ボイラーの種類はどんなものがあるの? 構造や資格などをご紹介

ボイラーは燃料を燃焼させて得た熱を水に伝えて、水蒸気や温水に換える装置を指しています。商業施設や工場・オフィスビルなどにはボイラーが設置されており、快適な環境を維持し続けているのです。普段は、目にすることがない装置ですが、身のまわりには多種多様なボイラーが存在しています。そんなボイラーを扱うためには、資格を取得しなければなりません。そこで、本記事では、ボイラーの基礎知識や種類・取り扱いに必要な資格・ボイラー技士などについて説明します。

  1. ボイラーの基礎知識
  2. ボイラーの種類
  3. ボイラーの取り扱いについて
  4. ボイラー技士について
  5. ボイラーに関してよくある質問

この記事を読むことで、ボイラーの種類を把握し、必要な資格を取得するための情報を得ることができます。資格取得を考えている方はぜひ参考にしてください。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

第一級陸上特殊無線技士の過去問活用法を知りたい! 勉強のコツは?

第一級陸上特殊無線技士(一陸特)とは、無線従事者の資格区分の一つです。陸上にある無線局で無線通信設備を技術的に操作するために必要な資格であり、取得すれば携帯電話の基地局などで働くことができます。携帯電話の普及により、ここ10年ほどずっと需要が増し続けている資格のため、取得を目指している方も多いことでしょう。

そこで今回は、第一級陸上特殊無線技士の試験取得方法や、過去問について解説します。

  1. 無線従事者の基礎知識
  2. 第一級陸上特殊無線技士の資格取得方法
  3. 第一級陸上特殊無線技士の過去問について
  4. 勉強方法のコツ
  5. 第一級陸上特殊無線技士に対するよくある質問

この記事を読めば、第一級陸上特殊無線技士の資格取得方法がよく分かるでしょう。資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。


第一級陸上特殊無線技士(一陸特)とは、無線従事者の資格区分の一つです。陸上にある無線局で無線通信設備を技術的に操作するために必要な資格であり、取得すれば携帯電話の基地局などで働くことができます。携帯電話の普及により、ここ10年ほどずっと需要が増し続けている資格のため、取得を目指している方も多いことでしょう。

今回は第一級陸上特殊無線技士の試験取得方法や、過去問について解説します。

  1. 無線従事者の基礎知識
  2. 第一級陸上特殊無線技士の資格取得方法
  3. 第一級陸上特殊無線技士の過去問について
  4. 勉強方法のコツ
  5. 第一級陸上特殊無線技士に対するよくある質問

この記事を読めば、第一級陸上特殊無線技士の資格取得方法がよく分かるでしょう。資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

第一級陸上特殊無線技士の難易度や合格率は? 勉強方法と共に解説!

第一級陸上特殊無線技士とは、陸上にある無線局で無線設備の技術的な操作を行うことができる資格です。20年ほど前から急速に普及が進んだ携帯電話の基地局や、テレビの中継局などで常に一定の需要があり、資格を取得していれば転職や就職に有利になります。受験資格は定められていませんので、資格を取得したいと考えている方も多いことでしょう。

そこで、今回は第一級陸上特殊無線技士の試験内容や合格率などを解説します。

  1. 陸上無線従事者の基礎知識
  2. 第一級陸上特殊無線技士の難易度は?
  3. 第一級陸上特殊無線技士の資格を取得する方法
  4. 第一級陸上特殊無線技士に対するよくある質問

この記事を読めば、第一級陸上特殊無線技士の試験対策もバッチリです。第一級陸上特殊無線技士の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

潜水士が遭遇しやすい事故とは? 海難事故以外にもこんな事故が!

潜水士とは、水中で土木工事やサルベージ作業・地質調査・人命救助などを行うことのできる資格です。潜水士が主人公の映画もあり、ダイビングの経験がある方ならば資格を取得したいと考えている方もいることでしょう。潜水士の仕事は専門性が高い分、資格を取得すれば就職などに有利です。その反面、海難事故をはじめとする労働災害が起こりやすく、潜水士の資格を活用して働く場合はその点を考慮に入れる必要があるでしょう。

今回は、潜水士が遭遇した事故の実例をご紹介するとともに、資格取得の方法を解説します。

  1. 潜水士の基礎知識
  2. 潜水士の事故について
  3. 潜水士の資格を取得する方法
  4. 潜水士に関するよくある質問

この記事を読めば、潜水士の試験対策もよく分かることでしょう。潜水士の資格を取得したいと考えている方は、ぜひ読んでみてくださいね。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

潜水士の試験は過去問活用で合格できる? 難易度はどの程度?

潜水士とは、水中で工事やサルベージ(人や物などを引き上げる作業)を行うことのできる国家資格です。水中で行う工事や人命救助・積み荷の回収などの仕事は幅広く、潜水士の活躍を描いた映画も一時期話題となりました。ダイビングの経験がある方の中には、潜水士の資格に興味がある方もいるでしょう。

そこで、今回は潜水士になる方法や過去問の活用方法などを解説します。

  1. 潜水士の基礎知識
  2. 潜水士の資格を取得する方法
  3. 潜水士の試験に対するよくある質問

この記事を読めば、潜水士の試験についてもよく分かることでしょう。潜水士の資格に興味がある方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

施工管理の志望動機を上手に書くコツとは?~働くために必要な知識~

建築業における品質管理・安全管理・原価管理・工程管理などの作業を、あわせて「施工管理」と言います。施工管理はスムーズに建築作業を行う必要不可欠な部分です。施工管理がうまくいかなければ、工期どおりにいかず、予算がオーバーするなどのさまざまな不具合が起きてしまいます。大切な施工管理が行えるのは、国家資格である施工管理技士を取得している者だけです。資格を取得すれば、施工管理技士として働けますが、志望動機に何を書けばいいのか悩みますよね。しかし、きちんと書かなければ採用されず、施工管理技士として働くことができません。そこで、本記事では、施工管理の基礎知識から施工管理技士の資格・就職・志望動機の例文などについて説明します。

  1. 施工管理について
  2. 施工管理技士に必要な資格とは
  3. 施工管理の就職について
  4. 施工管理の志望動機について
  5. 施工管理に関してよくある質問

この記事を読むことで、施工管理の資格や志望動機の書き方などについて知ることができます。働きたい方や志望動機の書き方で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

施工管理の仕事が激務と言われる理由は? 仕事内容や種類について

建設業は、2020年の東京オリンピックに向けて活発化しています。建設業が盛り上がりを見せつつある今、現場において重宝されているのが「施工管理」に就く者です。施工管理は、建設現場において、全体を把握しつつも、品質管理・安全管理・施工スケジュール調整など全体の監督を行います。非常にやりがいのある施工管理ですが、体力面・精神面での負担が大きく、激務だと言われているのです。しかし、本当に激務で大変な仕事なのでしょうか。そこで、本記事では、施工管理の基礎知識から仕事内容・激務と言われる理由・必要な資格などについて説明します。

  1. 施工管理とは
  2. 施工管理の仕事内容とは
  3. 施工管理が激務と言われる理由
  4. 施工管理に必要な資格とは
  5. 施工管理に関してよくある質問

この記事を読むことで、施工管理の仕事内容や必要な資格などについて知ることができ、激務と言われる理由が分かります。気になっている方は、ぜひチェックしてください。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

平成30年度新設! 電気通信工事施工管理技術検定の内容や取得のメリット

電気通信工事施工管理技術検定とは、30年ぶりに国土交通省が追加を検討している技術検定です。この検定に合格すれば、電気通信工事施工管理技士の資格を取得できます。電気通信工事に関しては、工事量は増加しているのに監理技術者は逆に減少傾向にあったため、技術者不足が問題になっていました。取得すれば、電気通信工事の技術が証明できるだけでなく、転職などにも大変有利になることでしょう。

今回は、電気通信工事施工管理技術検定について、現時点で分かっている試験内容や受験資格などを解説します。

  1. 電気通信工事とはどのような工事?
  2. 電気通信工事施工管理技術検定が制定される理由
  3. 電気通信工事施工管理技術検定について

この記事を読めば、来年度以降に電気通信工事施工管理技術検定を受ける場合の参考にもなることでしょう。電気通信工事施工管理技士の資格に興味がある方は、ぜひ読んでみてくださいね。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ビル管理の業界に就職したい! 志望動機の書き方や答え方は?

ビル管理業務(別名、ビルメン業務)とは、オフィスビルや大規模な商業施設・学校・病院など不特定多数が利用する建物の保守管理を行う仕事です。警備・清掃・設備の点検管理と仕事内容は多岐にわたります。20年ほど前までは、「定年後の再就職先」というイメージが強かったのですが、現在はビル管理に必要な専門的な知識を持っている方が、持っている資格を活用して働く職場へと変化しているのです。そのため、取得している資格を活用して働きたい方が、ビル管理業務を行っている会社に就職を目指すという例も増えています。会社に就職するためには、志望動機の書き方や答え方も大切です。

そこで、今回はビルメンの職場に就職したい方向けに、志望動機の書き方や答え方を紹介しましょう。

  1. ビルメンの基礎知識
  2. ビル管理に必要な資格の種類
  3. ビル管理業務の働き方
  4. ビル管理の志望動機について
  5. ビル管理の仕事に関するよくある質問

この記事を読めば、ビルメンの仕事に就くために必要な資格なども分かりますよ。ビル管理士(建築物環境衛生管理技術者)の資格を取得したい方も、ぜひ読んでみてくださいね。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

工事現場の安全対策はどのように行う? 安全管理を担う役職とは?

工事現場とは、建築物を作ったり解体したりする現場のことです。重機などを多数使用する大規模な現場ほど、労働災害が起こる可能性も高くなるでしょう。そのため、工事現場の安全対策は数ある職場の中でも、特に入念に行われているのです。安全対策がしっかりと行われている職場ほど、従業員にとって働きやすい職場といえるでしょう。しかし、自分が働いている職場の安全対策がきちんと行われているか、よく分からないという方もいると思います。

そこで、今回は工事現場における安全管理の重要性や安全対策の内容について、解説しましょう。

  1. 工事現場とはどんな場所?
  2. 工事現場の安全対策について
  3. 工事現場の安全対策の行い方
  4. 工事現場の安全管理に対するよくある質問

この記事を読めば、安全対策の重要性もよく分かりますよ。職場で安全管理を担う職務に就いている方も、ぜひ読んでみてくださいね。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア