カテゴリー:建設機械施工技士

【必読】建設機械施工技士の資格を取る! 試験や講習会の内容を解説!

建設機械施工技士は、建設機械施工に必要な各種機器の取り扱いだけでなく、安全な工事進行のために必要な資格です。資格取得には多くのメリットがあり、仕事の幅も広がるため、建設業界で活躍したい人はぜひ取得を目指しましょう。今回は、建設機械施工技士の資格について、講習会の内容を含め詳しく解説します。

  1. 建設機械施工技士の基礎知識を学ぼう
  2. 建設機械施工技士の資格について
  3. 建設機械施工技士の講習について
  4. 建設機械施工技士の勉強法について
  5. 建設機械施工技士の資格や講習に関するよくある質問

この記事を読むことで、建設機械施工技士に関する理解が深まり、試験に向けて万全の準備ができます。絶対に合格するために役立つ情報が満載ですから、ぜひ読んでみてください。


2級建設機械施工技士の実地試験とはどのような内容? 合格率は?

建設機械施工技士とは施工管理技士の一種であり、ブルドーザーやショベルカーなどの建設機械を用いた工事で、指導・監督的な業務を行うことができる資格です。資格を取得すれば、建設機械に関する高い技術と豊富な知識を持っていることの証明にもなります。数ある施工管理技士の中でも最も歴史が長いものであり、毎年多くの方が取得にチャレンジする資格です。
そこで、今回は、2級建設機械施工技士の実地試験の内容や特徴についてご紹介しましょう。

  1. 建設機械施工技士とはどのような資格?
  2. 2級建設機械施工技士の試験について
  3. 2級建設機械施工技士の試験に合格するコツ
  4. 2級建設機械施工技士試験に対するよくある質問

この記事を読めば、学科試験の内容や試験勉強のコツもよく分かりますよ。建設機械施工技士の資格取得を考えている方は、ぜひ読んでみてくださいね。


建設機械を扱える資格を紹介! 1級建築機械施工技士の必要性は?

建設機械とは、ブルドーザーやクレーン・ショベルカーなど建設工事に必要な機械の総称です。建設機械を扱うことができるようになれば仕事の幅も広がりますし、昇給ものぞめるでしょう。建設機械を取り扱う方を建設機械オペレーターと言い、建設機械オペレーターを指導・監督することができる資格が建設機械施工技士です。

今回は、建設機械オペレーターになる方法や建設機械施工技士の資格取得の方法をご紹介します。

  1. 建設機械とは?
  2. 建設機械を取り扱うには?
  3. 建設機械施工技士の資格を取得する方法
  4. 試験対策について
  5. 建設機械の資格に関するよくある質問

この記事を読めば、建設機械オペレーターになるメリットや、建設機械施工技士の仕事がよく分かるでしょう。建設機械施工技士の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。


建設機械オペレーターになりたい!!その方法を徹底解説します。

建設機械とは、ブルドーザーやショベルカー・クレーン車など土木工事や建築工事で使用する機械のことです。重量が1t未満の小さなものから数百tのものまでその種類は数多く、建設現場には欠かせません。建設機械オペレーターとは、建設機械を扱うことのできる職業です

今回は、建設機械オペレーターになるための方法をご紹介しましょう。

  1. 建設機械オペレーターとは?
  2. 建設機械オペレーターの働き方
  3. 建設機械オペレーターになるための方法
  4. 建設機械施工技士とは?
  5. 建設機械オペレーターに関するよくある質問

この記事を読めば、建設機械を運転できるようになるまでのプロセスがよく分かります。建設機械オペレーターの資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてください。


建設機械の種類や扱うのに必要な資格とは? 取得方法と共に紹介します。

建設機械とは、土木工事や建設工事に使われる機械の総称です。ショベルカーやクレーン・ブルドーザーなど、皆様がよく知っている特殊車両も建設機械の一種になります。建設工事や土木工事の現場に建設機械は欠かせません。また、建設機械を扱うためには講習に通ったり資格を取得したりする必要があります。

そこで、今回は建設機械の種類や建設機械に関連する資格についてご紹介しましょう。

  1. 建設機械の基礎知識
  2. 建設機械に関する資格について
  3. 建設機械施工技士の資格を取得する方法
  4. 建設機械に関するよくある質問

この記事を読めば、建設機械を扱うにはどのような資格が必要かということもよく分かります。建設機械を扱うオペレーターになりたいという方も、ぜひ読んでみてくださいね。


建設機械施工技士を目指している方必見!実地試験の内容を解説!

建設機械施工技士とは、ブルドーザーや油圧ショベルなどの建設機械を扱うスペシャリストの資格です。国家資格である施工管理技士の一つで、1級と2級があります。資格を取得すれば建設機械の扱いを指導できる立場になれると共に、監理技術者や主任技術者になることが可能です。

そこで、今回は建設機械施工技士の実地試験についていろいろとご紹介しましょう。

  1. 建設機械施工技士の基礎知識
  2. 建設機械施工技士の資格を取得する方法
  3. 実地試験の対策について
  4. 建設機械施工技士の実地試験に関するよくある質問

この記事を読めば、実地試験の内容や合格するための勉強方法などが分かります。建築機械施工技士の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。


建設機械施工技士の試験とはどんなもの?試験内容や合格率は?

建築業に従事していると、特定の資格を取得していないと責任者になれなかったり工事自体が行えなかったりすることを実感する方も多いでしょう。建築業に従事する際に取得しておくと有利な資格はたくさんありますが、今回は建設機械施工技士を取得するメリットや試験の難易度などをご紹介します。建設業、特に重機を使って仕事をする機会が多い方は、取得しておいて損はないでしょう。また、ほかの施工技士の資格についてもご紹介します。建築関係の仕事に従事している方は必見ですよ。

  1. 建設機械施工技士とはどんな資格?
  2. 建設機械施工技士の種類
  3. 建設機械施工技士の受験資格や難易度・合格率は?
  4. 建設機械施工技士の受験勉強方法
  5. おわりに