カテゴリー:公害防止管理者

【注目】公害防止統括者って何?職務内容や資格取得まで完全網羅!

環境への配慮やエコへの意識が高まりつつある今、公害防止統括者に注目が集まっています。しかし、公害防止統括者とはどのようなものなのか、よくわからない人が多いのも事実です。そこで、今回は公害防止統括者について詳しく解説をしています。公害防止統括者について知りたい人、公害防止に関する資格取得に興味がある人には役に立つ内容ですよ。

  1. 公害について
  2. 公害防止統括者について学ぼう
  3. 公害防止統括者の選任義務について
  4. 公害防止統括者に関連する「管理者」とは
  5. 公害防止管理者・公害防止主任管理者の資格取得について
  6. 公害防止統括者に関するよくある質問に回答

記事を読んだ人は、公害防止統括者だけでなく公害防止管理者や公害防止主任管理者についての知識も同時に身に付けることができます。また、資格取得のための試験に関する情報や勉強法のコツなども知ることができて有益です。公害防止統括者を目指す人は、ぜひ読んでくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

公害防止主任管理者に合格する!~国家試験情報からオススメ教材まで

将来的な転職を考えて、資格試験を目指している…という方は大勢いらっしゃるでしょう。資格はまさに転職における最大の武器です。そこで、こちらでは近年、人気が高まっている資格−公害防止主任管理者の詳細を解説することにしました。

  1. 公害防止主任管理者とは?
  2. 公害防止主任管理者の選任義務とは?
  3. 公害防止管理者には13種類が存在する!?
  4. 公害防止管理者の国家試験情報を知りたい!
  5. 公害防止管理者の資格認定講習とは?
  6. 公害防止管理者の資格を取得するための勉強法は?
  7. 公害防止管理者の資格にまつわるQ&A

国家試験のデータはもちろん、合格するための勉強法、オススメの教材…といったお役立ち情報が満載。さらに、公害防止管理者の各区分と、主な就業先まで網羅しています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

決定版!!水質汚濁防止法の内容とは?特定施設は何を指すの?

日本は世界有数の水に恵まれた国です。
しかし、一度水質が汚染されてしまえばそれを元通りにするのには、長い時間と手間と費用がかかります。
また、昭和40年代に日本各地で発生した公害は、水質汚染が原因なものが多かったのです。
そこで、今回は水質汚染を防ぐための法律、水質汚濁防止法についてご紹介しましょう。

  1. 水質汚濁防止法とは?
  2. 水質汚濁防止法の内容について
  3. 公害防止のエキスパート、公害防止管理者とは?
  4. 公害防止管理者の資格を取得の方法
  5. 水質汚濁防止法に関するよくある質問

水質汚濁防止法は、特に特定施設に勤務している方は目を通しおいた方がよいですね。
また、「知らなかった」では済まされない事態になる前に、法律をよく知り、対処法を覚えておく必要があります。
公害防止管理者を目指す方も、ぜひこの記事を読んでみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

必読!!大気汚染防止法や施行令とは?公害防止管理者の役割は何?

大気汚染とは、有害物質が空気中に溶けこんだ状態のことです。
最近ではPM2.5が話題になることが多いでしょう。
一度大気が汚染されてしまうと、解消するまでに長い時間と手間、そして費用がかかります。
また、空気は国境など関係ありませんから世界中に汚染が拡散されることもあるでしょう。
そこで、今回は大気汚染を予防する法律である大気汚染防止法や、大気汚染防止法やその補足となる大気汚染防止施行令についてご紹介します。

  1. 大気汚染防止法とは?
  2. 大気汚染防止法の内容とは?
  3. 黄砂とPM2.5 の扱いについて
  4. 公害防止管理者について
  5. 公害防止管理者になるには?
  6. 大気汚染防止法に関するよくある質問

大気汚染を防止するには、大気汚染の原因となる物質が発生してしまう場所の設備をしっかりと整えるのはもちろんのことですが、それ以外にもするべきことがあるのです。
この記事を読めば、大気汚染防止に必要なことが分かります。
公害防止管理者になりたい方もぜひこの記事を読んでみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

過去問の復習が大切!?公害防止管理者に合格するコツとは?

公害防止管理者とは、あまり聞きなれない資格です。
「そんな資格あったの?」と思う方もいるかもしれません。
しかし、大気や水を汚す可能性のある物質を排出する工場や施設、騒音や粉じんを出す施設には選任が義務づけられています。
今回は公害防止管理者の資格を取得する方法や勉強方法、過去問等の活用方法などをご紹介しましょう。
公害防止管理者は、特定の資格を取得していれば認定講習の受講で取得することも可能です。

  1. 公害防止管理者とはどんな資格?
  2. 公害防止管理者の資格を取得するメリット
  3. 公害防止管理者の資格を取得する方法
  4. 合格のための勉強方法
  5. 学習のコツ
  6. 合格までのスケジュール
  7. よくある質問

公害防止管理者はどちらかといえばマイナーな資格ですから、受験したい方は情報集めに苦労するかもしれません。
この記事には、公害防止管理者の種類や受験科目など皆様が必要としている情報がギュッと詰まっています。
ぜひ読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

徹底解析!活性炭の吸着メカニズムと公害防止効果

活性炭は効果が見直されている自然が生んだ公害防止グッズのひとつです。浄水やにおい取り、また毒物を誤って摂取したときの吸収剤としても活用できます。とはいえ、活性炭がどのように有害物質を吸収するのかはあまり知られていません。そこで、活性炭の吸収メカニズムとどのような公害防止効果を期待できるのかをご紹介します。

  1. 活性炭の性質
  2. 活性炭の吸着メカニズム
  3. 活性炭の吸着物質

このエントリーをはてなブックマークに追加

活性汚泥法とは何?活性汚泥法の原理と種類について詳しく解説!

公害防止管理者を目指す人には、活性汚泥法についての知識が必要です。
今回は、活性汚泥法について、原理や種類を中心に解説しましょう。

  1. 活性汚泥法とはどんなもの?
  2. 活性汚泥法の原理は?
  3. 活性汚泥法の種類には何がある?
  4. まとめ

この記事を読むことで、活性汚泥法に対する理解を深めることができますよ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

土壌汚染対策法とはどんな法律?土壌汚染を防ぐことはできるの?

土壌汚染とは、文字どおり土に有害な物質は染みこんでしまうことです。
土壌汚染が発生すると、その土地が長期間使用不可能になることも珍しくありません。
今回は土壌汚染を防止する方法や土壌汚染対策法などについてご紹介します。
土壌汚染は大気や水の汚染よりも分かりにくいため、発見が遅れることも珍しくありません。
では、どのように土壌の状態を調査すれば汚染を未然に防げるのでしょうか?
それは、この記事を読めば分かりますよ。

  1. 土壌汚染とは?
  2. 土壌汚染はなぜ起こる?
  3. 土壌汚染を防ぐ方法とは?
  4. 土壌汚染調査をする方法とは?
  5. 個人でも土壌汚染調査は行えるの?
  6. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

公害防止管理者の年収や仕事内容とは?誰でも取得できるの?

公害防止管理者とは、特定の工場や騒音を出す場所などで、空気や水、そして騒音などの検査をしたり、環境の改善を提案したりする資格です。
特定の工場では、公害防止管理者を選任することを義務付けられています。
そこで、今回は公害防止管理者の年収や仕事内容をご紹介しましょう。
公害防止管理者は、会社が資格取得を勧めてくる場合もあります。
ですから、取っておいて損はない資格ですが、転職や就職には役に立つのでしょうか?
今回はそのあたりのこともご紹介します。
公害防止管理者の資格取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 公害防止管理者とは?
  2. 公害防止管理者の仕事内容や年収とは?
  3. 公害防止管理者の難易度と合格率とは?
  4. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

公害防止管理者の勉強に使いたい参考書~人気テキストと独学の限界~

公害防止管理者を目指している方は、参考書などを買って自分で勉強しているかと思います。しかし、たくさんある参考書の中でどれを選べばいいのか迷っている方も多いはず。そこで、今回は大気・水質系に絞って人気参考書をご紹介します。

  1. 公害防止管理者の人気参考書
  2. 独学で見えてくる限界とは
  3. 合格に役立つSATの教材とは?
  4. まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加