カテゴリー:潜水士

【必読】潜水士の求人は? 資格取得のコツと勉強法を徹底解説します!

潜水士は、遺留品の捜索活動など各種目的のために水中に潜り、作業を行う仕事です。潜水士になるためには、優れた身体能力のほかに、冷静な判断力や潜水に関する深い知識も必要となります。今回は、潜水士として就職を希望する人のために、資格取得のコツやおすすめの勉強法などを詳しく解説しましょう。潜水士が活躍する主な職場や、求人状況なども参考にしてください。

  1. 潜水士とは
  2. 潜水士の就職について
  3. 潜水士の資格について
  4. 潜水士の試験について
  5. 潜水士の勉強法について
  6. 潜水士の求人や就職に関するよくある質問

この記事を読むことで、潜水士に関する正しい知識が身に付き、職務内容や資格取得のコツがわかるので有意義です。まずは、じっくり記事を読んでみてください。


潜水士は、遺留品の捜索活動など各種目的のために水中に潜り、作業を行う仕事です。潜水士になるためには、優れた身体能力のほかに、冷静な判断力や潜水に関する深い知識も必要となります。今回は、潜水士として就職を希望する人のために、資格取得のコツやおすすめの勉強法などを詳しく解説しましょう。潜水士が活躍する主な職場や、求人状況なども参考にしてください。

  1. 潜水士とは
  2. 潜水士の就職について
  3. 潜水士の資格について
  4. 潜水士の試験について
  5. 潜水士の勉強法について
  6. 潜水士の求人や就職に関するよくある質問

この記事を読むことで、潜水士に関する正しい知識が身に付き、職務内容や資格取得のコツがわかるので有意義です。まずは、じっくり記事を読んでみてください。


潜水士が遭遇しやすい事故とは? 海難事故以外にもこんな事故が!

潜水士とは、水中で土木工事やサルベージ作業・地質調査・人命救助などを行うことのできる資格です。潜水士が主人公の映画もあり、ダイビングの経験がある方ならば資格を取得したいと考えている方もいることでしょう。潜水士の仕事は専門性が高い分、資格を取得すれば就職などに有利です。その反面、海難事故をはじめとする労働災害が起こりやすく、潜水士の資格を活用して働く場合はその点を考慮に入れる必要があるでしょう。

今回は、潜水士が遭遇した事故の実例をご紹介するとともに、資格取得の方法を解説します。

  1. 潜水士の基礎知識
  2. 潜水士の事故について
  3. 潜水士の資格を取得する方法
  4. 潜水士に関するよくある質問

この記事を読めば、潜水士の試験対策もよく分かることでしょう。潜水士の資格を取得したいと考えている方は、ぜひ読んでみてくださいね。


潜水士の試験は過去問活用で合格できる? 難易度はどの程度?

潜水士とは、水中で工事やサルベージ(人や物などを引き上げる作業)を行うことのできる国家資格です。水中で行う工事や人命救助・積み荷の回収などの仕事は幅広く、潜水士の活躍を描いた映画も一時期話題となりました。ダイビングの経験がある方の中には、潜水士の資格に興味がある方もいるでしょう。

そこで、今回は潜水士になる方法や過去問の活用方法などを解説します。

  1. 潜水士の基礎知識
  2. 潜水士の資格を取得する方法
  3. 潜水士の試験に対するよくある質問

この記事を読めば、潜水士の試験についてもよく分かることでしょう。潜水士の資格に興味がある方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


窒素酔いの原因は何?症状と対処・予防法も具体的に解説します!

窒素酔いはどうして起こるのか、ご存じでしょうか。
今回は、窒素酔いの原因のほかにも、代表的な症状や対処・予防法についても詳しく解説します。

  1. 窒素酔いの代表的な症状は?
  2. 窒素酔いになる原因は何?
  3. 窒素酔いになったときの対処方法は?
  4. 窒素酔いの予防方法を学ぼう!
  5. まとめ

窒素酔いについて知りたい人は、この記事をぜひ読んでくださいね。


空気塞栓症について学ぼう!症状や原因を知って予防するためには?

潜水士を目指す人には、空気塞栓症の詳しい知識が必要です。
今回は、空気塞栓症の症状や原因について詳しくまとめましたのでぜひ読んでくださいね。

  1. 空気塞栓症の症状を知ろう
  2. 空気塞栓症の原因は何?
  3. 空気塞栓症を予防する方法は?
  4. まとめ

この記事は、空気塞栓症について知りたい人にとって有益な情報となるでしょう。


潜水士の試験難易度はどのくらい?効果的な勉強法はどんなもの?

潜水士とは、酸素ボンベを背負って水中で作業をする仕事に就きたい場合に取得が必要な国家資格です。ダイビングライセンスと全く異なる資格ですので、混同しないように注意しましょう。

今回は、潜水士試験の難易度や勉強方法などをご紹介します。潜水士の難易度は、決して高くはありません。しかし、全く勉強をせずに合格できるほど甘くもないのです。独学の落とし穴や独学以外の勉強法もご紹介しましすので、潜水士の資格取得を目指している方はぜひ参考にしてください。

  1. 潜水士とはどんな資格?
  2. 潜水士の試験とは?
  3. 潜水士の需要とは?
  4. 潜水士試験の難易度と勉強方法とは?
  5. SATの教材を利用してみよう
  6. おわりに

飽和潜水の原理と課題とは?手順とともにご紹介します。

飽和潜水とは、人が深海に潜るための技術のひとつです。
通常、酸素ボンベを背負ったダイビングでは、水深数メートルのところまでで精一杯でしょう。
しかし、飽和潜水の技術を使えば最大で400m以上の潜水が可能です。
そこで、今回は飽和潜水の原理や課題をご紹介します。
どんな技術を使えば、人の体が水圧に耐えて100m以上も潜れるようになるのでしょうか?
答えは、この記事を読めばわかります。
潜水士を目指している方もぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 飽和潜水とはどのような技術?
  2. 飽和潜水の手順とは?
  3. 飽和潜水の課題とは?
  4. おわり

潜水士が発症しやすい圧外傷とは?原因や治療法、予防法は?

水の中では、空気中よりも高い水圧がかかります。この水圧の影響で体内の気体が影響を受け、血管や組織を傷つけるのが圧外傷です。

今回は、潜水士やダイバーが発症しやすい圧外傷についてご紹介しましょう。潜水士の資格を取得するには、圧外傷に関する知識が不可欠です。発生の原因や治療法さらに予防法をしっかりと学んでおきましょう。

また、症状が現れやすい器官も一緒にご紹介します。潜水士を目指す方だけでなく、レジャーでダイビングを楽しみたいという方も、ぜひこの記事を読んでみてください。知識があれば、素早く対処することも可能です。

  1. 圧外傷とは?
  2. 圧外傷の治療法とは?
  3. 圧外傷を予防する方法とは?
  4. おわりに

送気式潜水の特徴や必要な装備について~送気式潜水の基礎知識~

潜水にはさまざまな種類があります。
「送気式潜水」は船からホースをとおして酸素を送りこむ潜水です。
潜水を目指している人は、それぞれ種類の特徴を知ると良いでしょう。
これから、送気式潜水の特徴や装備、注意点、送気式潜水士になる方法・必要な資格について説明します。
送気式潜水について気になっている人は、ぜひ参考にしてください。

  1. 送気式潜水の特徴
  2. 送気式潜水の装備と注意点
  3. 送気式潜水士になる方法・必要な資格
  4. まとめ

高気圧障害の原因や予防方法とは?潜水に潜むリスクを知っておこう。

水中では、体が何かに押し戻されるような感覚を覚えるでしょう。
これが水圧です。
中学や高校の物理の授業で、水圧について習った方も多いともいます。
潜水作業をするときにこの水圧が人体に悪影響を与える症状を、まとめて高気圧障害というのです。
そこで、今回は高気圧障害の原因や予防についてご紹介しましょう。
潜水士の活躍を描いた映画やドラマを見て、この高気圧障害のことを知ったという方もいると思います。
高気圧障害は潜水士の方だけ出なく、レジャーでダイビングを楽しむ方もかかる可能性のある病気です。
この記事を読んでしっかりと予防法を学んでください。

目次

  1. 体の器官と気圧の関係
  2. 高気圧障害の原因と症状とは?
  3. 高気圧障害を予防するためには?
  4. おわりに