カテゴリー:建築施工管理技士

建設業法で建設業の許可を得るために必要とされる専任技術者とは?

専任技術者とは、建築業者が新たに建設業許可を得て営業所を開く時、必要となる技術者です。営業所を開設した後も、そこに常勤して営業所が請け負った工事の見積書を作成するなど、技術的なサポートをします。建築業には欠かせない技術者であり、専任技術者になることのできる条件を満たせば、転職にも有利です。

そこで、今回は建設業法で定められている専任技術者の職務や、専任技術者になる方法をご紹介します。

  1. 専任技術者とは?
  2. 専任技術者の役割や労働条件・選任要件
  3. 専任技術者になるための方法
  4. 専任技術者になるメリットや資格取得の方法
  5. 専任技術者に関するよくある質問

この記事を読めば、専任業者になることができる資格なども分かるでしょう。専任業者についての知識を得たいという方やなる方法を知りたいという方は、ぜひ読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

監理技術者や主任技術者になりたい方必見! 必要な資格を紹介します。

主任技術者や監理技術者は、建築業許可を受けている業者が工事を行う際、すべての現場に選任しなければならない技術者です。ですから、この2つの資格を取得していると転職や就職に非常に有利になるでしょう。主任技術者や監理技術者になるために実務経験を積み、資格取得を目指す方もたくさんいます。

そこで、今回は主任技術者や監理技術者になることができる資格や、取得方法をご紹介しましょう。

  1. 主任技術者・監理技術者の基礎知識
  2. 監理技術者や主任技術者になる方法
  3. 主任技術者や監理技術者になるメリット
  4. 資格取得の方法
  5. 監理技術者・主任技術者に関するよくある質問

この記事を読めば、勉強のコツなども分かりますよ。各種主任技術者・施工管理技士・技術士の資格取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

建築施工管理技士を目指す方必見!難易度や過去問の活用法を徹底解説

建築施工管理技士とは、国家資格である施工管理技士の一種です。鉄筋工事・大工工事・内装仕上げ工事などの建築工事の施工管理・安全管理などを行えます。1級と2級があり、1級は大規模な工事を扱える資格です。2級は小規模な工事を扱います。建築業界で働き続けるためには、ぜひとも取得しておきたい資格の一つです。

そこで、今回は建築施工管理技士の取得方法や難易度・過去問を勉強する重要性などをご紹介しましょう。

  1. 建築施工管理技士の基礎知識
  2. 建築施工管理技士の受験資格・試験内容などについて
  3. 試験対策と過去問の重要性
  4. 建築施工管理技士に関するよくある質問

この記事を読めば、建設施工管理技士の資格を取得するメリットや勉強方法などがよく分かります。建設施工管理技士を目指している方は、ぜひ小読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

合格したい方必見! 1級建築施工管理技士の実地試験について学ぼう!

1級建築施⼯管理技⼠や2級建築施工管理技士の資格を獲得したいと考えていても、実地試験の内容がよく分からずに悩んでいる方が多いようです。資格獲得を目指している方の多くは、仕事で必要になったという方がほとんどでしょう。できることなら、1発で合格して仕事をスムーズに進めたいところですよね。そこで、今回は建築施工管理技士の実地試験について中心にご紹介します。

  1. 建築施工管理技士の基礎知識
  2. 建築施工管理技士の学科試験・実地試験について
  3. 2級建築施工管理技師の実地試験内容
  4. 1級建築施⼯管理技⼠の実地試験内容
  5. 建築施工管理技士の実地試験対策について
  6. 建築施工管理技士にまつわるQ&A

これらの記事を読むことで、建築施工管理技士の実地試験や学科試験など、基礎的な知識を得ることができます。実地試験の対策方法についてもご紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

【疑問解決】建築施工管理技士の転職や再就職の状況を詳しく解説!

どんなに良い建築設計を行っても、実際に図面どおりに建築が進まなければ意味がありません。建築は実際にできあがってこそ価値があるのです。特に、大規模な工事だったり公共性が高くて重要な工事だったりする場合は、きちんと施工管理をしながら建築を進めていく必要があります。国家資格のひとつである建築施工管理技士は、建築物の施工管理を行うプロです。今回は、建築施工管理技士の職場や転職・再就職などの情報を中心に、資格取得のために必要な内容も含めて詳しく解説します。建築施工管理技士に興味がある人は、ぜひご覧ください。

  1. 建築施工管理技士の職場について
  2. 建築施工管理技士の転職について
  3. 建築施工管理技士の資格取得について解説
  4. 建築施工管理技士の就職・再就職でよくある質問

記事を読んだ人は、建築施工管理技士の就職・再就職に詳しくなるだけでなく、資格取得のためには何が大切かについても深く理解することができます。建築施工管理技士になるためには、試験に合格することが必要です。まずは、最後まで記事をよく読んで合格のための近道をみつけてください。資格取得を目指す人にも必ず役に立つ内容ですよ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

建築施工管理技士の実務経験・受験資格とは?資格の詳細をチェック!

「建築施工管理技士を取得したいけど、勉強方法がわからない」など、資格試験に悩んでいる方は多いでしょう。国家資格の1つである建築施工管理技士は、建築関連の中でも企業や工事現場などで重宝される資格です。有資格者はさまざまな場面で役立つでしょう。難易度は「普通~易しい」になっていますが、甘く見てはいけません。きちんと資格内容を理解し、勉強しなければ合格は無理です。一発合格を目指すためにも、建築施工管理技士について詳しく把握しておきましょう。本記事では、建築施工管理技士の基礎知識やメリット・実務経験・試験内容など詳しく説明します。

  1. 建築施工管理技士の基礎知識
  2. 建築施工管理技士のメリット
  3. 建築施工管理技士受験資格の実務経験について
  4. 建築施工管理技士の試験について
  5. 建築施工管理技士の試験勉強について
  6. 建築施工管理技士に関してよくある質問

この記事を読むことで、建築施工管理技士の試験に合格するための必要な情報を知ることができます。建築施工管理技士について知りたい方や資格取得を考えている方は、ぜひチェックしてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

建築・土木関連の資格について知りたい方必見!資格概要や試験について

「スキルアップしたいから」「仕事に役立つものだから」など、土木・建築関連の資格取得を考えている方は多いでしょう。資格は専門知識を習得しているあかしになるので、就職・転職・給料などあらゆる面でメリットが生まれます。土木・建築関連でも資格は多種多様です。求めている資格を取得するためには、まず、資格の基本知識や種類について知らなければなりません。そこで、本記事では、土木・建築関連の資格とは何なのか、資格の概要や試験など詳しく説明します。

  1. 建築の資格とは
  2. 建築施工管理技士について
  3. 管工事施工管理技士について
  4. 土木施工管理技士について
  5. 建築機械施工技士について
  6. 電気工事施工管理技士について
  7. 土木・建築に関してよくある質問

この記事を読むことで、土木・建築関連の資格を取得するために必要な情報を知ることができます。土木・建築関連の資格を取得したい方は、ぜひ参考にしてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

【必見】1級建築施工管理技士の資格とは?難易度や試験内容について

「職場で必要な資格だと言われた」「スキルアップしたい」「就職に必要だから」など、1級建築施工管理技士の取得を考えている人は多いでしょう。1級施工管理技士は国家資格の1つです。せっかく受験するのなら1発で合格してすぐにでも1級施工管理技士として働きたいでしょう。そこで、1級施工管理技士を取得するために知っておくべき知識や資格取得対策について説明します。

  1. 建築施工管理技士の基礎知識
  2. 1級建築施工管理技士の資格について
  3. 1級建築施工管理技士の受験について
  4. 1級建築施工管理技士の受験対策と学習方法
  5. 1級建築施工管理技士の合格までのスケジュール
  6. 1級建築施工管理技士の更新について
  7. 1級建築施工管理技士に関してよくある質問

この記事を読めば、1級建築施工管理技士を取得するために必要な知識、試験対策について知ることができます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

施工管理とはどのような仕事?就くために必要な資格をご紹介します!

施工管理とは、建築業における工程管理、安全管理、品質管理、原価管理などの作業の総称です。
施工管理がうまくいかないと工期がむだに伸びたり予算がオーバーしたりするでしょう。
また、施工管理が行える国家資格を施工管理技士といいます。
今回は、この施工管理とそれを行える資格についてご紹介しましょう。

  1. 施工管理とは?
  2. 施工管理技士になるには?
  3. 施工管理技士の試験対策とは?
  4. 施工管理技士に関するよくある質問

建築業は、さまざまな技術を持つ人々が協力してひとつの建物を作っていきます。
だからこそ、施工管理は重要であり、施工管理技士は建築現場に専任していなくてはなりません。
この記事を読めば、施工管理の重要性や施工管理技士の資格の種類、取得方法などが分かるでしょう。
施工管理の仕事に興味のある方や施工管理技士を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

山留工事の種類や工法とは?どんなものがあるの?

山留工事とは、地下を掘ったときに周囲の土が工事をしているところに流れ込まないように、周りの地面を固める工事です。
地下工事には必ず必要な工事ですから、種類もたくさんあります。
そこで、今回は山留工事の種類や工法についてご説明しましょう。
山留工事が不十分だったり工法が合っていなかったりすると、事故や工期の遅れにつながります。
ですから、土木工事にかかわる方は、必ず覚えておきましょう。
建築施工管理技士の資格取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 山留工事が必要は工事とは?
  2. 山留工事の種類とは?
  3. 山留工事の種類の選び方とは?
  4. 山留を作る人とは?
  5. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加