容も、見逃さないことが大切です。当然ながら、資格ごとに試験科目も内容も異なります。また、同じ種類に資格でも上級の試験は難易度が高くなるため試験対策が大変です。確かに、難易度が高いことを理由に最初からあきらめるのは感心しません。しかし、自分にとってハードルが高過ぎない内容であることも重要なことです。現実的に資格取得が可能かどうか判断するためにも、試験科目や内容もしっかりチェックしておきましょう。

5.資格取得のための勉強法やおすすめの講座

資格取得を確実にするためには、効率のよい勉強と優れた教材・講座を利用することがカギとなります。ここでは、おすすめの勉強法や教材・講座についてご紹介しましょう。

5-1.資格取得のためのおすすめの勉強法

資格取得のためには、試験勉強が必要不可欠です。しかし、とにかく勉強すれば合格できるわけではありません。試験勉強は、量より質が問題となります。資格試験には、必ず傾向があるものです。また、質問形式に慣れておくことで正答率を上げることできます。合格に向けて効率よく勉強しましょう。特に、試験対策に特化した教材を利用することをおすすめします。

5-2.資格取得に効果の高いテキストや講座

資格取得のための勉強には、合格することに特化したテキストや参考書・講座などを利用しましょう。ここでは、特に評判の高いものをご紹介しますので参考にしてください。

5-2-1.試験の過去問題集を利用する

試験の過去問題集を何度も解くことは、合格の近道となります。過去数年分の過去問題集を入手して、試験時間内に解く練習を繰り返しましょう。最終的に、時間内でパーフェクトな回答ができるようにしてください。また、実際の試験形式に慣れることができるのも、過去問題集を解くメリットと言えます。試験の過去問題集に関しては、試験を実施する団体のホームページなどから入手できるほか、市販の参考書や講座の中でも対応しているものもあるので活用しましょう。

5-2-2.市販の参考書・試験対策本

試験対策には、市販の参考書や試験対策本を利用する方法もあります。市販の参考書は、電車の中でも気軽に勉強しやすい点がメリットです。ただし、市販の参考書もたくさんあってどれを選べばいいのかわかりにくいのも事実でしょう。どれを選ぶべきか迷う場合は、インターネットなどの評価を基準に選んでください。評価の高い参考書で勉強することは、合格率を高めてくれますよ。

5-2-3.通信講座の資格試験対策を利用する

市販の参考書よりもおすすめのが、通信講座の資格試験対策を利用することです。市販の参考書や試験対策本でも、必要な勉強はできます。しかし、通信講座の場合は、さらに深い知識を身に付けることができたり、DVDなどを通じて視覚からの記憶にアプローチできたりするなどのメリットが多いのです。評判の高い資格試験講座に関しては、以下のサイトで多数取り扱っているので参考にしてください。再就職や転職に有利な技術系の資格取得には、特におすすめですよ。

SAT:https://www.sat-co.info

6.再就職や転職に有利な資格取得に関するよくある質問

再就職や転職に資格取得が有利であることは、理解していただけたはずです。ここでは、資格取得に関してよくある質問に回答するので参考にしてください。

6-1.資格取得に年齢制限はあるのでしょうか?

資格取得には、18歳以上などの年齢制限があることがあります。しかし、再就職や転職を考えるということは、皆さんはすでに20歳以上であることが多いはずです。多くの資格試験に関しては受験のときの年齢の上限には設定がありませんから安心してください、ただし、年齢制限が無くても所定の学歴や実務経験が必要になることもあります。年齢制限のほかにも、自分に受験資格があるか確認しておきましょう。

6-2.高齢者の再就職に有利な資格でおすすめのものは?

高齢者の再就職では、ボイラー技士やビル管理士の資格取得が有利になります。ビル管理業界では、比較的高齢でも再就職や転職で成功した人が多いです。高齢者で再就職を有利に進めたい場合は、ボイラー技士やビル管理士の資格を取っておきましょう。なお、試験勉強は無理をしないでマイペースで行ってください。

6-3.女性の再就職や転職にも技術系の資格取得は有利ですか?

最近は、女性であっても積極的に技術系の職種を選ぶ人が増えています。また、企業でも女性であることを理由に再就職や転職を拒否することはしません。それに、事務系職種以外での転職には、技術系の資格取得がおすすめです。女性も技術系の資格取得者が再就職や転職に有利であることは変わりません。ほかの人と差別化を図るためにも、ぜひ技術系の資格取得を目指しましょう。

6-4.転職活動と同時に資格取得の準備をすすめるためのコツは?

転職活動と同時に資格取得の準備をすることは、想像以上にハードです。まずは、健康管理に気を付けましょう。転職活動と資格取得の準備を両立するためには、健康な体があってこそだからです。忙しい中、限られた時間を有効に使うには、すきま時間を利用するといいでしょう。たとえば、電車に乗っているときや起床後の10分から20分程度を勉強時間にするのです。両立をするためには、無理をしてはいけません。転職も資格取得も両方成功したいなら、無理をしないで着実に積み上げていきましょう。

6-5.資格試験当日の心構えと注意点は何かありますか?

資格試験当日は、遅刻に注意してください。特に、試験地周辺の土地勘が無い場合は注意しましょう。試験当日までに最寄り駅から徒歩や公共交通機関を使ってどの程度の時間が掛かるのか、シミュレーションしてみることをおすすめします。また、試験前日は勉強に精を出すよりもぐっすり寝ることを優先してください。体調を万全にして試験に臨むことが、合格を確実にしますよ。

まとめ

人手不足が話題になっていても、誰もが希望の仕事を手に入れることができるわけではありません。再就職や転職を有利に進めるためには、自分にとって何ができるか・得意なのかをしっかり自己分析して企業にアピールすることが大切です。資格取得は、即戦力としての評価が高まるだけでなく、仕事の幅を広げるためにも有効な手段と言えます。今回ご紹介した資格を中心に、ぜひ取得を目指してください。企業から引く手あまたの人材になるためにも、資格取得に向けてがんばりましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加