カテゴリー:労働安全コンサルタント

労働安全コンサルタントの年収や給料は?取得方法と共に解説します。

労働安全コンサルタントとは、建設現場など作業に危険が伴いがちな職場や労働災害が発生した現場などに赴き、安全計画や安全指導の実施・労働改善計画の作成を行う、などの職務を行える国家資格です。職場の安全管理は、基本的に安全管理者が行います。しかし、安全管理者では職務が十分に全うできないと感じられたり、新しい技術を導入したりした場合は、外部から労働安全コンサルタントを招き、指導を行ってもらう会社が多いのです。取得すると独立や転職にも大変有利に働く資格でもあります。

そこで、今回は労働安全コンサルタントの年収や給料・資格を取得するメリットや試験内容などをご紹介しましょう。

  1. 労働安全コンサルタントに関する基礎知識
  2. 労働安全コンサルタントの資格の難易度や受験資格について
  3. 労働安全コンサルタントの試験内容や日程などについて
  4. 労働安全コンサルタントの試験勉強とは
  5. 労働安全コンサルタントに関するよくある質問

この記事を読めば、労働安全コンサルタントの資格を取得するメリットや勉強のコツなども分かるでしょう。労働安全コンサルタントの資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

労働安全衛⽣法に基づく労働安全衛生診断とは? 受け方を紹介します。

労働安全衛生診断とは、労働災害を発生させた場合や労働安全衛⽣法78条第1項の規定に基づいて労働局長に安全衛生改善計画の作成を指示された時などに、受けるものです。労働安全・衛生コンサルタントによって行われ、事業者が望めばそのまま労働安全・衛生に関する指導も受けられます。

そこで、今回は労働安全衛生診断や労働安全衛生法についてご紹介しましょう。

  1. 労働安全衛生の基礎知識
  2. 労働安全衛生診断とは
  3. 労働安全衛生診断に関する資格について
  4. 労働安全衛生診断に関するよくある質問

この記事を読めば、労働安全衛生診断を依頼した方がよい場合が分かり、労働安全衛生法に関する知識も深まるでしょう。職場の安全管理や衛生管理に関わる仕事に就いている方は、ぜひこの記事を読んでみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業医になるには何が必要? 労働衛生コンサルタントの資格も詳しく!

企業が健全な状態で利益を上げ続けるためには、労働者が自分の仕事に打ち込んで成果を出すことが必要不可欠です。そのためにも、職場環境を整えたり健康管理をしっかり行ったりすることが必要となります。産業医は、労働者の健康を守るために必要な存在です。今回は、産業医について興味のある人のために、資格概要や取得の方法について詳しく解説します。また、関連資格として労働衛生コンサルタントの取得についても学んでください。必ず役に立つことでしょう。

  1. 産業医とは
  2. 産業医を置くべき職場について
  3. 産業医と労働衛生コンサルタントの違い
  4. 産業医の資格について
  5. 産業医の資格に関するよくある質問に回答します!

記事を読んだ人は、産業医に関して深く理解することができます。具体的な取得方法についても自分がどんな方法を選ぶべきかわかることでしょう。なお、労働衛生コンサルタント資格を取ることで産業医としての仕事にプラスに働きます。将来性を考えても、損はありません。まずは、記事をじっくり読んで詳細を学んでください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

【絶対合格】労働安全コンサルタントの口述試験対策を徹底解説!

企業にとって、労働者の安全管理を徹底することは義務です。しかし、適切に管理をしたり改善をしたりするためには、専門の知識を持った労働安全コンサルタントが必要になります。そこで、労働安全コンサルタントについて知りたい人のために、資格の概要や試験について詳しくまとめました。特に、労働安全コンサルタントの口述試験対策を中心として合格するために必要な知識を解説します。本気で労働安全コンサルタントの資格を取得したい人は、ぜひ読んでみてください。

  1. 労働安全コンサルタントとは
  2. 労働安全コンサルタントの資格について
  3. 労働安全コンサルタントの試験について
  4. 労働安全コンサルタント試験の口述試験とは
  5. 労働安全コンサルタントに関するよくある質問

記事を読んだ人は、労働安全コンサルタントの試験対策で有利になります。特に、口述試験が不安な人にとっては役に立つ内容です。試験に合格するためには、何よりも自信を持って臨むことが大切と言えます。基本を身に付けておくと、試験本番も自信を持って臨むことができて有益ですよ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

労働安全衛生法とは?関連する資格の取得方法や試験内容について

労働者が安心して働くためには、職場の安全と労働者の健康を確保しなければなりません。そこで、重要ポイントになってくるのが「労働安全衛生法」です。労働者にかかわらず、会社・営業所を運営する方たちにとっても知っておかなければならない法律になります。では、労働安全衛生法とは一体どんな法律なのでしょうか。これから、労働安全衛生法の基礎知識や有資格者・資格試験など詳しく説明します。

  1. 労働安全衛生法(労安法)とは
  2. 労働安全衛生法が定める労働安全衛生規則とは
  3. 労働安全衛生法が定める労働衛生計画とは
  4. 労働安全衛生法の改正とストレスチェックの義務化について
  5. 労働安全衛生法が定める有資格者について
  6. それぞれの資格についての詳細
  7. 労働安全衛生法に関してよくある質問

この記事を読むことで、労働安全衛生法の知識を身につけることができます。労働安全衛生法に基づく資格を取得したい方は、ぜひチェックしてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

労働災害とは何か?~労働安全コンサルタントの資格取得法も解説!

工場が最も恐れているものは、労働災害です。実際、大規模な工場では安全管理を行うための監督者を置かなければいけません。

また、世の中には工場の外側から安全管理をサポートする労働安全コンサルタントという資格も存在します。

そこで、こちらでは労働災害の基礎知識に加えて、労働安全コンサルタントになるための方法も掲載することにしました。

  1. 工場・作業場における最大の問題~労働災害とは?
  2. 労働災害を防ぐための法律~労働安全衛生法とは?
  3. 労働者を保護する制度~労働者災害補償保険とは
  4. 労働災害防止の要(かなめ)~労働安全コンサルタント
  5. 労働安全コンサルタントになるには~資格試験の概要
  6. 労働安全コンサルタントになるための勉強法は?
  7. 労働安全コンサルタントに関するFAQ

労働災害を防止するスペシャリストを目指すなら、まずはこのページを読んでください。労働安全コンサルタントの重要性、そして資格取得の極意が見えてくるはずです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

【必見!】労働安全コンサルタントの資格試験に合格する裏ワザ!

機械工業、電気工業など、さまざまな分野で最重視されているのは、やはり安全管理です。近年は労働者の安全を守ることが重視されており、安全管理部門の存在感は高まるばかりといえます。

そこで、こちらでは工業における安全管理のスペシャリスト−労働安全コンサルタント資格について解説することにしました。知名度こそ高くありませんが、管理部門におけるキャリアを積んだり、安全管理に関するコンサルタント業務を行ったりするために役立つ資格です。

  1. 労働安全コンサルタントとは?
  2. 労働安全コンサルタントの仕事を具体的に知りたい!
  3. 労働安全コンサルタントの資格試験情報!
  4. 労働安全コンサルタント国家試験に合格する方法は?
  5. 労働安全コンサルタントにまつわるよくある質問

転職を考えている方も、独立開業を検討している方も、まずは資格を取得することが第一。このページを読めば、労働安全コンサルタントになるための最短距離が見えてくるはずです。


このエントリーをはてなブックマークに追加