カテゴリー:建築物環境衛生管理技術者

特定建築物の定期報告とは? 定期報告書の内容や関連資格について

特定建築物とは、店舗・事務所・百貨店など面積が3,000㎡以上の建築物です。不特定多数の人が出入りする建築物は、老朽化や設備の不備などで大きな事故・災害につながるおそれがあります。安全・安心な建築物を維持しつづけるためには、定期調査と検査が必要です。定期調査・検査を行うたびに、定められたところへ報告しなければなりません。本記事では、特定建築物の基礎知識・定期報告・関連資格と講習について説明します。

  1. 特定建築物の基礎知識
  2. 特定建築物の定期報告について
  3. 特定建築物の定期報告に関わる資格について
  4. 特定建築物の定期報告に関する講習について
  5. 特定建築物の定期報告に関してよくある質問

この記事を読むことで、特定建築物の定期報告や関連資格・講習について知ることができます。資格取得を考えている方は、ぜひ参考にしてください。


ビルメンは女性でもなれるのか? 将来性・資格取得のメリットなど解説

ビルメンテナンスは、ビル・商業施設・工場などの建築物を使用し、維持・管理するために必要な作業を行うことです。省略して「ビルメン」と呼ばれており、男性だけでなく女性も活躍しています。まだ、女性ビルメンの数は少ないですが、十分に活躍していける職場です。しかし、昇給・昇格を目指すためには、ビルメンに役立つ資格が必要となるでしょう。そこで、本記事では、ビルメンの基礎知識・仕事と職場・女性のビルメン・おすすめの資格について説明します。

  1. ビルメンの基礎知識
  2. ビルメンの仕事・職場について
  3. 女性とビルメンについて
  4. ビルメンにおすすめの資格について
  5. 女性とビルメン、資格に関してよくある質問

この記事を読むことで、女性のビルメンについて知ることができます。資格取得や就職・転職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。


ビルメンと副業は両立可能? 副業しながらビルメンを行う方法とは!?

ビルメンとは、ビルの設備管理などを行うビルメンテナンス業務の略語です。常に一定の求人があり、転職や就職がしやすい業界と言えます。その分、給与は決して高くはありません。そのため、ビルメンをしながら副業を行ったり、副業としてビルメンになりたいという人も珍しくないでしょう。
そこで、今回はビルメンを行いながら副業を行う方法について解説します。

  1. ビルメンの基礎知識
  2. ビルメンの副業とは?
  3. ビルメンに有利な資格について
  4. ビルメンの副業に関するよくある質問

この記事を読めば、ビルメンの仕事内容やビルメンの仕事をするうえで有利な資格についてもよく分かるでしょう。ビルメンの仕事に就きたいという人は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


【必見】ビルメンに必要な上位資格を取る! 種類やメリットを詳しく!

ビルメンは不況知らずで、引く手あまたな職種として多くの人から注目を集めています。しかし、専門職として活躍するためには、上位資格を取得しておくことがおすすめです。上位資格があれば、自分の希望に近い働き方を選びやすくなり、給与条件も期待できます。今回は、ビルメンに必要な上位資格について、種類やメリットを含め、詳しく解説しましょう。

  1. ビルメンとは?
  2. ビルメンに必要な資格とは?
  3. ビルメンの上位資格とは?
  4. ビルメンの上位資格の取得について
  5. ビルメンの上位資格に関するよくある質問

この記事を読むことで、ビルメンの上位資格についての基本が身につき、取得に必要なことが理解できます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。


学校環境衛生基準や学校環境衛⽣管理マニュアルとはどのようなもの?

学校環境衛生基準とは、文部科学省が定める学校の環境に対する基準です。学校は、多くの人々が長時間過ごす施設のため、空気・照明・騒音・室温などが適切に保たれていないと、使用者の健康を損ねることもあるでしょう。そのため、文部科学省では学校環境衛⽣管理マニュアルを作成し、学校環境衛生基準を分かりやすく解説しています。

今回は、学校環境衛生基準について解説しましょう。

  1. 学校環境衛生基準の基礎知識
  2. 学校環境衛生の課題などについて
  3. 大規模な建物として学校の衛生管理をする場合
  4. 学校環境衛生基準に対するよくある質問

この記事を読めば、学校の環境などを守る職務についてもよく分かります。建築物環境衛生管理技術者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。


シックハウス症候群の原因、室内空気汚染物質とは? 調査方法はあるの?

室内空気汚染物質とは、文字どおり空気中にあって健康に悪影響を与える物質のことです。一時期大きな問題となったシックハウス症候群も、室内空気汚染物質が原因となっています。現在の建物は気密性が高いので、室内空気汚染物質が空気中に放出されていれば、人体にも影響が出やすいでしょう。そのため、不特定多数の人が利用する建物では、定期的に空気の検査をすることが義務づけられています。

そこで、今回は室内空気汚染物質の種類や調査方法、調査する職務などを解説しましょう。

  1. 室内空気汚染物質の基礎知識
  2. 室内空気汚染物質の測定について
  3. 建築物環境衛生管理技術者について
  4. 室内空気汚染物質の調査に対するよくある質問

この記事を読めば、建物の環境を整える仕事についてもよくわかりますよ。建築物環境衛生管理技術者の資格取得を目指す方も、ぜひ読んでみてくださいね。


ビル管理の業界に就職したい! 志望動機の書き方や答え方は?

ビル管理業務(別名、ビルメン業務)とは、オフィスビルや大規模な商業施設・学校・病院など不特定多数が利用する建物の保守管理を行う仕事です。警備・清掃・設備の点検管理と仕事内容は多岐にわたります。20年ほど前までは、「定年後の再就職先」というイメージが強かったのですが、現在はビル管理に必要な専門的な知識を持っている方が、持っている資格を活用して働く職場へと変化しているのです。そのため、取得している資格を活用して働きたい方が、ビル管理業務を行っている会社に就職を目指すという例も増えています。会社に就職するためには、志望動機の書き方や答え方も大切です。

そこで、今回はビルメンの職場に就職したい方向けに、志望動機の書き方や答え方を紹介しましょう。

  1. ビルメンの基礎知識
  2. ビル管理に必要な資格の種類
  3. ビル管理業務の働き方
  4. ビル管理の志望動機について
  5. ビル管理の仕事に関するよくある質問

この記事を読めば、ビルメンの仕事に就くために必要な資格なども分かりますよ。ビル管理士(建築物環境衛生管理技術者)の資格を取得したい方も、ぜひ読んでみてくださいね。


ビルの清掃管理業務とはどのような職務? 行うには資格が必要?

オフィスビルや大規模商業施設など不特定多数の方が利用する施設では、清掃業務は欠かせません。一口に清掃といっても毎日行うものから、定期的に行う大がかりなものまでいろいろな種類があります。このように建物の清掃を管理する業務が、清掃管理業務です。

そこで、今回は清掃管理業務の具体的な内容やそれを担う職務について、紹介しましょう。

  1. 清掃管理業務の基礎知識
  2. 清掃管理業務を担う職務とは?
  3. 建築物環境衛生管理技術者を取得する方法
  4. ビルの清掃管理業務に関するよくある質問

この記事を読めば、清掃業務の大切さがよく分かります。建築物環境衛生管理技術者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。


ビルマネジメントの職務・仕事内容を解説! 就くために必要な資格は?

ビルマネジメント業務とは、ビルや商業施設のオーナーや所有会社の代役として、建物の営業・経理・対外交渉などを行い、利益を確保する仕事のことです。ビルメン(ビルメンテナンス業務)と混同されがちですが、ビルメンの仕事を統括するのがビルマネジメント業になります。ビルメンからビルマネジメント業界へ転職することができれば、昇給を望むこともできるでしょう。

そこで、今回はビルマネジメント業の仕事内容や、仕事に就くために必要な資格を紹介します。

  1. ビルマネジメント業務の基礎知識
  2. ビルマネジメント業務に必要な資格は?
  3. 建築物環境衛生管理技術者について
  4. ビルマネジメント業務に対するよくある質問

この記事を読めば、ビルマネジメント業についての知識はバッチリです。建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてください。


病院のビルメンの仕事とは? 設備管理の他にはどんなものがあるの?

ビルメンとはビルメンテナンス業務の略です。不特定多数が使用するビルを、安全かつ快適に使い続けるためには欠かせません。ビルメンを必要としている施設はオフィスビル・商業施設・学校などさまざまですが、その中でも病院は設備管理の他にもやるべき仕事が多く、キャリアアップには最適と言われています。

そこで、今回は病院のビルメンについていろいろと解説しましょう。

  1. ビルメンの基礎知識
  2. 病院でのビルメンテナンスの特徴
  3. 病院でビルメンに就くためには?
  4. 病院のビルメンに就くために有利な資格とは?
  5. 病院のビルメンに対するよくある質問

この記事をよめば、ビルメンの仕事に就くために有利な資格なども分かります。ビルメン業界に就職したいという方も、ぜひ読んでみてくださいね。