カテゴリー:管工事施工管理技士

配管工事の資格を一挙ご紹介!配管工事でスキルアップを目指そう!

「スキルアップのために資格をとりたい」「就職・転職に役立ちたい」など、配管工事の資格取得を考えている方は多いでしょう。資格を取得するには配管工事について詳しく知らなければなりません。そこで、配管工事とはどんなものなのか、配管工の職務や資格概要・試験など詳しく説明します。配管工事について知りたい方や資格をとりたい方はぜひ参考にしてください。

  1. 配管工事(管工事)とは
  2. 配管工について
  3. 配管工事の資格について
  4. 各資格の試験について
  5. 配管工事に関してよくある質問

この記事を読むことで、配管工事について詳しく知ることができます。そして、配管工事に必要な資格を取得しましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

管工事施工管理技士とは?一級管工事施工管理技士の受験対策をご紹介

建設や配管工事会社で大活躍するのが「管工事施工管理技士」です。管工事施工管理技士として働くには試験をパスして資格を取得しなければなりません。資格が取得できるよう、管工事施工管理技士とは何なのか、職務や資格内容、受験資格、学習方法・学習ポイントなど詳しく説明します。管工事施工管理技士の試験を受験しようと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

  1. 管工事施工管理技士の基礎知識
  2. 管工事施工管理技士の受験資格
  3. 管工事の受験対策と学習方法・学習ポイント
  4. 管工事施工管理技士合格までのスケジュール
  5. 管工事施工管理技士の更新について
  6. 管工事施工管理技士に関してよくある質問

この記事を読むことで管工事施工管理技士の試験データ、学習ポイントやコツを身につけることができます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

氷蓄熱のしくみや種類とは?どんなところに導入できるの?

氷蓄熱とは、空調システムの一種で氷やお湯を作って冷暖房に活用するシステムです。
エコな空調として自治体も推奨しており、新しくビルを建てる際にこの空調システムを入れると補助金が出るところもあります。
今回は、氷蓄熱のしくみや種類をご紹介しましょう。
氷蓄熱を利用した空調システムはメリットも大きいですが、デメリットもあるのです。
それをよく理解してビルの空調を選ぶ際に役立ててください。
管工事施工管理技士の資格取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみましょう。

  1. 氷蓄熱空調システムとは?
  2. 氷蓄熱の種類は?
  3. 氷蓄熱空調システムのメリットとデメリットは?
  4. 氷蓄熱空調システムを導入する際の注意点
  5. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

流体の性質や分類とは?どんな特徴があるの?

流体とは、固体以外の物質全般を指します。
液体をイメージする方も多いですが、気体やプラズマも工学上は流体に該当するのです。
そこで、今回は流体の種類や性質、さらに定義をご紹介しましょう。
流体を通す機械や工具を作ったり、流体を通す工事を行ったりする企業はたくさんあります。
そこで働く方にとって流体の種類や性質を知ることは、大いに勉強にもなるでしょう。
管工事施工管理技士の資格取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 流体の定義や性質とは?
  2. 流体の性質を求める公式とは?
  3. 流体の分類
  4. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

誘導電動機の原理や特徴について~管工事施工管理技士に必要な知識~

家庭用電気製品のほとんどは誘導電動機の交流モーターを使用しています。
誘導電動機は私たちの生活に必要不可欠なものです。
これから、誘導電動機の原理や特徴・使用例・構造・回転数など詳しく説明していきたいと思います。
管工事施工管理技士にとっては必要な知識です。
試験勉強している人や資格取得を志している人はぜひ参考にしてください。

  1. 誘導電動機の原理
  2. 誘導電動機の特徴
  3. 誘導電動機の使用例や注意点
  4. まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

管工事施工管理技士の参考書の選び方とは?人気があれば大丈夫?

管工事施工管理技士は、建築業界で働く方ならば取得しておいて損はない資格です。
また、会社によっては取得を応援してくれたり、取得すると資格手当がついたりすることもあるでしょう。
そこで、今回は管工事施工管理技士を受験される方必見。
参考書の選び方をご紹介します。参考書にも人気、不人気がありますが、人気の参考書を買えば必ず合格できるというわけでもないのです。また、独学で勉強が難しいという方向けにお勧めの勉強法をご紹介します。
これから管工事施工管理技士を受験したいという方は必見ですよ。

  1. 管工事施工管理技士とはどんな資格?
  2. 管工事施工管理技士の資格を取得する方法とは?
  3. 管工事施工管理技士の参考書の選び方
  4. SATの教材を試してみよう
  5. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

管工事施工管理技士の合格率や難易度。効果的な勉強法を紹介!

管工事施工管理技士は、国家資格である施工管理技士の資格のひとつです。
建築業にたずさわっている方ならば、取得しておけばとても有利な資格でしょう。
そこで今回は、管工事施工管理技士の合格率や難易度についてご紹介します。
管工事施工管理技士には1級と2級がありますが、難易度はどのくらい違うのでしょうか?
また、勉強法のコツなどもご紹介します。
管工事施工管理技士の資格取得を目指している方や興味がある方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 管工事施工管理技士とは?
  2. 管工事施工管理技士を受験するには?
  3. 管工事施工管理技士の試験科目や難易度、合格率とは?
  4. 合格につながる勉強法とは?
  5. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

管工事施工管理技士の資格を取得するメリットや取得後の就職先は?

管工事施工管理技士とは、建築に関係する国家資格のひとつです。
ほかの資格に比べると知名度も低くマイナーな感じもしますが、取得していればいろいろなメリットもあります。
そこで、今回は管工事施工管理技士の資格を習得する方法や就職できる場所などをご紹介しましょう。
管工事施工管理技士の資格がなければ、開業できない職種もあるのです。
また、この資格を取得しているとできることなどもご紹介します。
管工事施工管理技士の資格取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 管工事施工管理技士とはどんな資格?
  2. 管工事施工管理技士を取得するメリットとは?
  3. 管工事施工管理技士の資格を取得するためには?
  4. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

コジェネレーションの仕組みや種類とは?どんな効果があるの?

コジェネレーションとは聞きなれない名前ですが、今まで排熱として排出してきた熱を利用してお湯を沸かしたり冷暖房に利用したり、さらに発電を行ったりすることです。
私たちの身近なところでは次世代型給湯器として商品化されています。
では、どのような仕組みなのでしょうか?
そこで、今回はコジェネレーションの仕組みや用途などをご紹介します。
家庭用の給湯器以外ではどのような場所で使われているのでしょうか?
答えは、この記事を読めば分かりますよ。

  1. コジェネレーションって何?
  2. コジェネレーションの仕組みと種類とは?
  3. コジェネレーションのメリット・デメリットとは?
  4. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダクトの種類や用途、材質とは~管工事施工管理技士になるために~

建築物の中にある「ダクト」は空調・換気・排煙など排気が目的の設備です。
ダクトがなければ室内は悪い空気でいっぱいになってしまいます。
新鮮な空気を取りいれることはできないでしょう。
そこで、ダクトの種類や用途、材質など詳しく説明していきましょう。
ダクトの知識を身につけておかなければならない“管工事施工管理技士”を目指している人はぜひチェックしてください。
正しく取り扱えるように知識を習得しておきましょう。

  1. ダクトの種類
  2. ダクトの用途
  3. ダクトの材質
  4. まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加