ビル管理法における水質検査とは? ~安全な飲料水を提供するために~

大勢の人が行き交うビルや大型商業施設などは、ビル管理法に基づいて衛生管理が義務づけられています。衛生管理の中に含まれているのが水質検査です。飲み水や給水室などで使う水は常に清潔でなければなりません。もし、飲み水を蓄えるタンクが汚れていると、健康に悪影響をおよぼすことになります。

そこで本記事では、ビル管理法による水質検査の基礎知識や検査内容・ビル管理士の役割と取得ポイントなどについて詳しく見ていきましょう。

  1. ビル管理法による水質検査の基礎知識
  2. ビル管理法による水質検査の内容
  3. 水質検査とビル管理士について
  4. ビル管理士になるには
  5. ビル管理士の資格取得について
  6. ビル管理法の水質検査・ビル管理士に関してよくある質問

この記事を読むことで、ビル管理法による水質検査の内容やビル管理士になるために必要な情報を知ることができます。資格取得を目指している方はぜひチェックしてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

配管工事に関する資格にはどのようなものがある? 種類や取得方法を紹介!

配管工事とは、ガスや給排水・空調・給湯などの配管を建物に設置したり修理したりする工事のことです。一般住宅から高層ビル・工場・商業施設などあらゆる建築物に配管工事は欠かせません。配管工事は単純にガスやお湯・水を通す管を設置するだけでなく、施工計画や管理も必要です。配管工事自体は無資格でもできますが、持っている技術を客観的に証明したり現場の責任者になったりするには、資格が必要になります。

そこで、今回は配管工事を行うために取得しておいた方がよい資格をご紹介しましょう。

  1. 配管工事に関する基礎知識
  2. 配管工事に関する資格について
  3. 配管工事の資格に関するよくある質問

この記事を読めば、どのような資格があるかということや取得する方法などもよく分かりますよ。配管工事の仕事に就いている方や、配管工事に関係する資格を取得したい方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

無線従事者の資格にはどのようなものがある? 資格取得の方法を解説!

無線とは、電波や光(赤外線)などで声をはじめとする情報を伝達する通信手段です。電話やインターネットが発達した現在でも、トラックやバスなどの車両・船舶・航空機では、無線が重要な通信手段になっています。無線従事者とは、このような無線を使う職業全般を指すのです。1990年に法律が改正され、限られた操作ならば主任無線従事者の監督の元で無資格者でも無線操作ができるようになりました。しかし、幅広い無線操作を行うには現在も資格が必要です。また、趣味として無線を楽しむ方も同様に資格が必要となります。

今回は、無線従事者になるために取得しておかなければいけない資格や、趣味として無線を楽しむために必要な資格をご紹介しましょう。

  1. 無線従事者の基礎知識
  2. 無線従事者の資格について
  3. 無線従事者の各種資格を取得する方法
  4. 無線従事者の資格についてよくある質問

この記事を読めば、無線を取り扱える資格の種類や取得方法が分かります。無線従事者を目指す方は、ぜひ読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

1級管工事施工管理技士の実地試験とは? 内容と試験対策のコツを紹介!

管工事施工管理技士とは、建物内の空調設備工事・給排水工事・給湯設備工事など管工事の施工管理計画を立て、工程管理や安全管理を行うことのできる資格です。一般住宅はもちろんのこと、高層ビルや大規模商業施設などを建築する際に管工事は欠かせません。管工事施工管理技士には1級と2級があり、1級管工事施工管理技士になると主任技術者や管理技術者に選任されることができます。1級管工事施工管理技士になるには、筆記試験と実地試験に合格する必要があるのです。

そこで、今回は1級管工事施工管理技士の資格を取得する方法や勉強のコツをご紹介しましょう。

  1. 管工事施工管理技士の基礎知識
  2. 1級管工事施工管理技士の試験について
  3. 1級管工事施工管理技士の実地試験対策について
  4. 1級管工事施工管理技士に関するよくある質問

この記事を読めば、効率的な勉強方法が分かります。1級管工事施工管理技士の資格を目指している方はぜひ読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

【絶対合格】ガス主任技術者を目指す人へ! 資格試験のコツを伝授!

ガスは、私たちの豊かな暮らしを実現するために欠かすことができません。しかし、ガスを安全に取り扱うためには専門知識が必要です。ガスの取り扱いに関する資格のひとつに、ガス主任技術者があります。ガス主任技術者として働くためには、国家試験を受けて合格することが必要です。そこで、今回は、ガス主任技術者の資格試験合格のコツを伝授することにします。

  1. ガス主任技術者とは
  2. ガス主任技術者について
  3. ガス主任技術者の資格について
  4. ガス主任技術者の試験について
  5. ガス主任技術者の勉強法を解説
  6. ガス主任技術者や試験に関するよくある質問

記事を読むことで、ガス主任技術者への理解が深まることでしょう。また、資格試験を突破するコツもわかります。本気で資格を取得したい人にとっては、とても有益な内容です。ぜひ、じっくり読んで参考にしてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

冷凍機械責任者は委託できるの? 業務内容や資格取得について

冷凍機械にかかわる高圧ガスを製造する施設には、保安業務をおこなう冷凍機械責任者が必要です。しかし、事業所内に有資格者がいないケースもあるでしょう。そんなときは、冷凍機械責任者を外部の有資格者に委託できるのか、それともほかに方法があるのか、困ってしまうものです。そこで、本記事では、冷凍機械責任者の基礎知識や必要性、委託・試験内容・勉強法などについて詳しく説明します。

  1. 冷凍機械責任者の基礎知識
  2. 冷凍機械責任者の必要性と委託について
  3. 冷凍機械責任者の試験について
  4. 冷凍機械責任者の講習について
  5. 冷凍機械責任者の資格取得の勉強法とは
  6. 冷凍機械責任者に関してよくある質問

この記事を読むことで、冷凍機械責任者の委託や資格取得のために必要な情報を知ることができます。冷凍機械責任者について知りたい方は、ぜひチェックしてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

労働安全衛⽣法に基づく労働安全衛生診断とは? 受け方を紹介します。

労働安全衛生診断とは、労働災害を発生させた場合や労働安全衛⽣法78条第1項の規定に基づいて労働局長に安全衛生改善計画の作成を指示された時などに、受けるものです。労働安全・衛生コンサルタントによって行われ、事業者が望めばそのまま労働安全・衛生に関する指導も受けられます。

そこで、今回は労働安全衛生診断や労働安全衛生法についてご紹介しましょう。

  1. 労働安全衛生の基礎知識
  2. 労働安全衛生診断とは
  3. 労働安全衛生診断に関する資格について
  4. 労働安全衛生診断に関するよくある質問

この記事を読めば、労働安全衛生診断を依頼した方がよい場合が分かり、労働安全衛生法に関する知識も深まるでしょう。職場の安全管理や衛生管理に関わる仕事に就いている方は、ぜひこの記事を読んでみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

2級土木施工管理技士試験に挑戦したい方必見! 過去問の重要性とは?

土木施工管理技士とは、道路や河川工事に代表される土木工事で施行計画を作成したり工程管理・安全管理を行ったりすることができる資格です。主任技術者や管理技術者になるために必要な資格でもあります。土木工事の仕事に就いている方の中には、資格取得を目指して勉強に励んでいる方も多いでしょう。

そこで、今回は土木施工管理技士の過去問についてご紹介しましょう。土木施工管理技士には1級と2級があり、まず2級土木施工管理技士を目指すという方も多いと思います。

  1. 2級土木施工管理技士の基礎知識
  2. ​2級土木施工管理技士の試験について
  3. 2級土木施工管理技士試験の勉強方法
  4. 2級土木施工管理技士の過去問についてよくある質問

過去問題を解いて問題に慣れておけば、本番でも落ち着いて解くことができるでしょう。土木施工管理技士の試験に挑戦してみたいという方や合格目指して勉強中という方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ボイラー技士の実技講習を知りたい人へ!資格合格を確実にするには?

ボイラー技士の資格取得には、実技講習を修了することが必要不可欠です。国家試験に合格しただけでは、免状を受け取ることはできません。今回は、ボイラー技士の実技講習について知りたい人のために、詳しく解説することにしましょう。また、ボイラー技士の職務や資格試験の詳細・免許にかんする内容も触れていきます。資格取得を目指している人には、必見の内容ですよ。

  1. ボイラー技士について
  2. ボイラー技士の実技講習について
  3. ボイラー技士の資格取得について
  4. ボイラー技士免許について
  5. ​ボイラー技士の実技講習や資格取得でよくある質問

記事を読んだ人は、ボイラー技士の実技講習にかんして詳しい知識を身に付けることができます。また、ボイラー技士試験の概要や注意点なども理解できるので資格取得に向けての準備がはかどることでしょう。ボイラー技士資格を確実に取得するためにも、ぜひ記事を参考にしてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

【合格確実】消防設備士は過去問攻略がカギ! 資格を確実にゲット!

消防設備士の資格取得を考えている場合、過去問攻略が大きなカギとなります。試験に合格するためには、傾向をつかんでしっかりと対策をする必要があるからです。過去問は、最高の教材と言えます。今回は、消防設備士の資格取得を目指している人や、過去問について知りたい人のために詳しく解説しましょう。確実に資格をゲットするためにとても有益な内容です。まずは、じっくり読んでみてくださいね。

  1. 消防設備士とはどんな資格?
  2. 消防設備士の就職について
  3. 消防設備士の資格について
  4. 消防設備士の試験について
  5. 消防設備士の過去問について
  6. 消防設備士の試験や過去問に関するよくある質問に回答

記事を読み終えるころには、消防設備士や資格試験について正しい知識を身に付けることができます。また、過去問を効率よく活用する方法がわかるため、合格できる可能性が高まることでしょう。本気で資格取得を目指しているなら必見です。必ず役に立つ内容ですから、参考にしてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加