【初心者必見】無線従事者の資格・選任について4項目で徹底解説!

無線従事者として働くとき、資格を所持していれば良いわけではありません。無線従事者が扱うのは目には見えない“通信”です。日常を便利にすることもできれば、悪用することで多大な被害をもたらすこともできてしまいます。通信機器・設備を扱うには大きな責任があり、「この者が責任を持って従事している」と国に報告する必要があるのです。しかし、選任義務と聞いてもピンとこない方もいることでしょう。そこで、今回は無線従事者の選任義務について4つの項目で簡単にまとめてみました。記事は2017年版。1月に書かれた最新のものです。

  1. 無線従事者とは
  2. 無線従事者資格の種類
  3. 主任無線従事者の選任義務について
  4. 無線従事者の選任届けについて
  5. 無線従事者の選任にかかわるよくある質問
  6. まとめ

記事を読み終わるころには、無線従事者の資格と選任義務について正しく理解できます。選任報告について全くわからない方も、かみ砕いてまとめていますので安心してご覧ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

【注目】管工事施工管理技士の年収や給料は?資格取得や転職も解説!

管工事は、建築工事の中でもライフラインを整えるという重要な役割を持っています。特に規模が大きくて重要な管工事の場合は、現場をきちんと管理する立場の人間が必要です。そこで、管工事の施工管理に欠かすことができない資格として管工事施工管理技士に注目が集まっています。今回は、管工事施工管理技士の年収や給料はどうなっているかだけでなく、資格取得の難易度や転職状況についても考えてみましょう。

  1. 管工事施工管理技士について
  2. 管工事施工管理技士の年収について
  3. 管工事の種類や職務による年収の違い
  4. 年収アップのコツやポイントを学ぼう
  5. 管工事施工管理技士の年収や給料でよくある質問

記事を読むことで、管工事施工管理技士について詳しい知識が身に付きます。また、実際に働きながら年収や給与をアップするにはどうすればいいかもわかることでしょう。今、建設業界で引く手あまたの資格である管工事施工管理技士について理解を深めるとともに、一生食べていくためにはどのように動くべきかについて学んでください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

土木施工管理技士の実地試験・経験記述の効率良い勉強方法は?

土木施工管理技士とは、国家資格である施工管理技士の一つです。資格保持者は主任技術者や管理技術者になることができるため、土木工事の現場仕事をしている方の中には、資格取得を目指している方も多いでしょう。土木施工管理技士になるためには、一定の実務経験を積んだ後で試験を受け、合格する必要があります。試験は学科試験と実地試験があり、実地試験の経験記述という独特な試験が大きなウエイトを占めているのです。経験記述の勉強ははかどらず、苦戦しているという方も多いと思います。

そこで、今回は土木施工管理技士の実地試験・経験記述の勉強方法などについてご紹介しましょう。

  1. 土木施工管理技士とはどのような資格?
  2. 土木管理施行技士の試験について
  3. 経験記述の効率的な勉強方法
  4. 土木施工管理技士を目指している方のよくある質問

勉強方法のコツがつかめれば、本番で焦ることもありません。土木施工管理技士の資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

消防設備士と危険物取扱者の資格取得について~両方取得するメリット

消防設備士と危険物取扱者、どちらを取得するべきか迷っている人は多いと思います。どちらも国家資格であり、試験は消防試験研究センターが実施するため、同時に受験を検討しやすいのでしょう。この2つは、仕事内容も活躍できる現場も異なります。しかし、その違いがわからないという人も多いのではないでしょうか。それぞれの仕事内容や就職先、受験の方法などを把握し、両方の資格を取得するメリットについても考えてみてください。この記事では、2つの資格の違いや資格試験について、詳しくご紹介します。

  1. 消防設備士と危険物取扱者について
  2. 消防設備士と危険物取扱者の違い
  3. 両方を取得するメリット
  4. 消防設備士と危険物取扱者に関するよくある質問

この記事を読むことで、2つの資格について知ることができます。ぜひ参考にして、将来について考えてみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

【疑問解決】建築施工管理技士の転職や再就職の状況を詳しく解説!

どんなに良い建築設計を行っても、実際に図面どおりに建築が進まなければ意味がありません。建築は実際にできあがってこそ価値があるのです。特に、大規模な工事だったり公共性が高くて重要な工事だったりする場合は、きちんと施工管理をしながら建築を進めていく必要があります。国家資格のひとつである建築施工管理技士は、建築物の施工管理を行うプロです。今回は、建築施工管理技士の職場や転職・再就職などの情報を中心に、資格取得のために必要な内容も含めて詳しく解説します。建築施工管理技士に興味がある人は、ぜひご覧ください。

  1. 建築施工管理技士の職場について
  2. 建築施工管理技士の転職について
  3. 建築施工管理技士の資格取得について解説
  4. 建築施工管理技士の就職・再就職でよくある質問

記事を読んだ人は、建築施工管理技士の就職・再就職に詳しくなるだけでなく、資格取得のためには何が大切かについても深く理解することができます。建築施工管理技士になるためには、試験に合格することが必要です。まずは、最後まで記事をよく読んで合格のための近道をみつけてください。資格取得を目指す人にも必ず役に立つ内容ですよ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業医になるには何が必要? 労働衛生コンサルタントの資格も詳しく!

企業が健全な状態で利益を上げ続けるためには、労働者が自分の仕事に打ち込んで成果を出すことが必要不可欠です。そのためにも、職場環境を整えたり健康管理をしっかり行ったりすることが必要となります。産業医は、労働者の健康を守るために必要な存在です。今回は、産業医について興味のある人のために、資格概要や取得の方法について詳しく解説します。また、関連資格として労働衛生コンサルタントの取得についても学んでください。必ず役に立つことでしょう。

  1. 産業医とは
  2. 産業医を置くべき職場について
  3. 産業医と労働衛生コンサルタントの違い
  4. 産業医の資格について
  5. 産業医の資格に関するよくある質問に回答します!

記事を読んだ人は、産業医に関して深く理解することができます。具体的な取得方法についても自分がどんな方法を選ぶべきかわかることでしょう。なお、労働衛生コンサルタント資格を取ることで産業医としての仕事にプラスに働きます。将来性を考えても、損はありません。まずは、記事をじっくり読んで詳細を学んでください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

消防設備士の義務講習はなぜ必要なのか? 免許取り消しを防ぐために!

消防設備士の義務講習についてご存じでしょうか? 消防設備士とは、消防用設備の工事や点検、整備を行う上で必要な国家資格です。資格を取得するためには試験に合格する必要があり、特に甲種は難易度の高い試験と言えます。この資格を持っているとさまざまな現場で活躍することができ、就職や転職にも大変有利になるでしょう。そのため、非常に受験者の多い試験となっています。この資格を取得していると一生安定した仕事を得ることができると言われていますが、定期的に講習を受ける必要があることを忘れないようにしましょう。講習を受けないと後から困ったことになるため、詳しく把握しておく必要があります。この記事では、義務講習を受けるための方法や免許更新などについてご紹介しましょう。

  1. 消防設備士とは?
  2. 消防設備士の就職
  3. 消防設備士の義務講習
  4. 消防設備士の免許取り消し
  5. 消防設備士の義務講習に関するよくある質問

この記事を読むことで、消防設備士として活躍していくために必要なことがわかります。安心して職務に就くことができるように、ぜひ参考にしてみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

転職したい方におすすめ! 給水装置工事主任技術者に就職しよう!

給水装置工事主任技術者という資格は、転職や就職を有利にすることができます。しかし、あまり知られていません。そのため、本来は得られる利益や地位を損なっている人がたくさんいるのが現状です。そこで、今回は給水装置工事主任技術者についてご紹介します。基本的な知識はもちろん、受験にまつわる情報や勉強法などについても分かりやすくまとめました。

  1. 給水装置工事主任技術者について
  2. 給水装置工事主任技術者の仕事
  3. 給水装置工事主任技術者の転職について
  4. 給水装置工事主任技術者の資格取得について
  5. 給水装置工事主任技術者資格の勉強法とは?
  6. 給水装置・給水装置工事のQ&A

これらの記事を読むことで、給水装置工事主任技術者にまつわる基本的な知識を得ることができます。転職や就職を有利にするためにも、知っておいて損はない情報です。ぜひ、最後までお付き合いくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

【絶対合格】労働安全コンサルタントの口述試験対策を徹底解説!

企業にとって、労働者の安全管理を徹底することは義務です。しかし、適切に管理をしたり改善をしたりするためには、専門の知識を持った労働安全コンサルタントが必要になります。そこで、労働安全コンサルタントについて知りたい人のために、資格の概要や試験について詳しくまとめました。特に、労働安全コンサルタントの口述試験対策を中心として合格するために必要な知識を解説します。本気で労働安全コンサルタントの資格を取得したい人は、ぜひ読んでみてください。

  1. 労働安全コンサルタントとは
  2. 労働安全コンサルタントの資格について
  3. 労働安全コンサルタントの試験について
  4. 労働安全コンサルタント試験の口述試験とは
  5. 労働安全コンサルタントに関するよくある質問

記事を読んだ人は、労働安全コンサルタントの試験対策で有利になります。特に、口述試験が不安な人にとっては役に立つ内容です。試験に合格するためには、何よりも自信を持って臨むことが大切と言えます。基本を身に付けておくと、試験本番も自信を持って臨むことができて有益ですよ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

特定工場の公害防止管理者とは? 資格の種類や試験概要をチェック!

工場から排出される物質・水・空気の中には、公害を引き起こす物質があります。有害物質を排出する工場=特定工場は、公害を防ぐための設備を整え、管理する者を置かなければなりません。公害を防ぐために必要な管理者のことを「公害防止管理者」といいます。公害防止管理者法に基づいた資格で、国家試験に合格しなければ取得できません。そこで、本記事では、特定工場の公害防止管理者とは何なのか、資格概要・取得方法について詳しく説明します。

  1. 特定工場の公害防止管理者について
  2. 特定工場の公害防止管理者に必要な資格
  3. 公害防止管理者の資格取得について
  4. 公害防止管理者に関してよくある質問

この記事を読むことで、特定工場の公害防止管理者になるために必要な情報が入手できます。特定工場の公害防止管理者について知りたい方や資格試験を考えている方は必見です。


このエントリーをはてなブックマークに追加