ビル設備管理の仕事内容はどのようなもの? 特定の資格は必要?

ビル設備管理とは、オフィスビルや商業ビルをはじめとする不特定多数が利用する施設を、安全かつ衛生的に利用するために、各種設備の整備や点検を行う仕事です。ビルメン(ビルメンテナンス業務)と呼ばれることもあり、現在はそちらの名称が一般的でしょう。仕事は多岐にわたり、職務に必要な資格も複数あります。
今回は、ビル設備管理の仕事内容や取得しておくと有利な資格について解説しましょう。

  1. ビル設備管理の基礎知識
  2. ビル設備管理技能士の資格取得方法
  3. ビル設備管理に対するよくある質問
  4. まとめ

この記事を読めば、ビルメンの仕事に就くために取得した方がよい資格などについても、よく分かります。ビル設備管理の仕事に興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。


工事主任と主任技術者の違いとは? 選任を受けるには資格が必要なの?

工事主任とは、工事現場で品質管理や環境対策など工事全体の監督業務を行う仕事です。主任技術者とは、建築業法の規定により一定規模の工事を行う際には必ず技術者の中から選任しなくてはなりません。工事現場には主任技術者と工事主任が両方います。しかし、この2つの違いがよく分からない、という人もいるでしょう。
そこで、今回は工事主任と主任技術者の違いや主任技術者になる方法などを解説します。

  1. 主任技術者と工事主任の役割と違い
  2. 施工管理技士になるための方法
  3. 工事主任や主任技術者に対するよくある質問
  4. まとめ

この記事を読めば、工事現場にはどのような技術者が必要なのかも、よく分かりますよ。興味がある人はぜひ読んでみてくださいね。


【必見】ビルメンに必要な上位資格を取る! 種類やメリットを詳しく!

ビルメンは不況知らずで、引く手あまたな職種として多くの人から注目を集めています。しかし、専門職として活躍するためには、上位資格を取得しておくことがおすすめです。上位資格があれば、自分の希望に近い働き方を選びやすくなり、給与条件も期待できます。今回は、ビルメンに必要な上位資格について、種類やメリットを含め、詳しく解説しましょう。

  1. ビルメンとは?
  2. ビルメンに必要な資格とは?
  3. ビルメンの上位資格とは?
  4. ビルメンの上位資格の取得について
  5. ビルメンの上位資格に関するよくある質問

この記事を読むことで、ビルメンの上位資格についての基本が身につき、取得に必要なことが理解できます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。


学校環境衛生基準や学校環境衛⽣管理マニュアルとはどのようなもの?

学校環境衛生基準とは、文部科学省が定める学校の環境に対する基準です。学校は、多くの人々が長時間過ごす施設のため、空気・照明・騒音・室温などが適切に保たれていないと、使用者の健康を損ねることもあるでしょう。そのため、文部科学省では学校環境衛⽣管理マニュアルを作成し、学校環境衛生基準を分かりやすく解説しています。

今回は、学校環境衛生基準について解説しましょう。

  1. 学校環境衛生基準の基礎知識
  2. 学校環境衛生の課題などについて
  3. 大規模な建物として学校の衛生管理をする場合
  4. 学校環境衛生基準に対するよくある質問

この記事を読めば、学校の環境などを守る職務についてもよく分かります。建築物環境衛生管理技術者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。


シックハウス症候群の原因、室内空気汚染物質とは? 調査方法はあるの?

室内空気汚染物質とは、文字どおり空気中にあって健康に悪影響を与える物質のことです。一時期大きな問題となったシックハウス症候群も、室内空気汚染物質が原因となっています。現在の建物は気密性が高いので、室内空気汚染物質が空気中に放出されていれば、人体にも影響が出やすいでしょう。そのため、不特定多数の人が利用する建物では、定期的に空気の検査をすることが義務づけられています。

そこで、今回は室内空気汚染物質の種類や調査方法、調査する職務などを解説しましょう。

  1. 室内空気汚染物質の基礎知識
  2. 室内空気汚染物質の測定について
  3. 建築物環境衛生管理技術者について
  4. 室内空気汚染物質の調査に対するよくある質問

この記事を読めば、建物の環境を整える仕事についてもよくわかりますよ。建築物環境衛生管理技術者の資格取得を目指す方も、ぜひ読んでみてくださいね。


【解説】誘導灯の設置基準とは? 必要性や種類・消防設備士について

誘導灯とは、急な災害時に避難がしやすいよう、避難口や避難方向を指示するための照明設備を指しています。多くは避難口に通じる通路に設置されており、非常時には誘導灯が指し示す方向を辿(たど)ることで、避難口にたどり着くことができるのです。重要な誘導灯だからこそ、設置基準が定められています。さらに、誘導灯の設置や点検に役立つ資格を取得したほうが、スムーズに作業ができるでしょう。本記事では、誘導灯の基礎知識や種類・設置基準・設置や点検・消防設備士の資格について説明します。

  1. 誘導灯の基礎知識
  2. 誘導灯の種類
  3. 誘導灯の設置基準
  4. 誘導灯の設置や点検について
  5. 消防設備士について
  6. 誘導灯と関連資格に関してよくある質問

この記事を読むことで、誘導灯の設置基準や点検・関連資格などについて知ることができます。気になっている方はぜひ参考にしてください。


【必読】雑用水の水質検査とは? 必要項目と資格を詳しく解説します!

私たちの暮らしには、飲用水以外にも大量の水が使われています。たとえば、公園の噴水・トイレの洗浄水・清掃用水などです。こうした雑用水の水質検査は、一定の水質を維持するために行います。定期的に検査をしてきちんと管理することで、悪臭や雑菌・害虫の発生を防ぎ、快適に使用できるのです。今回は、雑用水の水質検査について詳しく解説します。

  1. 雑用水の水質検査とは
  2. 雑用水の水質検査を詳しく学ぼう
  3. 雑用水の水質検査とビル管理士について
  4. ビル管理士について知っておきたいこと
  5. ビル管理士の資格取得について
  6. 雑用水の水質検査に関するよくある質問

この記事を読むことで、雑用水の水質検査に関する基本を理解し、必要な資格取得に向けて適切な準備を進めることができます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。


建設業許可の申請方法について知りたい。どんな時に必要なの?

建設業許可とは、建設工事業種29種類に含まれる工事を行う際、国土交通省か都道府県知事に得なければならない許可のことです。建築業種29種類の中には、建築物を建てる工事だけでなく、電気工事や塗装工事・解体工事なども含まれます。つまり、建物に何らかの手を加える工事を行う場合は、建設業許可が必要と考えてよいでしょう。
今回は、建設業許可の申請方法や、許可を得るために必要な条件などを解説します。

  1. 建設業許可の基礎知識
  2. 建設業許可の申請について
  3. 建設業許可に対するよくある質問
  4. 終わりに

この記事を読めば、建設業許可の取得方法はバッチリわかるでしょう。建設業許可について詳しく知りたいという方は、ぜひ読んでみてくださいね。


給排水工事と設備に関係する資格をご紹介! 資格取得のコツとは?

給排水の工事は、私たちが生活するために必要な水を得るために重要なものです。給排水に必要な設備の管理や工事をするためには、資格を取得しなければなりません。一体、どのような資格の種類があるのでしょうか。本記事では、給排水工事の基礎知識や関係する資格・給水装置工事主任技術者の資格取得や勉強法について説明します。

  1. 給排水工事の基礎知識
  2. 給排水工事に関係する資格について
  3. 給水装置工事主任技術者の資格取得について
  4. 給水装置工事主任技術者資格の勉強法とは
  5. 給排水工事に関係する資格に関してよくある質問

この記事を読むことで、給排水工事や設備に関係する資格について知ることができます。資格取得を目指している方は、ぜひ参考にしてください。


残留塩素濃度の基準や測定方法を知りたい! 職務に必要な資格は?

残留塩素濃度とは、水道水の中に残っている塩素のことです。塩素には強い殺菌作用があり、ほぼすべての細菌に効果があります。そのため、日本では水道法という法律に沿って水道水に消毒用塩素を添加しているのです。残留塩素濃度が多すぎれば人体に有害ですし、少なければ短時間で細菌が繁殖して食中毒の原因となります。

今回は、残留塩素濃度の基準や測定方法を解説しましょう。

  1. 残留塩素に対する基礎知識
  2. 残留塩素濃度の測定について
  3. 水質検査が職務に含まれる資格について
  4. 残留塩素濃度に対するよくある質問

この記事を読めば、施設の水道を安全かつ衛生的に使用し続けるために必要なことも、よくわかりますよ。設備管理の仕事に就いている方も、ぜひ読んでみてください。