冷凍機器・冷凍設備の資格「冷凍機械責任者」になるための秘訣とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「キャリアアップに役立てたい」「就職・転職に有利だと言われたから」など、冷凍機械責任者の資格取得を考えている方は多いでしょう。冷凍機械責任者は試験の種類によって難易度が異なります。「簡単に合格できるだろう」と甘く考えていれば、不合格となって受験費用や時間が無駄になってしまうでしょう。そこで、これから冷凍機械・冷凍設備とは何なのか、冷凍機械に関連する資格について説明します。

  1. 冷凍機械・冷凍設備とは
  2. 冷凍機械責任者とは
  3. 冷凍機械責任者の職場、求人について
  4. 冷凍機械責任者の種類について
  5. 冷凍機械責任者と冷凍機械保安責任者について
  6. 冷凍機械責任者の試験について
  7. 冷凍機械責任者の講習について
  8. 冷凍機械責任者の資格取得勉強法とは
  9. 冷凍機械に関してよくある質問

この記事を読むことで、冷凍機械責任者の資格取得に必要な知識を身につけることができます。そして、万全の試験対策ができるでしょう。


1.冷凍機械・冷凍設備とは

冷凍機械責任者として働くには、冷凍機械・冷凍設備について知ることが大切です。これから、定義や種類・目的・関連する法律について説明します。

1-1.冷凍機械・冷凍設備の定義

冷凍機械・冷凍設備は対象物を冷凍するための装置です。食べものを凍らせるために使用しますが、空調でも使用されます。空調で使用する冷凍設備は、空気や水の温度を下げる仕組みです。気温が高くなる夏場は冷凍設備が役立ちます。

1-2.冷凍機械・冷凍設備の種類

冷凍機械・冷凍設備の種類は主に「蒸気圧縮冷凍機」「蒸気噴射冷凍機」「吸収冷凍機」「電子冷凍装置」「磁気冷凍機」の5種類があります。最も広く使用されているのは「蒸気圧縮冷凍機」です。

  • 蒸気圧縮冷凍機…アンモニアや二酸化炭素などを冷媒にして気化熱を発生させ熱を奪い取る冷凍機。コストパフォーマンスに優れている。
  • 蒸気噴射冷凍機…冷媒に水を使用してエゼクターとディフューザーで圧縮する冷凍機。
  • 吸収冷凍機…冷媒には吸収力が高い液体を使用する。フロン類を使用せず、消費電力が少ない。
  • 電子冷凍装置…金属の接触点に電流を流して熱を発生・吸収させる冷凍機。
  • 磁気冷凍機…磁場の変化を活用した冷凍機。冷凍効率が高く、地球温暖化防止に貢献することで注目を浴びている。

1-3.冷凍機械・冷凍設備の目的

家庭で身近な冷凍機械と言えば「冷蔵庫」です。冷蔵庫は食べものを保存するために必要不可欠な家電になります。品質管理・保持・動植物の生育環境を維持することが冷凍機器・冷凍設備の目的と言えるでしょう。

1-4.設備管理に関連する法律

冷凍機械・冷凍設備に関連する法律は「冷凍保安規則」です。冷凍保安規則は高圧ガス取締法に基づいています。主に、高圧ガスの製造に関する項目や冷凍機械の保安検査・定期自主検査などが記載されている法律です。

冷凍保安規則:http://u0u0.net/y1dd