カテゴリー:建築物環境衛生管理技術者

建設業法とはどんな法律?それに関する資格には何があるの!?

「建築業法」とは、建築業を営む者の資質の向上を図り、建設業の健全な発達を促すためのものです。
つまり、手抜き工事や中抜き工事を行わないようにするための法律、といえるでしょう。
この法律の中には、建設現場に専任しておかなければならない資格についても触れられています。
そこで、今回は建設業法とそれに関連する資格についてご紹介しましょう。

  1. 建設業法とは?
  2. 建設業の許可と専任技術者について
  3. 施工管理技士の種類や資格取得の方法
  4. 建設業法とそれに関する資格についてのよくある質問

建設業法は、請負契約の種類から工事の現場に専任しておかなければならない資格取得者まで多岐にわたります。
建築業界で働くならば、ぜひとも知っておきましょう。この記事を読んで勉強してくださいね。


設備管理の仕事に就きたい人必読!!どんな資格が必要なの!?

現在、各地で再開発が進み、巨大なビル設備が次々とオープンしています。
それにともなって、需要も増しているのが設備管理の仕事です。
有名なのはビル設備管理技能士ですが、そのほかにも電気設備や消防設備などを管理する仕事も需要が高いでしょう。
そこで、今回は設備管理の仕事に就くための方法や必要な資格、持っていると便利な技能などをご紹介します。
設備管理の仕事は年をとっても続けられるため、転職希望者も少なくありません。
しかし、設備管理の仕事内容や年収を詳しく知らない方も多いでしょう

  1. 設備管理の仕事って何?
  2. 設備管理のために必要な資格とは?
  3. 各資格の取得方法とは?
  4. 試験の申し込み方法や試験の日程を知る方法とは?
  5. 試験勉強の方法とは?
  6. 設備管理の資格に関するよくある質問


この記事を読めば、必要な資格の取り方や取得した資格によって就ける仕事の内容なども分かります。
設備管理の仕事に興味がある方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


主任技術者になりたい方必見!!必要な資格や実務経験とは?

主任技術者とは、小規模な元請け工事や下請け工事現場で、工事が適切に行われるように管理や監督を担える資格です。
知名度は決して高くありませんが、建築業界で仕事をしていくうえでは、取得しておいて損はありません。
そこで、今回は主任技術者になるための資格要件や条件、さらに注意事項などをご紹介しましょう。
主任技術者は監理技術者に比べて一段低い見方をされることも少なくありませんが、主任技術者がいなければ多くの工事現場では作業ができません。

  1. 主任技術者の職務や必要とされる職場は?
  2. 主任技術者とよく似た資格は?
  3. 主任技術者になるための条件とは?
  4. 主任技術者になるための資格を取得する方法は?
  5. 主任技術者に関するよくある質問

また、主任技術者から監理技術者にステップアップする方法もこの記事の中でご紹介していきます。
この記事を読めば主任技術者の役割や選任条件などが分かるでしょう。
主任技術者の資格を取得したい方も、ぜひ読んでみてくださいね。


監理技術者を目指したい!!必要な資格や取得方法をご紹介します!!

監理技術者とはあまり聞きなれない資格ですが、建築業の技術水準をたもつために設置されているものです。
一定額以上の工事を請け負った建築会社は、必ず現場に監理技術者を現場に配置しなくてはなりません。
つまり、建築業界で働くならば取得しておいて損はないでしょう。
今回は監理技術者の資格を取得する条件や取得方法などをご紹介します。
一般的な資格を取得する方法は、試験や講習を受けますが監理技術者はどうなのでしょうか?

  1. 監理技術者とはどんな資格?
  2. 主任技術者と監理技術者の違いとは?
  3. 監理技術者の講習について
  4. 監理技術者資格証書について
  5. 監理技術者になるための資格を取得するための勉強法とは?
  6. 監理技術者についてよくある質問

 また、監理技術者の資格を取得するには、それに繋(つな)がる資格を取得していかなくてはなりません。
この記事を読めば監理技術者の職務内容だけでなく、効率よく取得する方法も分かるでしょう。
監理技術者の資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


建築物環境衛生管理技術者・ビル管理士の資格取得に必要な基礎知識

資格を取得するために試験を受けたいけれどよくわからない。試験日までのスケジュール計画や勉強法が知りたい…。あなたのその悩み、この記事を確認すれば解決します。できることなら1発で資格を取得したいでしょう。建築物の環境衛生にたずさわる「建築物環境衛生管理技術者」は国家資格の1つです。通称、ビル管理技術者・ビル管理士とも呼びます。ビル管理士の資格を取得するためにも、定義や試験データ、メリット、学習のポイントや合格までのスケジュール計画など詳しく説明しましょう。試験を受ける予定の人は、ぜひ参考にしてください。

  1. 建築物環境衛生管理技術者とは?
  2. 建築物環境衛生管理技術者の試験データ
  3. 建築物環境衛生管理技術者のメリット・生かせる仕事
  4. 受験対策と学習のポイント
  5. 合格までのスケジュール
  6. 建築物環境衛生管理技術者・ビル管理士に関するよくある質問
  7. まとめ

ビルメンテナンスの仕事に就きたい方必見!就職・転職の有利資格は?

都心で再開発が進むたびに、大きなビルが建てられていきます。
ビルの用途はいろいろですが、たくさんの方が長時間生活する場所であるということは共通しているのです。
ビルメンテナンスはそんなビルを利用する方が快適に過ごせるようにビルのシステムを保守管理する仕事。
決して目立つわけではありませんが、需要は高く、高齢になっても働けるというメリットもあります。
そこで、今回はビルメンテナンスの仕事に就くために有利な資格や、その取得方法をご紹介しましょう。

  1. ビルメンテナンスとはどのような仕事?
  2. ビルメン4種の難易度や取得方法とは?
  3. 建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士・ビル管理技術者)とはどんな資格?
  4. 建築物環境衛生管理技術者の学習のコツ
  5. ビルメンテナンスについてのよくある質問

ビルメンテナンスのための資格というと、建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)が有名ですが、それ以外にも有利な資格もたくさんあるのです。
この記事を読めば、まずどんな資格を取れば有利なのか分かるでしょう。
ビルメンテナンスの仕事に就きたい、興味があるという方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。


クリプトスポリジウム症を予防する!症状や原因となる病原体を解説!

寄生虫が原因となる病気のひとつに、クリプトスポリジウム症があります。
今回は、クリプトスポリジウム症に付いて詳しく解説しましょう。

  1. クリプトスポリジウム症とはどんな症状?
  2. クリプトスポリジウム症の病原体と感染経路は?
  3. クリプトスポリジウム症の予防はどうする?
  4. まとめ

この記事を読むことは、クリプトスポリジウム症について深い知識を身に付けることになりますよ。


阻集器の用途や種類とは?どんな場所につけられるの?

阻集器とは聞きなれない名前ですが、排水設備の一種です。
私たちは、いろいろな場所で水を使います。
調理や入浴、さらに介護や医療、建築の現場でも水は欠かせません。
すると、水と一緒にいろいろなものが流されます。
阻集器はそれらが配水管をつまらせないようにするための設備です。
今回は、阻集器の種類と用途についてご紹介します。
排水口に流されるものが違えば、阻集器の種類も変える必要があるのです。
建築物環境衛生管理技術者の資格取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 阻集器とは?
  2. 阻集器の種類とは?
  3. 阻集器の設置基準とは?
  4. 阻集器の手入れについて
  5. おわりに

コンクリートの種類は豊富!それぞれの特徴や配合について知ろう!

私たちが普段歩いている道は、ほとんどがコンクリートです。
コンクリートには使用用途や目的によってさまざまな種類を使いわけています。
コンクリートを上手に使うためには詳しい知識が必要です。
そこで、コンクリートの特徴や種類、調合、使用用途など詳しく説明していきます。
コンクリートについて詳しく知りたい人は、ぜひ参考にしてくださいね。

  1. コンクリートの特徴
  2. コンクリートの種類
  3. コンクリートの調合・配合
  4. まとめ

特定工場に指定される条件とは?法律や規制についてご紹介します。

特定工場とは、操業中に排出される空気や水、さらに製造などに使われる物質が公害の原因になる可能性のあるものを使っている工場のことです。
これらの工場は、公害防止管理者を選任し、公害を防止する設備を設置しなければなりません。
今回は、この特定工場とはどのような工場なのか、ということをご説明しましょう。
公害防止管理者を目指す方はもちろんのこと、自分の職場が特定工場に指定されているという方はぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 公害と特定工場の関係とは?
  2. 特定工場に関する法律や義務とは?
  3. 公害防止管理者の選任や届け出について
  4. 公害防止管理者の職務とは?
  5. おわりに