【必読】危険予知活動(KY活動)の基礎知識~方法・効果について~

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

職場や作業現場には危険がひそんでいます。いつも働いている場所であっても、そのときの状況や機械の調子によって思わぬ事故も起きるものです。職場・作業現場にひそんでいる危険を把握し、未然に防ぐための活動が危険予知活動(KY活動)になります。危険予知活動を正しくおこなうためには、その基礎知識をきちんと把握しておかなければなりません。そこで、本記事では、危険予知活動の基礎知識や方法・効果について詳しく説明します。

  1. 危険予知活動の基礎知識
  2. 危険予知活動の方法
  3. 危険予知活動の効果について
  4. 危険予知活動に関してよくある質問
  5. まとめ

この記事を読むことで、危険予知活動を正しくおこなうために必要な情報と知識を得ることができます。気になっている方はぜひチェックしてください。


1.危険予知活動の基礎知識

従業員の安全・安心を確保するためには、その場で働く人すべてが正しい知識と的確な行動を身につけておかなければなりません。安全衛生の確保に関する危険予知活動とは一体どのような内容なのでしょうか。詳しく説明しましょう。

1-1.危険予知活動とは?

危険予知活動はKY活動・KYKともいい、職場や作業現場で起こりうる災害を未然に防止するための活動です。まず、作業開始前に起こりうる災害を想定します。どうすれば災害を未然に防ぐのか、ベストな対策を立てるための想像をふくらませるのです。実務経験がある人ほど、豊富な経験で想像力を働かせることができるでしょう。そして、災害が起きないための防止対策を立てていきます。この一連の流れが危険予知活動なのです。

1-1-1.概要

職場や作業現場で起こる災害は、ほとんどがヒューマンエラーがもととなっています。たとえば、確認ミスや職場仲間とのコミュニケーション不足などです。ヒューマンエラーをなくすためには、機械設備などに対する対策はもちろん、安全衛生についての知識・技能教育を管理していかなければなりません。危険予知活動は危険に対する感受性を鋭くさせ、集中力を高める活動も含まれています。現場で働いている人全員が危険因子を把握し共有することで、ヒューマンエラーが防止できるのです。

1-1-2.歴史

安全衛生の基本である危険予知活動の始まりは1973年といわれています。1973年、中央労働災害防止協会の欧米安全衛生視察団に参加していた住友金属工業の和歌山製鉄所労務部著が、ベルギーのソルベイ社を訪れました。その際に交通安全教育用のシートに目がとまったのです。危険を危険と認識し、各自が安全行動に努めることで事故防止につながることが有効だと考えた結果、住友金属工業内でプロジェクトチームが結成されました。結成後、危険予知活動や後ほど説明する危険予知訓練が体系化され、現在も引き継がれています。

1-2.危険予知活動の対象

危険予知活動の対象は危険がひそんでいる場所です。主に、建築・工事現場や工場などが当てはまりますが、危険は多くの職場にひそんでいます。大切なのは、働いている場所で起きる災害とは何なのか考えることです。「危険ではない」と思っていても人為的なミスで災害が起こる可能性もあります。危険対象ではないからと決めつけるのではなく、従業員で考え、話し合いましょう。

1-3.危険予知活動の目的

危険予知活動の主な目的は危険に対する労働者の意識を高め、起こりうる災害を未然に防ぐことです。あらかじめ、起こる災害を想定しておけば適切な対策を立て、危険箇所を減らすことができます。また、労働者同士で危険について話し合いをおこない、実際に防止につながる活動をすることでチームワークが生まれるのです。より良い職場環境をつくる役割も担っています。

1-4.危険予知訓練との違い

多くの企業や建設現場が危険予知活動と同時に危険予知訓練(KYT)をおこなっています。危険予知訓練とは、作業に関する危険箇所や危険行動の原因を視覚的に見つけて対策を立てることです。そして、危険予知活動がスムーズにできるように事前に訓練します。つまり、危険予知活動の前におこなう取り組みですね。また、危険予知訓練は実際に起きた事故事例を踏まえながら訓練をおこないます。

12