カテゴリー:電気工事士

電気工事士

コンセントの交換工事は個人では不可? 電気工事を行える資格について解説

コンセントを増加・交換したいと考えている人は多いと思います。特に、築年数がたった家は、コンセントの差込口が少なかったり、差込口が壊れたりしていることもあるでしょう。また、コンセントプラグも使用しているうちに、傷んできます。コンセントの取り替え自体は、それほど難しいことではありません。しかし、電気関係の工事を行うには資格が必要です。
そこで、今回はコンセントの交換ができる資格を紹介します。

  1. コンセント交換は個人でも可能?
  2. コンセント交換に必要な資格
  3. 電気工事士の資格を取得する方法
  4. コンセントの交換や電気工事士に関するよくある質問

この記事を読めば、資格取得の方法もよく分かるはずです。電気関係の資格取得を考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。


電気工事士

電気工事士の一種・二種の違いを知りたい! 資格試験のポイントは?

「電気工事士」は、ビル・工場・商店・一般住宅などの電気設備の工事を行うために必要な国家資格の1つです。電気工事は一定の資格を取得している人でなければ行うことができません。つまり、電気工事は電気工事士の資格を所有している人だけが行える特殊な仕事といえるでしょう。そんな電気工事士には、電気工事の範囲によって「第一種」と「第二種」に分かれています。自分の仕事に適した資格の種類を選択しなければなりません。本記事では、電気工事士の第一種と第二種の違いと、資格取得のポイントについて解説します。

  1. 電気工事士第一種・第二種の違いは?
  2. 電気工事士の資格取得・試験内容を解説!
  3. 電気工事士資格取得の勉強方法は?
  4. 電気工事士に関してよくある質問

この記事を読むことで、電気工事士の第一種と第二種の違いが分かります。気になっている方や資格取得を目指している方はぜひチェックしてください。


配電盤の役割について解説! 配電盤工事や製造に関する資格も紹介!

配電盤とは、監視用メーターがついている分電盤へ電気を配る盤のことです。高圧受電設備を備えた施設には必ず設置されているもので、産業用機器の一種になります。配電盤を製造するためには高い技術が必要であり、技術を証明する資格も設けられているのです。「電気機器の組み立てをする仕事をしているが、資格を取得したい」と思っている人もいるでしょう。

今回は配電盤の製造や組み立てに関する資格、さらにそれを設置するために必要な資格等を紹介します。

  1. 配電盤とはどのようなもの?
  2. 配電盤に関わる資格とは?
  3. 第二種電気工事士の資格を取得する方法
  4. 配電盤や電気工事に関するよくある質問

この記事を読めば、技術の証明や仕事の幅を広げるためにどんな資格取得を目指していいか、よく分かるでしょう。電気工事士や技能士の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。


ビルメンに電気工事士が必要な理由は? 取得方法と共に解説

ビルメンとは、ビルメンテナンス業務の略です。設備整備や点検・清掃など仕事内容は多岐にわらります。また、ビルメン4点セット・ビルメン3種の神器といった、ビルメン業界で働くならば取得が推奨される資格も豊富です。特に、電気工事士は有資格者を求めている職場も多く、取得すれば仕事の幅も一気に広がるでしょう。
今回は、ビルメン業界に就職する際、電気工事士の資格を取得するメリットや取得方法を解説します。

  1. ビルメンに電気工事士の資格が必要な理由
  2. ビルメン4点セットとは何か
  3. 電気工事士の資格取得方法
  4. 電気工事士に関するよくある質問

この記事を読めば、電気工事士の試験に合格する知識を身につけられる勉強方法なども、よく分かるでしょう。電気工事士の資格取得を考えているという人は、ぜひ読んでみてくださいね。


第二種電気工事士の筆記試験について解説。 内容や試験勉強のコツは?

電気工事士とは、電気工事を行うために必要な資格です。電気工事は、有資格者しか工事を行うことができません。そのため、有資格者は常に一定の需要があり、学生から社会人にまで人気がある資格です。転職や就職に備えて資格を取得しようと考えている人や、資格取得を目指して勉強に励んでいる人もいるでしょう。
今回は、第二種電気工事士の筆記試験内容や試験対策を解説します。

  1. 第二種電気工事士の筆記試験に関する基礎知識
  2. 筆記試験の実例
  3. 筆記試験攻略方法
  4. 第二種電気工事士の試験勉強方法
  5. 第二種電気工事士の筆記試験に関するよくある質問
  6. おわりに

この記事を読めば、試験勉強の方法についてもよく分かることでしょう。第二種電気工事士の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。


電気工事士

ヒートポンプの種類や原理を徹底解説! どこに使われているの?

「ヒートポンプ」とは、少ないエネルギーで大きな熱エネルギーを生み出す技術を指します。
最近は、家電や冷暖房、給湯システムも「省エネ、エコ」が主流ですから、ヒートポンプが使われている家電やシステムはこれからも増え続けるでしょう。
今回は、ヒートポンプの原理や種類をご紹介します。
ヒートポンプという名前を知っていてもその原理や仕組みはよく分からないという方も多いでしょう。
この記事を読めばなぜヒートポンプが省エネでエコなのかお分かりいただけますよ。

  1. ヒートポンプの原理や仕組みとは?
  2. ヒートポンプが熱を運ぶ仕組みとは?
  3. ヒートポンプの仕組みが使われている家電とは?
  4. ヒートポンプの種類とは?
  5. おわりに

電気工事士

アルカリ蓄電池・鉛蓄電池の違いとは?それぞれの特徴と用途について

従来、蓄電池は自動車バッテリーや小型飛行機に使用していました。
近年では携帯電話やノートパソコンなど、使用用途が非常に幅広くなっています。
私たちの生活になくてはならないものと言ってもいいでしょう。
蓄電池にも種類はさまざまですが、「アルカリ」と「鉛」の2種類について説明します。アルカリ・鉛蓄電池それぞれの特徴や用途、違いを一緒にチェックしていきましょう。

  1. アルカリ蓄電池の特徴・用途
  2. 鉛蓄電池の特徴・用途
  3. アルカリ・鉛蓄電池の違い
  4. まとめ

電気工事士

太陽電池の仕組みや種類、用途とは?太陽エネルギーに必要な電池

“エネルギー”は私たちが生活するために必要不可欠なものです。
現在、日本ではほとんどのエネルギーを化石燃料から得ています。
しかし、化石燃料には資源に限界があるので問題になっているのです。
そこで、新しいエネルギーとなる「太陽電池」の仕組みについて説明します。
今あがっている問題を解決できる太陽電池には、一体どのような種類、用途があるのでしょうか。
これから、太陽電池の仕組み、種類、効率や寿命など詳しく説明していきます。
太陽電池について知りたい人はぜひ参考にしてください。

  1. 太陽電池の仕組み
  2. 太陽電池の種類
  3. 太陽電池の効率やコスト
  4. まとめ

電気工事士

電気を遮断する遮断器の種類や役割とは?どんなときに必要になるの?

電気工事にかかわる仕事をしていると、遮断器を扱うことも多いでしょう。遮断器は、電気を安全に使用し、事故を防ぐための安全装置のようなものです。そこで、今回は遮断器の種類や役割についてご紹介します。職場では、特定の遮断器しか使わないという方も多いでしょう。

また、電気工事士の資格試験には遮断器に関する問題も出題されることもあります。電気工事の仕事に就いている方や電気工事士の資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 遮断器の役割とは?
  2. 遮断器の種類とは?
  3. 断路器とは?
  4. 断路器を使用する際の注意点
  5. 遮断動作の種類とは?
  6. 遮断をやめるときの注意点
  7. おわりに

電気工事士

電気工事士の試験内容や難易度は? 合格するための勉強法を徹底解説!

電気は、私たちの生活になくてはならないものです。その電気を使うためには、配線などの工事が必要。しかし、電気は取り扱いを間違えると火災などの危険があります。そのため、電気工事に従事するためには電気工事士という国家資格が必要です。

そこで今回は、電気工事試験の内容や難易度についてご説明します。電気工事はあらゆる施設や一般住宅に必要なものです。ですから、取得しておけば就職の幅も広がるでしょう。電気工事士の資格に興味がある方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 電気工事士とはどんな資格?
  2. 電気工事士を取得するメリット
  3. 電気工事士の受験資格について
  4. 電気工事士の試験内容
  5. 電気工事士の難易度は?
  6. 電気工事士に合格するための勉強方法は?
  7. 電気工事士の試験内容に関するよくある質問
  8. おわりに

電気工事士の資格取得って難しい?