消防設備士を取る順番について解説! 初めての人におすすめの資格区分は?

消防設備士とは、消火器設備・警報設備・避難用具などの設置工事や点検・整備などを行うことができる国家資格です。消防設備の設置が義務づけられている施設で常に一定の需要があるため、転職に備えて資格取得を目指す人も多いことでしょう。その一方で、「消防設備士の資格区分が多すぎて、どれから取得していいか分からない」と悩んでいる人もいると思います。
そこで、今回は消防設備士を取る順番について説明しましょう。

  1. 消防設備士の基礎知識
  2. 消防設備士を取る順番について
  3. 消防設備士の試験について
  4. 消防設備士に関するよくある質問

この記事を読めば、資格取得の順番に迷うことはなくなります。消防設備士の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。


巡回型ビルメンの仕事内容を解説! 取得しておくと便利な資格も紹介

ビルメンとは、ビルメンテナンス業務の略称です。設備整備や点検・清掃など仕事内容は多岐にわたります。常に一定の求人があるので、転職先として考えている人も多いことでしょう。ビルメンの働き方には常駐型と巡回型があります。しかし、この2つの違いが分からない人も珍しくありません。でも、働き方の違いが分からないままビルメンの仕事をするようになれば、「思い描いていた仕事とは違った」とがっかりすることもあります。
そこで、今回は巡回型ビルメンの仕事内容や、仕事に必要な資格を紹介しましょう。

  1. 巡回型ビルメンと常駐型ビルメンの違い
  2. 巡回型ビルメンのメリット・デメリット
  3. 巡回型ビルメンの仕事に就く方法
  4. ビルメン4点セットの資格取得方法
  5. 巡回型ビルメンに関するよくある質問

この記事を読めば、ビルメンの仕事内容についてよく理解できるはずです。ビルメンに転職や就職を考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。


コンセントの交換工事は個人では不可? 電気工事を行える資格について解説

コンセントを増加・交換したいと考えている人は多いと思います。特に、築年数がたった家は、コンセントの差込口が少なかったり、差込口が壊れたりしていることもあるでしょう。また、コンセントプラグも使用しているうちに、傷んできます。コンセントの取り替え自体は、それほど難しいことではありません。しかし、電気関係の工事を行うには資格が必要です。
そこで、今回はコンセントの交換ができる資格を紹介します。

  1. コンセント交換は個人でも可能?
  2. コンセント交換に必要な資格
  3. 電気工事士の資格を取得する方法
  4. コンセントの交換や電気工事士に関するよくある質問

この記事を読めば、資格取得の方法もよく分かるはずです。電気関係の資格取得を考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。


電気工事士

電気工事士の一種・二種の違いを知りたい! 資格試験のポイントは?

「電気工事士」は、ビル・工場・商店・一般住宅などの電気設備の工事を行うために必要な国家資格の1つです。電気工事は一定の資格を取得している人でなければ行うことができません。つまり、電気工事は電気工事士の資格を所有している人だけが行える特殊な仕事といえるでしょう。そんな電気工事士には、電気工事の範囲によって「第一種」と「第二種」に分かれています。自分の仕事に適した資格の種類を選択しなければなりません。本記事では、電気工事士の第一種と第二種の違いと、資格取得のポイントについて解説します。

  1. 電気工事士第一種・第二種の違いは?
  2. 電気工事士の資格取得・試験内容を解説!
  3. 電気工事士資格取得の勉強方法は?
  4. 電気工事士に関してよくある質問

この記事を読むことで、電気工事士の第一種と第二種の違いが分かります。気になっている方や資格取得を目指している方はぜひチェックしてください。


弱電関係の資格について解説。工事に必要な資格、将来性のある資格は?

弱電とは、電気の力を利用して通信やデータ・音声・映像等の伝達を行う分野です。電気の力を利用して発電・発熱・動力の制御を行う強電に対し、このように呼ばれています。電気は私たちの生活になくてはならないものですが、扱い方を間違えると大きな事故の原因となるでしょう。そのため、強電・弱電共に取り扱いや設置・管理・監督するには資格が必要です。

今回は、弱電に関する資格や資格の取得方法を説明しましょう。

  1. 弱電とはどのようなもの?
  2. 弱電に関する資格について
  3. 第一級陸上特殊無線技士の資格を取得する方法
  4. 弱電関係の資格に関するよくある質問

この記事を読めば、弱電に関する仕事などもよく分かります。電気関係の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。


配電盤の役割について解説! 配電盤工事や製造に関する資格も紹介!

配電盤とは、監視用メーターがついている分電盤へ電気を配る盤のことです。高圧受電設備を備えた施設には必ず設置されているもので、産業用機器の一種になります。配電盤を製造するためには高い技術が必要であり、技術を証明する資格も設けられているのです。「電気機器の組み立てをする仕事をしているが、資格を取得したい」と思っている人もいるでしょう。

今回は配電盤の製造や組み立てに関する資格、さらにそれを設置するために必要な資格等を紹介します。

  1. 配電盤とはどのようなもの?
  2. 配電盤に関わる資格とは?
  3. 第二種電気工事士の資格を取得する方法
  4. 配電盤や電気工事に関するよくある質問

この記事を読めば、技術の証明や仕事の幅を広げるためにどんな資格取得を目指していいか、よく分かるでしょう。電気工事士や技能士の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。


ビルメン業界で未経験で転職する方法は? 転職に有利な資格も紹介

ビルメンとは、ビルメンテナンス業務の略です。商業設備やオフィスビルなど不特定多数の人が利用する施設が、安全かつ快適に利用できるのは、ビルメンのおかげといってもいいでしょう。ビルメン業界は常に一定の求人があり、定年を超えても働きやすい職場も多いため、転職を考えている人もいると思います。その一方で、「ビルメン業界へ転職したいが、未経験でも大丈夫だろうか?」と悩んでいる人もいるでしょう。
今回は、ビルメン業界への転職方法や転職に有利となる資格について解説します。

  1. ビルメンの基礎知識
  2. 未経験でビルメンに転職する方法
  3. ビルメン業界への転職に有利な資格
  4. ビルメン業界への転職に関するよくある質問

この記事を読めば、ビルメン業務に就くために必要な資格取得の方法もよく分かるでしょう。ビルメン業界への転職を考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。


ボイラー技士の講習会とは? 講習内容・日程などをチェックしよう!

「ボイラー技士」は、ボイラーを取り扱うために必要な国家資格の1つで、空調・温水ボイラーの操作や点検を行います。ボイラー技士の資格を取得するためには、試験に合格しなければなりません。また、受験資格として実務経験が必要となります。そこで、実務経験がない方が試験を受けるために必要なのが、「法定講習」なのです。そこで、本記事では、ボイラー技士の受験資格に必要な実務経験を得るための講習会について解説していきましょう。

  1. ボイラー技士講習の基礎知識
  2. ボイラー実技講習の内容は?
  3. ボイラー実技講習の受講方法は?
  4. ボイラー技士に関してよくある質問

この記事を読むことで、ボイラー技士の講習会について詳しく分かります。受験を検討している方や、実務経験がない方はぜひチェックしてください。


高圧ガス製造保安責任者の講習とは? 受講方法・内容を詳しく解説!

高圧ガス製造保安責任者の資格取得を目指すなら、講習を受けるのがおすすめです。講習修了かつ検定試験に合格することで、国家試験を受験する際に規定の試験科目を免除してもらえます。せっかくなら、楽に資格取得したいものですよね。しかし、どんな内容の講習をどこで受ければいいのかなど、よく知らないことでしょう。そこで、今回は、高圧ガス製造保安責任者の講習について詳しく解説します。

  1. 高圧ガス製造保安責任者の講習とは?
  2. 高圧ガス製造保安責任者の講習内容について
  3. 高圧ガス製造保安責任者の講習の受講について
  4. 高圧ガス製造保安責任者の講習に関するよくある質問

この記事を読むことで、高圧ガス製造保安責任者の講習がよく分かります。まずは、記事をじっくり読んでみてください。


ビルメンに電気工事士が必要な理由は? 取得方法と共に解説

ビルメンとは、ビルメンテナンス業務の略です。設備整備や点検・清掃など仕事内容は多岐にわらります。また、ビルメン4点セット・ビルメン3種の神器といった、ビルメン業界で働くならば取得が推奨される資格も豊富です。特に、電気工事士は有資格者を求めている職場も多く、取得すれば仕事の幅も一気に広がるでしょう。
今回は、ビルメン業界に就職する際、電気工事士の資格を取得するメリットや取得方法を解説します。

  1. ビルメンに電気工事士の資格が必要な理由
  2. ビルメン4点セットとは何か
  3. 電気工事士の資格取得方法
  4. 電気工事士に関するよくある質問

この記事を読めば、電気工事士の試験に合格する知識を身につけられる勉強方法なども、よく分かるでしょう。電気工事士の資格取得を考えているという人は、ぜひ読んでみてくださいね。