空調工事の仕事に就きたい方必見! 取得しておくと有利な資格は何?

空調工事とは、業務用エアコンの取り付けや増設・メンテナンス・入れ替え・撤去などの工事の総称です。オフィスビルや大型商業施設などでは大きな空調機器を1か所に取りつけ、ダクトやファンを使って空気を循環させることで建物全体の温度・湿度を管理するところもあります。そのため、大規模な工事になることも多いでしょう。

今回は、空調工事の内容や、工事を行うのに必要な資格について解説します。

  1. 空調・空調工事に関する基礎知識
  2. 空調工事に関係する資格とは?
  3. 管工事施工管理技士の資格を取得する方法
  4. 管工事施工管理技士の受験勉強方法
  5. 空調工事に対するよくある質問

この記事を読めば、資格を取得する方法なども分かることでしょう。管工事施工管理技士の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ビル マネジメントとはどのような仕事? 就くために資格は必要?

ビルマネジメント業務とは、ビルや商業施設のオーナーや所有会社の代役として、建物の営業・経理・対外交渉などを行い、利益を確保する仕事のことです。ビルメン(ビルメンテナンス業務)と混同されがちですが、ビルメンの仕事を統括するのがビルマネジメント業になります。ビルメンからビルマネジメント業界へ転職することができれば、昇給を望むこともできるでしょう。

そこで、今回はビルマネジメント業の仕事内容や、仕事に就くために必要な資格を紹介します。

  1. ビルマネジメント業務の基礎知識
  2. ビルマネジメント業務に必要な資格は?
  3. 建築物環境衛生管理技術者について
  4. ビルマネジメント業務に対するよくある質問

この記事を読めば、ビルマネジメント業についての知識はバッチリです。建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてください。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

2級建設機械施工技士の実地試験とはどのような内容? 合格率は?

建設機械施工技士とは施工管理技士の一種であり、ブルドーザーやショベルカーなどの建設機械を用いた工事で、指導・監督的な業務を行うことができる資格です。資格を取得すれば、建設機械に関する高い技術と豊富な知識を持っていることの証明にもなります。数ある施工管理技士の中でも最も歴史が長いものであり、毎年多くの方が取得にチャレンジする資格です。
そこで、今回は、2級建設機械施工技士の実地試験の内容や特徴についてご紹介しましょう。

  1. 建設機械施工技士とはどのような資格?
  2. 2級建設機械施工技士の試験について
  3. 2級建設機械施工技士の試験に合格するコツ
  4. 2級建設機械施工技士試験に対するよくある質問

この記事を読めば、学科試験の内容や試験勉強のコツもよく分かりますよ。建設機械施工技士の資格取得を考えている方は、ぜひ読んでみてくださいね。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

土木施工管理技士の試験に挑戦したい方必見! 参考書や問題集の選び方

土木施工管理技士とは、土木工事を行う際に施工管理や安全管理・技術的な監督業務などを行うことができる資格です。土木工事の大半は大規模な工事であり、たくさんの技術者が施工に関わります。土木施工管理技士は、技術者たちをまとめて、工事を計画通りかつ安全に進めて行くことが、最大の職務です。有資格者は、どのような工事現場にも選任が必要な「主任技術者」や「監理技術者」になることができます。資格取得を目指して勉強に励んでいる方も多いことでしょう。

そこで、今回は土木施工管理技士試験の参考書や問題集について、解説しましょう。

  1. 土木工事施工管理技士とはどのような資格?
  2. 土木施工管理技士の種類や資格取得の方法
  3. 土木施工管理技士試験の勉強について
  4. 土木施工管理技士の試験対策に関するよくある質問

この記事を読めば、参考書や問題集の選び方から活用方法まで分かりますよ。施工管理技士の取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

火災報知器の設置基準とはどんなもの? 建物すべてに設置義務はある?

火災報知器とは、煙や熱を感知して火事であることを知らせる装置の総称です。オフィスビルや大型商業施設、病院や学校などに設置義務があります。平成18年(2006年)から、一般住宅にもよく似た機能を持つ火災警報装置の設置が義務づけられました。そのため、2006年以降に新築された建物にはすべて火災報知器か火災警報器が設置されています。

今回は火災報知器の設置基準や設置義務について解説しましょう。

  1. 火災報知器に関する基礎知識
  2. 火災報知器の設置基準について
  3. 火災報知器を設置する際の注意点
  4. 火災報知器を設置・点検が行える資格について
  5. 火災報知器に対するよくある質問

この記事を読めば、火災報知器の種類や不特定多数が利用する施設で、火災報知器の設置や点検ができる資格などについても分かりますよ。消防設備士の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ガス主任技術者試験を受験する方必見! テキストや問題集の一押しは?

ガス主任技術者とは、一般家庭で使われるガスを供給元から各家庭まで運ぶガス工作物の工事や維持・保安監督業務を行うことができる資格です。ガス工事を行う仕事に就く場合は取得しておく必要があり、就職や転職にも有利でしょう。資格試験の受験資格は定められていませんので、誰でも受験することができます。

今回は、ガス主任技術者の試験勉強におすすめのテキストや問題集をご紹介しましょう。

  1. ガス主任技術者とはどのような資格?
  2. ガス主任技術者の試験内容と対策について
  3. 通信教材を利用する方法
  4. ガス主任技術者に対するよくある質問

この記事を読めば、試験対策もよく分かりますよ。ガス主任技術者の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

配管工は独立できるのか? 独立するために必要な知識と資格について

建築業における業種の1つに「配管工」と呼ばれる仕事があります。配管工は、水道管・ガス管などの管を取りつける業種のことです。管を取り扱う給排水・ガス・空調設備などでは必要不可欠な仕事といえるでしょう。また、配管工事だけでなく、メンテナンスや修理も担当します。配管工事を専門とするため、知識や技術を身につけておかなければなりません。経験を積み重ねて、独立する方も増えているのです。そこで、本記事では、配管工の基礎知識や独立の流れ・必要な資格概要などについて詳しく説明します。

  1. 配管工の基礎知識
  2. 配管工と独立について
  3. 配管工の独立までの流れ
  4. 配管工の資格について
  5. 配管工の資格試験について
  6. 配管工試験の学習方法・ポイントについて
  7. 配管工に関してよくある質問

この記事を読むことで、配管工の独立を目指すために必要な知識を身につけ、資格取得のポイントを知ることができます。取得を考えている方はぜひチェックしてください。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

安全衛生教育とはどのような教育? 内容や職務行う担当者は?

安全衛生教育とは、労働災害を防止するために労働者に行う教育のことです。労働安全衛生法では、一定の有害業務に労働者を就かせる場合は、資格取得や特別な教育を実施するように義務づけています。しかし、有害業務に就かない労働者であっても安全衛生教育は必要です。

そこで、今回は安全衛生教育の重要性やその内容について解説します。

  1. 職場で安全衛生教育が必要とされる理由
  2. 安全衛生教育の種類について
  3. 安全衛生教育を行う職務は?
  4. 安全衛生教育に対するよくある質問

この記事を読めば、どのような安全衛生教育を行えばよいのか、そのヒントもつかめることでしょう。職場の安全管理や衛生管理の仕事をしている方も、ぜひ読んでみてくださいね。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

無線従事者の資格を取得する方法とは? 国家試験受験は必須?

無線従事者とは、電波法に定められた無線設備の操作や監督を行うことができる資格です。飛行機や船と通信をする通信士が有名ですが、その他にも携帯電話の基地局やテレビ局・ラジオ局で設備の操作を行うのも、無線従事者の資格が必要になります。有資格者を必要としている職場は皆様が思っているよりも多く、取得すれば転職や就職にも役立つことでしょう。

そこで、今回は無線従事者の国家試験などについて解説します。

  1. 無線従事者の基礎知識
  2. 無線従事者の資格を取得する方法
  3. 試験勉強のコツ
  4. 無線従事者に対するよくある質問

この記事を読めば、無線従事者の求人や資格を取得するメリットなども分かることでしょう。無線従事者の資格に興味がある方や資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

公害防止管理者にはどのような種類があるの? 大気や水質の他には?

公害防止管理者とは、公害を発生させる可能性のある工場や施設などに常駐し、大気・水・振動・騒音などの検査を行える資格です。公害は一度発生してしまうと収束までに長い時間がかかるうえ、被害も甚大になります。そのため、公害を発生させる可能性がある施設では、公害防止管理者の選任を義務づけているのです。

今回は、この公害防止管理者の種類について解説します。

  1. 公害防止管理者の役割や必要性
  2. 公害防止管理者の種類
  3. 公害防止管理者になるための方法
  4. 公害防止管理者に関するよくある質問

この記事を読めば、公害防止管理者の資格を取得する方法も分かることでしょう。公害防止管理者の資格取得を目指す方も、ぜひ読んでみてくださいね。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア