冷凍機械責任者は委託できるの? 業務内容や資格取得について

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

冷凍機械にかかわる高圧ガスを製造する施設には、保安業務をおこなう冷凍機械責任者が必要です。しかし、事業所内に有資格者がいないケースもあるでしょう。そんなときは、冷凍機械責任者を外部の有資格者に委託できるのか、それともほかに方法があるのか、困ってしまうものです。そこで、本記事では、冷凍機械責任者の基礎知識や必要性、委託・試験内容・勉強法などについて詳しく説明します。

  1. 冷凍機械責任者の基礎知識
  2. 冷凍機械責任者の必要性と委託について
  3. 冷凍機械責任者の試験について
  4. 冷凍機械責任者の講習について
  5. 冷凍機械責任者の資格取得の勉強法とは
  6. 冷凍機械責任者に関してよくある質問

この記事を読むことで、冷凍機械責任者の委託や資格取得のために必要な情報を知ることができます。冷凍機械責任者について知りたい方は、ぜひチェックしてください。


1.冷凍機械責任者の基礎知識

外部業者への委託について知る前に、冷凍機械責任者の基礎知識を把握することが大切です。資格概要や準拠する法律などについて詳しく見ていきましょう。

1-1.資格概要

冷凍機械責任者は高圧ガス製造保安責任者の資格のひとつです。工場や商業施設内にある冷蔵倉庫は高圧ガスを利用しています。そのため、高圧ガスを扱う専門知識が必要です。冷凍機械責任者は高圧ガスの基礎知識を習得している証明になります。

1-2.準拠する法律

冷凍機械責任者は高圧ガス保安法に準拠した国家資格の一区分のことを指します。高圧ガス保安法とは、高圧ガスの製造・販売・移動・輸入・貯蔵・消費・廃棄内容などが定められている法律です。高圧ガスによる災害防止や公共安全の確保を目的としています。

1-3.職務

冷凍機械責任者は冷凍にかかわる高圧ガスを製造する施設で、保安業務をおこなう資格です。高圧ガスを安全に使うための保安業務を軸として、指揮・指導業務、高圧ガス使用設備の定期点検、災害発生の防止や発生したときの改善策を立てることも大切な仕事になります。高圧ガスの設備に関係する仕事全般を担う資格です。

1-4.分類

冷凍機械責任者には第一種・第二種・第三種があります。種類によって職務の範囲が異なるため、事前にチェックしておきましょう。

  • 第一種:すべての製造施設における保安業務
  • 第二種:1日の冷凍能力が300トン以内の製造施設における保安業務
  • 第三種:1日の冷凍能力が100トン以内の製造施設における保安業務