カテゴリー:給水装置工事主任技術者

水質基準を知りたい人は必見!水道の水質基準を詳しく解説します!

水質基準について、詳しく知ることは大切です。特に、仕事でかかわる人にとっては水道基準の知識が必要不可欠なことも多いでしょう。今回は、水質基準について詳しい知識や取得しておきたい資格などを詳しく解説します。

  1. 水質基準とは
  2. 水道水の水質基準の項目を学ぼう
  3. 水道水の水質基準を学ぼう
  4. 水質基準検査について
  5. 水道水以外の水質基準も学ぼう
  6. 水質基準についてよくある質問に回答

水質基準について知りたい人は、ぜひ読んでください。水質基準の内容を深く理解できると同時に、仕事にも役に立つことは間違いありませんよ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

【絶対合格】給水設備を徹底解説!資格取得を目指す人は必見です!

給水設備について詳しく学ぶことは、生産活動や安心できる暮らしを守るためにも必要不可欠なことです。また、給水装置工事主任技術者を目指している人にも、給水設備の正しい知識を身に付けることが基本となるでしょう。今回は、給水設備や給水装置工事主任技術者についてわかりやすく解説していきます。

  1. 給水設備とは
  2. 給水設備の管理・メンテナンスを学ぼう
  3. 給水装置工事主任技術者とはどんな資格?
  4. 給水装置工事主任技術者の資格取得について
  5. 給水設備や給水設備に関する資格取得についてよくある質問

給水設備について正しい知識を身に付けることは、給水装置工事主任技術者への確かな道となります。記事の内容を何度も読むことは、資格取得のために有益な方法となるでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

給水装置工事について知りたい方必見! 工事の知識と資格を解説!

給水装置工事について知りたい人や、興味を持っている方のために、さまざまな関連知識や資格取得に必要なことをまとめました。また、給水装置や給水装置工事について、正しい知識を学ぶことは、結果として資格取得に大きく役に立つことでしょう。給水装置工事主任技術者の資格を取得するためにも、ぜひ読んでください。

  1. 給水装置とは何か基本をしっかり学ぼう
  2. 給水装置工事主任技術者とはどんな資格か
  3. 給水装置工事主任技術者の資格取得を詳しく解説
  4. 給水装置工事主任技術者の資格取得の勉強法とは
  5. 給水装置・給水装置工事に関するよくある質問

給水装置や給水装置工事の知識を身に付けることは、皆さんの仕事に非常に有益なことです。給水装置工事主任技術者の資格取得も、大きな後押しとなるでしょう。今回の記事は、給水装置工事についてこれから学ぶ人にもわかりやすくまとめているので、おすすめですよ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

水道工事・水道設備工事に関する資格は?取得したい方必見です!

水道工事は、建物を建設するときには欠かせません。
また、個人の家でもリフォームや修理などで水道工事を依頼したりすることは珍しくないでしょう。
水道工事自体は決して難しいものではありませんが、要領よく建設物に合わせた工事をするには、技術が必要です。
そこで、今回は水道工事や水道設備工事を行うのに必要な資格やその取得方法についてご紹介しましょう。

  1. 水道工事とは?
  2. 水道工事を行うために必要な資格とは?
  3. 給水装置工事主任技術者になるにはどうしたらいいの?
  4. 給水装置工事主任技術者の試験の合格するための勉強法
  5. 水道設備、水道工事に関するよくある質問

水道工事と一口にいってもいろいろな種類があるのです。
必要な資格がそのつど違うので、混乱することもあると思います。
この記事を読めば、水道工事を請け負うのに必要な資格の種類やその取得の方法まで分かるでしょう。
水道工事にかかわる仕事につきたいと思っている方や、資格取得を目指している方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

水質汚濁防止法とはどんな法律?特定施設に指定されるところとは?

水質汚濁防止法とは、文字どおり水質の汚濁を防止する法律です。
水が汚染されれば、私たちの生活に重大な影響が出るでしょう。
今回は、水質汚濁防止法とそれが適用される特定施設についてご紹介します。
水質汚濁をする危険がある場所というと、工場を思い浮かべる方も多いでしょう。
しかし、それ以外にも水質汚濁の原因となってしまう場所はあるのです。
公害防止管理者を目指す方だけでなく、職場が水質汚濁の原因となる可能性があるという方もぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 水質汚濁とは?
  2. 水質汚濁の種類とは?
  3. 水質汚濁防止法と特定施設とは?
  4. 水質汚濁を防止する方法
  5. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

給水管の種類や材質を徹底解説! 破損の調べ方や修理方法も!

私たちが毎日使う水道。しかし、その水道がどのように引かれているのかはあまり知られていません。
また、水道に不具合が生じたらどこに修理を依頼すればいいのか、も分からない方が多いでしょう。
そこで、今回は給水管の種類と材質についてご紹介します。
給水管の歴史は大変古く、戦前からあるのです。
しかし、劣化や老朽化が進めばいろいろな不具合も起こりやすいでしょう。
ぜひこの記事を読んで給水管についての知識を深めてください。
給水装置工事主任技術者の資格取得を目指している方も必見ですよ。

  1. 給水管とは?
  2. 給水管の種類や材質とは?
  3. 配水管に起こる不具合とは?
  4. 配水管の破損はどうやって調べる?
  5. 配水管の修理方法
  6. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

給水装置工事主任技術者の人気参考書は?効率の良い勉強法はコレ!

給水装置工事主任技術者とは、水道工事を行っている方が取得しておくと出世や昇給にとても有利になる資格です。
受験資格は実務経験だけですので、ある程度実務経験がある方は会社で取得を進められることもあるでしょう。
今回は給水装置工事主任技術者の参考書の選び方や、人気の参考書などをご紹介します。
どちらかというとマイナーな資格ですので、人気資格に比べると参考書の数も少ないでしょう。
また、独学以外の勉強の方法もご紹介します。
資格取得を考えている方は、必見です。

  1. 給水装置工事主任技術者とはどんな資格?
  2. 給水装置工事主任技術者の受験資格とは?
  3. 給水装置工事主任技術者の難易度と合格率などについて
  4. 給水装置工事主任技術者の参考書の選び方と勉強方法とは?
  5. SATの教材を利用してみよう
  6. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

給水装置工事主任技術者の難易度や合格率は?効果的な勉強方法

給水装置工事主任技術者とは聞きなれない名前ですが、一般家庭から施設まで給水装置を行える資格です。
給水装置とは、いわゆる水道のこと。電気やガスと並んでライフラインのひとつです。
給水装置工事主任者を選任しなければ、指定給水装置工事事業者にはなれません。
つまり、水道工事を行うためには欠かせない資格です。
今回は資格試験の難易度や勉強の仕方などをご紹介しましょう。
給水装置工事主任技術者の資格を取得したい方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 給水装置工事主任技術者とはどんな資格?
  2. 給水装置工事主任技術者の資格を取得するには?
  3. 給水装置工事主任技術者の難易度や試験科目とは?
  4. 給水装置工事主任技術者の試験勉強の方法とは?
  5. SATの教材を利用してみよう
  6. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

給水方式の仕組みや種類を徹底解説! どんな違いがあるの?

水道は、浄水場から水道管によって使用場所の近くまで運ばれてきます。
しかし、そこから各使用場所から各蛇口へ給水する方法には、いくつかの種類があるのです。
そこで、今回は給水方式の仕組みと種類についてご紹介しましょう。
水には圧力があります。
これを考えないと各蛇口までうまく水が配水されません。
さらに、建物への給水方法が分からなければ、修理方法も分からないでしょう。
建物を管理されている方はぜひこの記事を読んで、給水方法の種類や仕組みを理解してください。

  1. 水道が蛇口から出てくる仕組みとは?
  2. 給水方法の種類とは?
  3. 貯水槽式と直結直圧式のメリット・デメリットとは?
  4. 給水設備で不備が起こった場合の対処法
  5. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

水道メーターの仕組みや種類とは?どこに設置されているの?

私たちの生活に欠かせない水は、水道管を通して浄水場から各家庭や商業施設などへ運ばれます。
そして、各家庭や施設では使用した分の水道料金を水道局へ支払うのです。
水道メーターとは水道の使用料を記録する機器のこと。
今回はその仕組みや種類をご紹介します。
しかし、電気やガスのメーターは見たことがあっても水道のメーターというのは見たことがないという方も多いでしょう。
水道のメーターの見方が分からないと、漏水などが起こったときに対処ができません。
この記事を読んで仕組みや種類を理解してください。

  1. 水道メーターとは?
  2. 水道メーターの仕組みとは?
  3. 水道メーターの種類とは?
  4. 水道メーターの管理は誰が行うの?
  5. 水道メーターの交換が大がかりになる場合とは?
  6. 漏水を発見する方法とは?
  7. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加