安全管理者とはどのような役割? 仕事内容や取得方法を解説します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

安全管理者とは、職場で労働災害が起こらないように安全管理を行う人のことです。常時50名以上の従業員がいる職場で、工場や発電所・ガス製造工場など労働災害の発生率が高い職場では、選任が義務づけられています。また、安全管理者としての実務経験を積めば、労働安全コンサルタントの受験資格を得ることが可能です。

今回は、安全管理者や労働安全コンサルタントの仕事内容や取得の仕方をご紹介します。