カテゴリー:管工事施工管理技士

空調工事の仕事に就きたい方必見! 取得しておくと有利な資格は何?

空調工事とは、業務用エアコンの取り付けや増設・メンテナンス・入れ替え・撤去などの工事の総称です。オフィスビルや大型商業施設などでは大きな空調機器を1か所に取りつけ、ダクトやファンを使って空気を循環させることで建物全体の温度・湿度を管理するところもあります。そのため、大規模な工事になることも多いでしょう。

今回は、空調工事の内容や、工事を行うのに必要な資格について解説します。

  1. 空調・空調工事に関する基礎知識
  2. 空調工事に関係する資格とは?
  3. 管工事施工管理技士の資格を取得する方法
  4. 管工事施工管理技士の受験勉強方法
  5. 空調工事に対するよくある質問

この記事を読めば、資格を取得する方法なども分かることでしょう。管工事施工管理技士の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

配管工は独立できるのか? 独立するために必要な知識と資格について

建築業における業種の1つに「配管工」と呼ばれる仕事があります。配管工は、水道管・ガス管などの管を取りつける業種のことです。管を取り扱う給排水・ガス・空調設備などでは必要不可欠な仕事といえるでしょう。また、配管工事だけでなく、メンテナンスや修理も担当します。配管工事を専門とするため、知識や技術を身につけておかなければなりません。経験を積み重ねて、独立する方も増えているのです。そこで、本記事では、配管工の基礎知識や独立の流れ・必要な資格概要などについて詳しく説明します。

  1. 配管工の基礎知識
  2. 配管工と独立について
  3. 配管工の独立までの流れ
  4. 配管工の資格について
  5. 配管工の資格試験について
  6. 配管工試験の学習方法・ポイントについて
  7. 配管工に関してよくある質問

この記事を読むことで、配管工の独立を目指すために必要な知識を身につけ、資格取得のポイントを知ることができます。取得を考えている方はぜひチェックしてください。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ダクト工事や管工事を行う仕事に就きたい! そのために必要な資格は?

ダクトとは配管の一種で、主に空調・排気・排煙を行うために取りつけられます。主にビルや大型商業施設といった、不特定多数の方が利用する施設に取りつけられるものです。ダクト工事がうまくいっていないと、建物内の空気が悪くなったり臭いなどのクレームがくる原因となるでしょう。

ダクト工事は建設会社の他、リフォーム会社や内装工事会社などでも手がけており、ダクト工事に関する資格も複数あります。

今回は、ダクト工事を行うために必要な資格などについてご紹介しましょう。

  1. ダクト工事の基礎知識
  2. ダクト工事に必要な資格とは?
  3. 管工事施工管理技士の資格取得方法
  4. ダクト工事に対するよくある質問

この記事を読めば、管工事にかかわる仕事や必要な資格についてもよく分かりますよ。管工事を行う仕事に就きたいという方や、管工事施工管理技士の資格を取得したい方も、ぜひ読んでみてくださいね。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

管工事施工管理技士の就職状況とは? 仕事内容と共に紹介します。

管工事とは、建物内に設置する水道管・ダクト管・給水管などを設置・撤去・増設する工事のことです。建物の規模が大きくなるほど、行われる管工事の数は多くなり、工事も複雑になってきます。管工事施工管理技士とは、管工事の施工計画や安全管理・施工管理などを行うことのできる資格です。取得すれば、工事現場に選任が必要な主任技術者や監理技術者に就くこともできます。

今回は、管工事施工管理技士の仕事や就職先などについて、ご紹介しましょう。

  1. 管工事施工管理技士に関する基礎知識
  2. 管工事施工管理技士の就職先について
  3. 管工事施工管理技士の資格を取得する方法
  4. 管工事施工管理技士に関するよくある質問

この記事を読めば、管工事施工管理技士を取得するメリットもよく分かりますよ。管工事施工管理技士の資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

配管工事に関する資格にはどのようなものがある? 種類や取得方法を紹介!

配管工事とは、ガスや給排水・空調・給湯などの配管を建物に設置したり修理したりする工事のことです。一般住宅から高層ビル・工場・商業施設などあらゆる建築物に配管工事は欠かせません。配管工事は単純にガスやお湯・水を通す管を設置するだけでなく、施工計画や管理も必要です。配管工事自体は無資格でもできますが、持っている技術を客観的に証明したり現場の責任者になったりするには、資格が必要になります。

そこで、今回は配管工事を行うために取得しておいた方がよい資格をご紹介しましょう。

  1. 配管工事に関する基礎知識
  2. 配管工事に関する資格について
  3. 配管工事の資格に関するよくある質問

この記事を読めば、どのような資格があるかということや取得する方法などもよく分かりますよ。配管工事の仕事に就いている方や、配管工事に関係する資格を取得したい方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

1級管工事施工管理技士の実地試験とは? 内容と試験対策のコツを紹介!

管工事施工管理技士とは、建物内の空調設備工事・給排水工事・給湯設備工事など管工事の施工管理計画を立て、工程管理や安全管理を行うことのできる資格です。一般住宅はもちろんのこと、高層ビルや大規模商業施設などを建築する際に管工事は欠かせません。管工事施工管理技士には1級と2級があり、1級管工事施工管理技士になると主任技術者や管理技術者に選任されることができます。1級管工事施工管理技士になるには、筆記試験と実地試験に合格する必要があるのです。

そこで、今回は1級管工事施工管理技士の資格を取得する方法や勉強のコツをご紹介しましょう。

  1. 管工事施工管理技士の基礎知識
  2. 1級管工事施工管理技士の試験について
  3. 1級管工事施工管理技士の実地試験対策について
  4. 1級管工事施工管理技士に関するよくある質問

この記事を読めば、効率的な勉強方法が分かります。1級管工事施工管理技士の資格を目指している方はぜひ読んでみてくださいね。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

【注目】管工事施工管理技士の年収や給料は?資格取得や転職も解説!

管工事は、建築工事の中でもライフラインを整えるという重要な役割を持っています。特に規模が大きくて重要な管工事の場合は、現場をきちんと管理する立場の人間が必要です。そこで、管工事の施工管理に欠かすことができない資格として管工事施工管理技士に注目が集まっています。

今回は、管工事施工管理技士の年収や給料はどうなっているかだけでなく、資格取得の難易度や転職状況についても考えてみましょう。

  1. 管工事施工管理技士について
  2. 管工事施工管理技士の年収について
  3. 管工事の種類や職務による年収の違い
  4. 年収アップのコツやポイントを学ぼう
  5. 管工事施工管理技士の年収や給料でよくある質問

記事を読むことで、管工事施工管理技士について詳しい知識が身に付きます。また、実際に働きながら年収や給与をアップするにはどうすればいいかもわかることでしょう。今、建設業界で引く手あまたの資格である管工事施工管理技士について理解を深めるとともに、一生食べていくためにはどのように動くべきかについて学んでください。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

配管工事の関連資格を一挙紹介!資格取得でスキルアップを目指そう!

「スキルアップのために資格をとりたい」「就職・転職に役立ちたい」など、配管工事の資格取得を考えている方は多いでしょう。資格を取得するには配管工事について詳しく知らなければなりません。そこで、配管工事とはどんなものなのか、配管工の職務や資格概要・試験など詳しく説明します。配管工事について知りたい方や資格をとりたい方はぜひ参考にしてください。

  1. 配管工事(管工事)とは
  2. 配管工について
  3. 配管工事の資格について
  4. 各資格の試験について
  5. 配管工事に関してよくある質問

この記事を読むことで、配管工事について詳しく知ることができます。そして、配管工事に必要な資格を取得しましょう。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

管工事施工管理技士とは?一級管工事施工管理技士の受験対策をご紹介

建設や配管工事会社で大活躍するのが「管工事施工管理技士」です。管工事施工管理技士として働くには試験をパスして資格を取得しなければなりません。資格が取得できるよう、管工事施工管理技士とは何なのか、職務や資格内容、受験資格、学習方法・学習ポイントなど詳しく説明します。管工事施工管理技士の試験を受験しようと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

  1. 管工事施工管理技士の基礎知識
  2. 管工事施工管理技士の受験資格
  3. 管工事の受験対策と学習方法・学習ポイント
  4. 管工事施工管理技士合格までのスケジュール
  5. 管工事施工管理技士の更新について
  6. 管工事施工管理技士に関してよくある質問

この記事を読むことで管工事施工管理技士の試験データ、学習ポイントやコツを身につけることができます。


はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

氷蓄熱のしくみや種類とは?どんなところに導入できるの?

氷蓄熱とは、空調システムの一種で氷やお湯を作って冷暖房に活用するシステムです。
エコな空調として自治体も推奨しており、新しくビルを建てる際にこの空調システムを入れると補助金が出るところもあります。
今回は、氷蓄熱のしくみや種類をご紹介しましょう。
氷蓄熱を利用した空調システムはメリットも大きいですが、デメリットもあるのです。
それをよく理解してビルの空調を選ぶ際に役立ててください。
管工事施工管理技士の資格取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみましょう。

  1. 氷蓄熱空調システムとは?
  2. 氷蓄熱の種類は?
  3. 氷蓄熱空調システムのメリットとデメリットは?
  4. 氷蓄熱空調システムを導入する際の注意点
  5. おわりに

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア