冷媒ガスの性質や種類とは?こんなものも使われています。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

エアコンや冷蔵庫など、「ものや空気を冷やす」器具には「冷媒ガス」が使われています。今回は、その冷媒ガスの性質や種類をご紹介しましょう。冷媒ガスはかつてフロンガスが主に使われていました。しかし、オゾン層を破壊することが分かり、現在では別のガスが使われています。エアコンや冷蔵庫など器具が違えば、ガスも違うのでしょうか? また、それぞれのガスの特徴などもご紹介します。第三種冷凍機械責任者の資格取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 冷媒ガスの性質や役割は?
  2. 冷媒番号って何?
  3. 冷媒ガスの種類は?
  4. 冷媒ガスを取り扱うことのできる資格は?
  5. 冷媒フロン類取扱技術者の資格取得方法
  6. よくある質問
  7. おわりに

1.冷媒ガスの性質や役割は?

エアコンや冷凍庫、冷蔵庫などは構造や役割は違っても「ものを冷やす」「ものを凍らせる」という仕組みは同じです。ものを冷やす方法は、大きく分けてふたつあります。

ひとつは、水をかける方法。水は外気温よりも大抵温度が低いので流水をかけ続けることによって、物質や空気を冷やします。業務用エアコンとして大型ビルや商業施設などに使われている冷水式エアコンは、水の力で空気を冷やしているのです。

もうひとつが、蒸発しやすい液体を圧縮ガスにして、蒸発する際の気化熱を利用する方法。これが、冷媒式エアコンや冷蔵庫、冷凍庫の仕組みです。冷媒ガスを調整弁で圧力を下げて冷却管に流し込むことで、冷媒ガスは低温で蒸発し、その際に周囲の熱を奪うことで空気やものを冷やしたり凍らせたりします。

ちなみに、冷媒ガスを利用した方が水を利用したエアコンよりも、室外機が小さくて済むというメリットがあるのです。ですから、家庭用のエアコンはほぼ冷媒ガス方式になります。その反面、冷却管が故障してガスがもれると、すぐに冷房や冷蔵が効かなくなるというデメリットもあるのです。