【完全理解】冷凍保安責任者とは?冷凍保安責任者に必要な知識!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

今、冷凍技術に関する専門知識を持った人材の需要が高まっています。冷凍技術の進歩は、目覚ましいものがあると言えるでしょう。今回は、業界の中でも需要の高い冷凍保安責任者について解説することにします。

  1. 冷凍保安責任者とは何か基本を学ぼう
  2. 冷凍保安責任者の職場や求人はどうなっている?
  3. 冷凍保安責任者と冷凍機械責任者について
  4. 冷凍保安責任者の資格について解説!
  5. 冷凍機械責任者の資格取得講習や法定義務講習について解説!
  6. 冷凍機械責任者の資格取得のための勉強法
  7. 冷凍保安責任者に関するよくある質問

冷凍保安責任者について知りたい人や冷凍保安責任者になりたい人は、記事を読んで正しい知識を学んでください。


1.冷凍保安責任者とは何か基本を学ぼう

まずは、冷凍保安責任者とは何かという基本から学ぶことにします。資格試験合格のためにも、基本をしっかり固めておきましょう。

1-1.冷凍保安責任者に関する高圧ガス保安法に基づく定義

冷凍保安責任者とは、高圧ガス製造保安責任者の資格区分のひとつです。冷凍保安責任者の選任も、高圧ガス保安法によって規定していることを覚えておいてください。高圧ガス保安法では、冷凍保安責任者に対して第32条6項で「冷凍保安責任者は、高圧ガスの製造に係る保安に関する業務を管理する」と規定しています。高圧ガスは扱いを間違えると大災害につながる性質を持っているため、常に保安を意識することが大切と覚えておきましょう。冷凍保安責任者には、重要な任務があるのです。

1-2.高圧ガス保安法とはどんな法律か

高圧ガス保安法とは、高圧ガスを使用する業務を適正かつ安全に行うための法律です。また、高圧ガスの間違った使用による災害を防ぐことも大きな目的と言えるでしょう。さらに、高圧ガス保安法があることによって高圧ガスを業務で使用することへの自主的な保安活動を推進する意味もあります。高圧ガス保安法の意味合いをよく理解することも、冷凍保安責任者には大切なことと認識してください。

1-3.冷凍保安責任者の選任について学ぼう

冷凍保安責任者は、高圧ガス保安法によって一定規模以上の冷凍設備を有する事業所に選任義務があります。大きな設備を持つ現場では、災害発生の規模も大きくリスクが高まることに気付いてください。冷凍保安責任者は、冷凍機械責任者の資格取得者の中から選任を受けます。保安部分を特に強化して、多くの労働者を適切に指導・管理したり設備の保全を行ったり安全に業務を進めたりするために、選任が必要になることを理解しましょう。

1-4.冷凍保安責任者の職務を理解しよう

冷凍保安責任者の職務は、主に以下のようなものを挙げることができます。

  • 高圧ガスを安全に使用するための保安業務
  • 高圧ガスを安全に使用するための指揮・指導業務
  • 高圧ガス使用設備の定期点検と記録の保持
  • 災害発生の防止と発生したときの記録・反省・改善策の提案と実行
  • 冷凍機械責任者のまとめ役としての業務

冷凍保安責任者は、業務内容で危険を伴うことが無いように保安・改善することが職務となります。