【注目】冷凍機械責任者の転職・就職は? 資格取得のコツも伝授!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

今、冷凍機械責任者への関心が高まっています。冷凍機械責任者は、国家資格のひとつで就職や転職に有利に働くため、資格取得を目指す人が増えている現状を知っておきましょう。大企業といえども、いつ倒産するかわからない時代ですから、手に職を付ける意味でも冷凍機械責任者はおすすめの資格と言えます。そこで、今回は、冷凍機械責任者の詳細や資格取得に必要な知識をあらゆる点から解説しましょう。特に、資格取得を現実に考えている人には、必見の内容ですよ。

  1. 冷凍機械責任者とは
  2. 冷凍機械責任者の種類について
  3. 冷凍機械責任者の転職や就職は?
  4. 冷凍機械責任者の試験を解説
  5. 冷凍機械責任者の講習について
  6. 冷凍機械責任者の資格取得に向けた勉強法
  7. 冷凍機械責任者に関するよくある質問

冷凍機械責任者に関することは、記事を読むことで理解することが可能です。職務内容や就職状況などを学ぶことで、資格取得の意味を実感できることでしょう。資格試験に確実に合格するためにも必ず役に立つ内容になっていますから、最後までじっくり読んでみてください。


1.冷凍機械責任者とは

冷凍機械責任者の資格概要や、準拠する法律・職務について理解しましょう。資格取得に向けて基本となる部分ですから、しっかり学んでください。

1-1.冷凍機械責任者の資格概要

冷凍機械責任者とは、冷凍にかかわる高圧ガスを使用する施設で保安管理を行うための国家資格です。冷凍機械責任者には、第一種から第三種の3種類があり、第一種が最上位の資格になります。資格取得のためには、年1回実施する国家試験に合格することが条件です。ただし、規定の講習を修了することで試験科目の一部免除を受けることができます。冷凍機械責任者は、冷凍のための高圧ガスを扱う専門職として高い需要があることが特徴です。

1-2.準拠する法律について

冷凍機械責任者は、高圧ガス保安法に準拠している資格です。高圧ガス保安法では、冷凍機械責任者を高圧ガス製造保安責任者のひとつとして認識しています。また、高圧ガス保安法は高圧ガスによる事故を防ぐために、高圧ガスにかかわるあらゆることを規制・指導している法律です。冷凍機械責任者は、高圧ガス保安法の目的を実行するために存在する資格であると考えましょう。

1-3.冷凍機械責任者の職務

冷凍機械責任者の職務は、主に以下のとおりです。

  • 高圧ガスを安全に使用するための保安業務
  • 高圧ガスを安全に使用するための指導
  • 高圧ガスを使用する設備における定期点検の実施
  • 災害発生の防止・予防活動

冷凍機械責任者の職務は、冷凍にかかわる高圧ガスの使用を安全に行うための管理が軸となります。何よりも安全第一に業務を進めることが目的となるため、災害防止に関しても常に目を配っているのです。