カテゴリー:消防設備士

非常放送設備って何?非常用放送設備に関する資格を取得するには?

火災や地震などの災害が起きたとき、いち早く自分の命を守らなければなりません。しかし、オフィスビルや商業施設といった不特定多数の人が集まっている場所では、すぐに混乱状態になります。そこで大きな役割を果たすのが「非常用放送設備」です。非常用放送設備を整えることで、多くの人の命を守ることができます。そこで、この記事では、非常用放送設備とは何なのか、防災設備に関する資格や試験概要など詳しく説明しましょう。

  1. 非常用放送設備とは
  2. 非常用放送設備の設置について
  3. 防災設備に関する資格について
  4. 非常用放送設備に関してよくある質問

この記事を読むことで、非常用放送設備の基礎知識の習得と関連する資格に必要な情報を手に入れることができます。非常用放送設備について知りたい方や関連資格を取得したい方は、ぜひチェックしてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

【保存版】スプリンクラーの設置基準~消防設備士試験のポイント解説

防災意識が高まっている現在、防災系の資格は非常に役立ちます。就職活動をするにあたって、最も有利な資格の1つといっても過言ではありません。

災害にもさまざまな種類がありますが、特に身近な災害は火災です。そこで、こちらでは火災予防に役立つ消火用スプリンクラーの基礎知識を解説することにしました。

  1. スプリンクラーの設置基準~消防設備の基本のキ!
  2. スプリンクラーの種類をチェック~設置基準との関連は?
  3. 消防設備に関する資格にはどんなものがある?

火災予防に携わる人気資格−消防設備士(第一類)を取得するには、消火用スプリンクラーの知識が不可欠です。こちらのページを読めば、スプリンクラーの仕組みや設置基準があっさりと頭に入ること間違いなし!


このエントリーをはてなブックマークに追加

防災設備は命と財産を守る!そのときに備え、資格で仕事にも生かそう

地震・津波・風水害・火山爆発など、日本は自然災害が多発する国です。加えて、火災のような人為的な災害もあります。だからこそ、災害を未然に防ぐ防災設備が大切です。防災設備の知識があれば、命と財産を守るための対策も見えてきます。あるいは、資格を取得して、仕事に生かすというのはいかがでしょうか。防災設備のことを知りたい方に、耳よりな情報をお届けします。

  1. 命と財産を守る防災設備
  2. 防災設備は「消火」「警報」「避難」
  3. 防災設備の専門資格
  4. 防災設備でよくある質問

防災設備の知識があれば、いざというときの備えができます。実際に行動に移すときにも、安全・確実で迅速な対応や行動ができるようになるでしょう。命と財産を守るため、ぜひ身につけてください。防災訓練に参加するのもいいでしょう。
また、就職活動や仕事のスキルアップにもなります。


このエントリーをはてなブックマークに追加

防災・消防設備の点検の方法が知りたい!点検期間や必要な資格とは?

不特定多数の方が利用する施設は、消防法によって消防・防災設備の設置と定期的な点検が義務づけられています。
しかし、どのくらいの設備を設置しなければならないか。
そして、どのような点検をしていいか分からない方もいるでしょう。
そこで、今回は消防や防災の設備を点検する方法や頻度、そして備えつけなければならない設備、さらに点検できる資格などをご紹介します。

  1. なぜ、消防設備に点検が必要なのか?
  2. 点検が必要な消防設備とその間隔とは?
  3. 消防設備を点検できる有資格者とは?
  4. 消防設備士と消防設備点検資格者の資格を取得するには?
  5. 消防、防災設備の点検に関するよくある質問

技術の進歩によりビルなどで火災が発生する可能性は年々低まっているでしょう。
しかし、その反面一度火災が起こると大きな被害が出るケースも少なくありません。
そのような場合は、たいてい消防設備の不備が原因なのです。
消防設備士を目指している方もぜひこの記事を読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

消防設備士試験で確実に合格するために知っておきたい9つのポイント

消防設備士は消防用設備の設置やメンテナンスにかかすことのできない資格です。とはいえ、消防設備士の資格には甲種1種や乙種4類など細かな分類があり、どの分類を受験するべきかわからない場合もあるでしょう。効率的に勉強すれば、着実に分類の免状を増やし、消防設備のプロとして独立も可能です。それでは、消防設備士の試験で合格するために知っておくべき9つのポイントをご紹介します。

  1. 消防設備士とは?
  2. 消防設備士の試験情報
  3. 消防設備士になるメリット
  4. 消防設備士の資格を生かした仕事
  5. 消防設備士試験の受験対策
  6. 学習方法や学習のポイント
  7. 合格までのスケジュール
  8. 消防設備士免状の更新について
  9. よくある質問

この記事を確認することで、消防設備士試験に確実に合格するためにの自分にあったベストな方法を知ることができます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

感知器の種類や用途を徹底解説! 設置場所に合わせて選びましょう。

感知器とは、煙や熱を感知して火事の発生を知らせてくれる装置です。
オフィスビルや商業施設など広いところにたくさんの人が活動している場所では、火事が起こっても気づかれにくいこともあります。
火災の発見が遅れれば、それだけ犠牲者も増える恐れが出てくるでしょう。
そのため、感知器の設置が法律で義務づけられているのです。
今回は、感知器の種類や用途をご紹介しましょう。
一口に感知器といっても、適した場所に設置しなければ誤作動をくりかえすこともあります。
また、火事を感知する速度にも差が出てくるでしょう。
消防設備士の資格取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 感知器とは?
  2. 感知器の種類とは?
  3. 感知器の設置基準とは?
  4. 誤作動を防ぐためには?
  5. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

スプリンクラーヘッドの種類や用途を紹介! どんな風に使い分けるの?

スプリンクラーとは、熱や煙を感知すると放水を始める初期消火のための装置です。
現在、ホテルや商業施設など不特定多数の方が長時間過ごす施設には、必ず設置されています。
今回は、このスプリンクラーヘッドの種類とスプリンクラーの用途についてご紹介しましょう。
スプリンクラーと一口にいっても、水の出方やタイミングに微妙な違いがあるのです。
設置する場所によって適したヘッドを選ばなければ、その機能を十分に果たせません。
消防設備士を目指す方も、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. スプリンクラーの用途とは?
  2. スプリンクラーの仕組みとは?
  3. スプリンクラーヘッドの種類とは?
  4. スプリンクラーヘッドの誤作動を防ぐためには?
  5. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

防火対象物と特定防火対象物の違いとは?どんな場所が指定されるの?

いつ、どこででも起きる可能性のある災害、それが火災です。
現在は、多くの方が長時間利用する建物も増え、一度火災が起こると大きな被害が出やすいところも少なくありません。
そこで、今回は防火対象物や特定防火対象物についてご紹介しましょう。
これらは、消防法で定められた「火災が起きると大きな被害が出ると想定されるので、防火設備をしっかりと準備しておくように」という施設のこと。
いったいどのような場所が指定されるのでしょうか?
答えは、この記事を読めば分かりますよ。

  1. 防火対象物とは?
  2. 防火対象物の種別とは?
  3. 防火対象物に指定された建物の管理とは?
  4. 防火対象物の点検作業とは?
  5. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビルに設置されている消防設備の種類とは?どんなものがあるの?

たくさんの人がその中で長期間活動するビル。
宿泊・ビジネス・販売・飲食など目的はさまざまですが、平屋の建物よりは災害に対する備えを厳重にしておかなくてはなりません。
そこで、今回はビルの消防設備の種類をご紹介しましょう。
ビルに備えつける消防設備は、法律で決まっています。
しかし、ただ備えてあるだけではいけません。
今回は、点検の方法などもご紹介しましょう。
消防設備士の資格取得を目指す方も、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. ビルに消防設備が必要な理由とは?
  2. ビルに必要な消防設備の種類とは?
  3. 備えているだけでは不十分?
  4. 消防設備を点検する方法とは?
  5. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

金属の腐食を止めたい?腐食の原因と効果的な防食方法を学ぶ!

金属は、時間が経(た)つと腐食が起きます。
腐食を防止するためには、原因を学ぶことと防食に効果的な方法を知ることが大切でしょう。

  1. 金属が腐食する主な原因を学ぼう!
  2. 金属が腐食するとどんな影響がある?
  3. 金属の防食に効果的な方法を紹介!
  4. まとめ

金属が腐食する原因と効果的な防食方法を学びたい人は、ぜひ読んでみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加