カテゴリー:建築施工管理技士

施工管理の志望動機を上手に書くコツとは?~働くために必要な知識~

建築業における品質管理・安全管理・原価管理・工程管理などの作業を、あわせて「施工管理」と言います。施工管理はスムーズに建築作業を行う必要不可欠な部分です。施工管理がうまくいかなければ、工期どおりにいかず、予算がオーバーするなどのさまざまな不具合が起きてしまいます。大切な施工管理が行えるのは、国家資格である施工管理技士を取得している者だけです。資格を取得すれば、施工管理技士として働けますが、志望動機に何を書けばいいのか悩みますよね。しかし、きちんと書かなければ採用されず、施工管理技士として働くことができません。そこで、本記事では、施工管理の基礎知識から施工管理技士の資格・就職・志望動機の例文などについて説明します。

  1. 施工管理について
  2. 施工管理技士に必要な資格とは
  3. 施工管理の就職について
  4. 施工管理の志望動機について
  5. 施工管理に関してよくある質問

この記事を読むことで、施工管理の資格や志望動機の書き方などについて知ることができます。働きたい方や志望動機の書き方で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。


施工管理の仕事が激務と言われる理由は? 仕事内容や種類について

建設業は、2020年の東京オリンピックに向けて活発化しています。建設業が盛り上がりを見せつつある今、現場において重宝されているのが「施工管理」に就く者です。施工管理は、建設現場において、全体を把握しつつも、品質管理・安全管理・施工スケジュール調整など全体の監督を行います。非常にやりがいのある施工管理ですが、体力面・精神面での負担が大きく、激務だと言われているのです。しかし、本当に激務で大変な仕事なのでしょうか。そこで、本記事では、施工管理の基礎知識から仕事内容・激務と言われる理由・必要な資格などについて説明します。

  1. 施工管理とは
  2. 施工管理の仕事内容とは
  3. 施工管理が激務と言われる理由
  4. 施工管理に必要な資格とは
  5. 施工管理に関してよくある質問

この記事を読むことで、施工管理の仕事内容や必要な資格などについて知ることができ、激務と言われる理由が分かります。気になっている方は、ぜひチェックしてください。


平成30年度新設! 電気通信工事施工管理技術検定の内容や取得のメリット

電気通信工事施工管理技術検定とは、30年ぶりに国土交通省が追加を検討している技術検定です。この検定に合格すれば、電気通信工事施工管理技士の資格を取得できます。電気通信工事に関しては、工事量は増加しているのに監理技術者は逆に減少傾向にあったため、技術者不足が問題になっていました。取得すれば、電気通信工事の技術が証明できるだけでなく、転職などにも大変有利になることでしょう。

今回は、電気通信工事施工管理技術検定について、現時点で分かっている試験内容や受験資格などを解説します。

  1. 電気通信工事とはどのような工事?
  2. 電気通信工事施工管理技術検定が制定される理由
  3. 電気通信工事施工管理技術検定について

この記事を読めば、来年度以降に電気通信工事施工管理技術検定を受ける場合の参考にもなることでしょう。電気通信工事施工管理技士の資格に興味がある方は、ぜひ読んでみてくださいね。


工事現場の安全対策はどのように行う? 安全管理を担う役職とは?

工事現場とは、建築物を作ったり解体したりする現場のことです。重機などを多数使用する大規模な現場ほど、労働災害が起こる可能性も高くなるでしょう。そのため、工事現場の安全対策は数ある職場の中でも、特に入念に行われているのです。安全対策がしっかりと行われている職場ほど、従業員にとって働きやすい職場といえるでしょう。しかし、自分が働いている職場の安全対策がきちんと行われているか、よく分からないという方もいると思います。

そこで、今回は工事現場における安全管理の重要性や安全対策の内容について、解説しましょう。

  1. 工事現場とはどんな場所?
  2. 工事現場の安全対策について
  3. 工事現場の安全対策の行い方
  4. 工事現場の安全管理に対するよくある質問

この記事を読めば、安全対策の重要性もよく分かりますよ。職場で安全管理を担う職務に就いている方も、ぜひ読んでみてくださいね。


監理技術者を配置しなければならない場所や選任条件を徹底解説!!

監理技術者とは、工事現場において一定の技術水準を確保しておくために配置される技術者のことです。施工計画の作成や品質管理・安全管理・技術者の監督業務などが主な仕事で、一定以上の規模を持つ工事現場には必ず選任が義務づけられています。監理技術者に選任されるだけの資格を取得することができれば、昇進や昇給ものぞめるでしょう。

そこで、今回は監理技術者を配置しなければならない工事現場の基準や、選任するための条件をご紹介します。

  1. 監理技術者の基礎知識
  2. 監理技術者になるためのステップについて
  3. 監理技術者の選任などに関するよくある質問

この記事を読めば、監理技術者に選任されるメリットや選任条件を満たす方法も分かるでしょう。各種施工管理技士の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。


現場監督になるために必要な資格は? 取り方と種類を知りたい方必見

現場監督とは、土木工事や建築工事の現場で施工管理や安全管理、技術的な指導などを行う役職のことです。一定規模の工事現場では、主任技術者や監理技術者の選任が義務づけられており、選任者が現場監督を行います。現場監督になることができれば、昇進や昇給ものぞめるでしょう。

そこで、今回は建築現場の現場監督になるために必要な資格などをご紹介します。

  1. 現場監督についての基礎知識
  2. 現場監督になるための方法は?
  3. 現場監督に関係する資格について
  4. 現場監督に関するよくある質問

この記事を読めば、現場監督になる方法がよく分かることでしょう。建築士や各種施工管理技士の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。


建築施工管理技士の資格を取得したい。講習など勉強方法を解説します。

建築施工管理技士とは、建物そのものを造る工事から内装に至るまで、建設工事すべての施工計画を立案し、施工管理や安全管理を行うことのできる資格です。また、建設施工管理技士の資格を取得すれば、工事現場に必ず配置しなければならない主任技術者や監理技術者にもなることができます。

今回は、建築施工管理技士の資格を取得する方法や、講習の内容・参加するメリットなどをご紹介しましょう。

  1. 建築施工管理技士の基礎知識
  2. 建築工事施工管理士の受験資格について
  3. 建築施工管理技士の資格を取得する方法
  4. 建設工事施工管理技士に関するよくある質問

この記事を読めば、建築施工管理技士の資格を取得するプロセスやコツも分かります。建築施工管理技士の資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


建設業法で建設業の許可を得るために必要とされる専任技術者とは?

専任技術者とは、建築業者が新たに建設業許可を得て営業所を開く時、必要となる技術者です。営業所を開設した後も、そこに常勤して営業所が請け負った工事の見積書を作成するなど、技術的なサポートをします。建築業には欠かせない技術者であり、専任技術者になることのできる条件を満たせば、転職にも有利です。

そこで、今回は建設業法で定められている専任技術者の職務や、専任技術者になる方法をご紹介します。

  1. 専任技術者とは?
  2. 専任技術者の役割や労働条件・選任要件
  3. 専任技術者になるための方法
  4. 専任技術者になるメリットや資格取得の方法
  5. 専任技術者に関するよくある質問

この記事を読めば、専任業者になることができる資格なども分かるでしょう。専任業者についての知識を得たいという方やなる方法を知りたいという方は、ぜひ読んでみてくださいね。


監理技術者や主任技術者になりたい方必見! 必要な資格を紹介します。

主任技術者や監理技術者は、建築業許可を受けている業者が工事を行う際、すべての現場に選任しなければならない技術者です。ですから、この2つの資格を取得していると転職や就職に非常に有利になるでしょう。主任技術者や監理技術者になるために実務経験を積み、資格取得を目指す方もたくさんいます。

そこで、今回は主任技術者や監理技術者になることができる資格や、取得方法をご紹介しましょう。

  1. 主任技術者・監理技術者の基礎知識
  2. 監理技術者や主任技術者になる方法
  3. 主任技術者や監理技術者になるメリット
  4. 資格取得の方法
  5. 監理技術者・主任技術者に関するよくある質問

この記事を読めば、勉強のコツなども分かりますよ。各種主任技術者・施工管理技士・技術士の資格取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


建築施工管理技士を目指す方必見!難易度や過去問の活用法を徹底解説

建築施工管理技士とは、国家資格である施工管理技士の一種です。鉄筋工事・大工工事・内装仕上げ工事などの建築工事の施工管理・安全管理などを行えます。1級と2級があり、1級は大規模な工事を扱える資格です。2級は小規模な工事を扱います。建築業界で働き続けるためには、ぜひとも取得しておきたい資格の一つです。

そこで、今回は建築施工管理技士の取得方法や難易度・過去問を勉強する重要性などをご紹介しましょう。

  1. 建築施工管理技士の基礎知識
  2. 建築施工管理技士の受験資格・試験内容などについて
  3. 試験対策と過去問の重要性
  4. 建築施工管理技士に関するよくある質問

この記事を読めば、建設施工管理技士の資格を取得するメリットや勉強方法などがよく分かります。建設施工管理技士を目指している方は、ぜひ小読んでみてくださいね。