知っているようで、実は知らない。冷凍機の種類と特徴(基礎編)

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

冷凍機がものを冷やす機械なのは、誰でも想像できます。しかし、冷凍機の種類や特徴となると、普通の人にはさっぱり。目にする機会もほとんどないので、わからないのは当然です。暮らしを支える冷凍機のことを、少し学んでみませんか?冷凍機械責任者をめざす方も、知っておかなければならない基礎編です。

  1. 冷凍機の役割と原理
  2. 冷凍機の種類と特徴
  3. 冷凍機械責任者

1.冷凍機の役割と原理

冷凍機は、文字どおり冷凍するための機械です。空調で使うときには、空気や水の温度を下げる役割を果たします。
夏の暑い日、打ち水した水が蒸発するとき、周囲のものから熱を奪うことはご存じでしょう。気化熱といいます。冷凍機の原理は、打ち水の作用と基本的には同じです。水の役割を果たすのが冷媒で、熱の運搬役をしています。
冷媒は、大別すると自然冷媒とフロン類の2つ。自然冷媒は、名前のように自然界にある物質を冷媒とするものです。環境にやさしい冷媒といえます。

  • アンモニア:比較的、広い温度域で使用されます。空調・加熱・冷却など、広い用途に使えますが、毒性や可燃性があるのが難点です。
  • 二酸化炭素:高い温度が取り出せる冷媒です。給湯・加熱・エアコン乾燥など、ヒートポンプの冷媒としても使われます。
  • 水:吸収式と呼ばれる冷凍機の冷媒として使われています。

一方、フロン類には、特定フロン、指定フロン、代替えフロンがあります。

12