カテゴリー:公害防止管理者

公害防止管理者にはどのような種類があるの? 大気や水質の他には?

公害防止管理者とは、公害を発生させる可能性のある工場や施設などに常駐し、大気・水・振動・騒音などの検査を行える資格です。公害は一度発生してしまうと収束までに長い時間がかかるうえ、被害も甚大になります。そのため、公害を発生させる可能性がある施設では、公害防止管理者の選任を義務づけているのです。

今回は、この公害防止管理者の種類について解説します。

  1. 公害防止管理者の役割や必要性
  2. 公害防止管理者の種類
  3. 公害防止管理者になるための方法
  4. 公害防止管理者に関するよくある質問

この記事を読めば、公害防止管理者の資格を取得する方法も分かることでしょう。公害防止管理者の資格取得を目指す方も、ぜひ読んでみてくださいね。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

公害防止管理者の就職先は? 仕事内容などと共に徹底解説します。

公害防止管理者とは、公害を発生させる可能性のある施設などで、公害を防止するための検査などを行うことができる資格です。製造業・電気供給業・ガス供給業などで公害を発生させる恐れのある施設に選任が義務付けられており、有資格者には一定の需要があります。資格を取得すれば転職はもちろんのこと、昇進や昇給にも有利でしょう。

今回は、公害防止管理者の就職事情や仕事内容をご紹介します。

  1. 公害防止管理者の基礎知識
  2. 公害防止管理者の就職先などについて
  3. 公害防止管理者を取得する方法
  4. 公害防止管理者に関するよくある質問

この記事を読めば、公害防止管理者の資格を取得するメリットもよく分かるでしょう。公害防止管理者の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてください。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

公害防止組織はどのようなもの? 選任に必要な資格や職務を解説します。

公害とは、事業活動や人の活動に伴って生ずる大気や水・土壌の汚染・騒音・振動・地盤沈下・悪臭などを指します。日本では昭和40年代~50年代まで各地で公害が深刻な問題となり、多く方が健康を害しました。現在は、大気汚染防止法や水質汚染防止法など、環境を守るための法律が整備され、それに基づいて各企業では公害防止管理者制度に基づいて組織を編成しなければなりません。

そこで、今回は公害防⽌管理制度に基づく公害を防止するための組織についてご説明しましょう。

  1. 公害防止管理者制度に基づく公害防止組織とは?
  2. 公害防止管理者とはどのような資格?
  3. 公害防止管理者の受験までの流れや勉強方法のコツ
  4. 公害防止組織・公害防止管理者に関するよくある質問

この記事を読めば、公害を防止するためのシステムについても分かります。公害防止管理者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

公害防止管理者の選任要件は? 押さえておくべきポイントを徹底解説!

公害防止管理者とは、大気汚染や水質汚染・騒音・振動などの公害を防止するために技術的な管理を行うことができる資格です。公害は、一度発生してしまうと収束させるまでに長い時間と高額な費用が必要になります。ですから、公害の発生を未然に防ぐために、水質や空気・騒音・振動の定期的な測定は欠かせません。公害を発生させる可能性がある一定規模の工場は、公害防止管理者の選任義務があります。

そこで、今回は公害防止管理者の選任要件についてご紹介しましょう。

  1. 公害防止管理者とはどのような資格?
  2. 公害防止管理者の選任要件とは?
  3. 公害防止管理者の選任届について
  4. ​公害防止管理者の資格を試験を受けて取得する方法
  5. 公害防止管理者の選任要件に関するよくある質問

この記事を読めば、資格を取得するメリットも分かりますよ。公害防止管理者の資格取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

特定工場の公害防止管理者とは? 資格の種類や試験概要をチェック!

工場から排出される物質・水・空気の中には、公害を引き起こす物質があります。有害物質を排出する工場=特定工場は、公害を防ぐための設備を整え、管理する者を置かなければなりません。公害を防ぐために必要な管理者のことを「公害防止管理者」といいます。公害防止管理者法に基づいた資格で、国家試験に合格しなければ取得できません。そこで、本記事では、特定工場の公害防止管理者とは何なのか、資格概要・取得方法について詳しく説明します。

  1. 特定工場の公害防止管理者について
  2. 特定工場の公害防止管理者に必要な資格
  3. 公害防止管理者の資格取得について
  4. 公害防止管理者に関してよくある質問

この記事を読むことで、特定工場の公害防止管理者になるために必要な情報が入手できます。特定工場の公害防止管理者について知りたい方や資格試験を考えている方は必見です。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

【完全理解】騒音規制法の基準は何? 資格試験対策もバッチリ伝授!

騒音は、私たちの暮らしの質を落とす大きな原因です。特に大規模工場の周辺では、騒音による苦情があると企業活動にも影響します。そのため、企業は騒音規制法に従って、適切な対策する必要があるのです。そこで、騒音規制法についての正しい知識を持った人材として公害防止管理者の資格取得者が必要となります。今回は、騒音規制法の基準などの基本を学ぶとともに、公害防止管理者の資格試験対策もしっかり解説することにしましょう。将来の仕事として考えている人も、資格取得を具体的に考えている人も、ぜひ読んでみてください。

  1. 騒音規制法について
  2. 騒音規制法の対象とは
  3. 騒音規制法の決まりごとを学ぼう
  4. 騒音規制法に関係する資格について
  5. 騒音規制法についてよくある質問

記事を読み終えるころには、騒音規制法に関してエキスパートとなっていることでしょう。企業にとって騒音規制法の対策は、重要かつ急務です。必要な人材となって活躍するためにも、ぜひ記事の内容を参考にして資格取得にチャレンジしてください。一生仕事に困らないためにも、資格取得は大きなメリットがありますよ。そのためにも、まずは記事をじっくり読んで基本的な知識を身に付けてください。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

【注目】公害防止統括者とは? 職務内容や資格取得のコツまで完全網羅!

環境への配慮やエコへの意識が高まりつつある今、公害防止統括者に注目が集まっています。しかし、公害防止統括者とはどのようなものなのか、よくわからない人が多いのも事実です。そこで、今回は公害防止統括者について詳しく解説をしています。公害防止統括者について知りたい人、公害防止に関する資格取得に興味がある人には役に立つ内容ですよ。

  1. 公害について
  2. 公害防止統括者について学ぼう
  3. 公害防止統括者の選任義務について
  4. 公害防止統括者に関連する「管理者」とは
  5. 公害防止管理者・公害防止主任管理者の資格取得について
  6. 公害防止統括者に関するよくある質問に回答

記事を読んだ人は、公害防止統括者だけでなく公害防止管理者や公害防止主任管理者についての知識も同時に身に付けることができます。また、資格取得のための試験に関する情報や勉強法のコツなども知ることができて有益です。公害防止統括者を目指す人は、ぜひ読んでくださいね。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

公害防止主任管理者に選任されるには? 必要な国家試験やおすすめ教材を紹介!

将来的な転職を考えて、資格試験を目指している…という方は大勢いらっしゃるでしょう。資格はまさに転職における最大の武器です。そこで、こちらでは近年、人気が高まっている資格−公害防止主任管理者の詳細を解説することにしました。

  1. 公害防止主任管理者とは?
  2. 公害防止主任管理者の選任義務とは?
  3. 公害防止管理者には13種類が存在する!?
  4. 公害防止管理者の国家試験情報を知りたい!
  5. 公害防止管理者の資格認定講習とは?
  6. 公害防止管理者の資格を取得するための勉強法は?
  7. 公害防止管理者の資格にまつわるQ&A

国家試験のデータはもちろん、合格するための勉強法、オススメの教材…といったお役立ち情報が満載。さらに、公害防止管理者の各区分と、主な就業先まで網羅しています。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

決定版!!水質汚濁防止法の内容とは?特定施設は何を指すの?

日本は世界有数の水に恵まれた国です。
しかし、一度水質が汚染されてしまえばそれを元通りにするのには、長い時間と手間と費用がかかります。
また、昭和40年代に日本各地で発生した公害は、水質汚染が原因なものが多かったのです。
そこで、今回は水質汚染を防ぐための法律、水質汚濁防止法についてご紹介しましょう。

  1. 水質汚濁防止法とは?
  2. 水質汚濁防止法の内容について
  3. 公害防止のエキスパート、公害防止管理者とは?
  4. 公害防止管理者の資格を取得の方法
  5. 水質汚濁防止法に関するよくある質問

水質汚濁防止法は、特に特定施設に勤務している方は目を通しおいた方がよいですね。
また、「知らなかった」では済まされない事態になる前に、法律をよく知り、対処法を覚えておく必要があります。
公害防止管理者を目指す方も、ぜひこの記事を読んでみてください。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

【必読】大気汚染防止法施行令とは?公害防止管理者の役割を解説!

大気汚染とは、有害物質が空気中に溶けこんだ状態のことです。
最近ではPM2.5が話題になることが多いでしょう。
一度大気が汚染されてしまうと、解消するまでに長い時間と手間、そして費用がかかります。
また、空気は国境など関係ありませんから世界中に汚染が拡散されることもあるでしょう。
そこで、今回は大気汚染を予防する法律である大気汚染防止法や、大気汚染防止法やその補足となる大気汚染防止施行令についてご紹介します。

  1. 大気汚染防止法とは?
  2. 大気汚染防止法の内容とは?
  3. 黄砂とPM2.5 の扱いについて
  4. 公害防止管理者について
  5. 公害防止管理者になるには?
  6. 大気汚染防止法に関するよくある質問

大気汚染を防止するには、大気汚染の原因となる物質が発生してしまう場所の設備をしっかりと整えるのはもちろんのことですが、それ以外にもするべきことがあるのです。
この記事を読めば、大気汚染防止に必要なことが分かります。
公害防止管理者になりたい方もぜひこの記事を読んでみてください。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア