カテゴリー:電気工事施工管理技士

電気設備技術基準について詳しく解説!電気設備の資格に必要な知識

電気を用いる技術には専門知識や安全意識をきちんと持たなければなりません。あやふやな知識は命にかかわる事故を起こしてしまいます。私たちの生活に必要不可欠な電気を安全に使用するため、「電気設備の技術基準」が平成9年に設けられました。そこで、電気設備技術基準とは何なのか、電気設備の技術基準の解釈や有資格者について詳しく説明します。

  1. 電気設備技術基準とは
  2. 電気設備技術基準の解釈について
  3. 電気設備技術基準が定める有資格者について
  4. 電気設備技術基準に関してよくある質問
  5. 電気設備技術基準解釈おすすめの書籍
  6. 電気設備技術基準に関するブログ紹介

この記事を読むことで電気設備技術基準の解釈について詳しくわかります。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒートポンプの種類や原理を徹底解説! どこに使われているの?

「ヒートポンプ」とは、少ないエネルギーで大きな熱エネルギーを生み出す技術を指します。
最近は、家電や冷暖房、給湯システムも「省エネ、エコ」が主流ですから、ヒートポンプが使われている家電やシステムはこれからも増え続けるでしょう。
今回は、ヒートポンプの原理や種類をご紹介します。
ヒートポンプという名前を知っていてもその原理や仕組みはよく分からないという方も多いでしょう。
この記事を読めばなぜヒートポンプが省エネでエコなのかお分かりいただけますよ。

  1. ヒートポンプの原理や仕組みとは?
  2. ヒートポンプが熱を運ぶ仕組みとは?
  3. ヒートポンプの仕組みが使われている家電とは?
  4. ヒートポンプの種類とは?
  5. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

アルカリ蓄電池・鉛蓄電池の違いとは?それぞれの特徴と用途について

従来、蓄電池は自動車バッテリーや小型飛行機に使用していました。
近年では携帯電話やノートパソコンなど、使用用途が非常に幅広くなっています。
私たちの生活になくてはならないものと言ってもいいでしょう。
蓄電池にも種類はさまざまですが、「アルカリ」と「鉛」の2種類について説明します。アルカリ・鉛蓄電池それぞれの特徴や用途、違いを一緒にチェックしていきましょう。

  1. アルカリ蓄電池の特徴・用途
  2. 鉛蓄電池の特徴・用途
  3. アルカリ・鉛蓄電池の違い
  4. まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

【保存版】風力発電の仕組みを徹底解説〜風車の種類完全ガイド

こちらでは、電気工事施工管理技士の資格を目指している方に向けて、風力発電の仕組みを解説しています。

電気工事施工管理技士は建設業の資格であり、2級取得者であれば主任技術者、1級取得者であれば管理技術者として配置可能です。主任技術者は建設工事現場に必ず配置する決まりになっているので、就職面での期待値は十分。資格試験に合格するため、発電に関する幅広い知識を身につけておきましょう。

  1. 風力発電の仕組みを解説!
  2. 風力発電のメリット&デメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加

電気工事施工管理技士になりたい! 人気の参考書はどれ?

電気工事施工管理技士は、電気工事を生業としている方ならば取得しておくと非常に有利な資格です。
会社で取得を推奨しているところも多く、取得のバックアップや資格手当をつけてくれる会社もあるでしょう。
そこで、今回は電気工事施工管理技士の参考書についてご紹介します。
電気工事施工管理技士を独学で取得しようと思う場合、参考書選びは欠かせません。
人気の参考書とはどのようなものでしょうか?
また、独学以外の勉強法についてもご紹介します。
電気工事施工管理技士の資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 電気工事施工管理技士とはどのような資格?
  2. 電気工事施工管理技士の資格を取得する方法とは?
  3. 電気工事施工管理技士の難易度や合格率とは?
  4. 電気工事化施工管理技士の参考書の選び方と独学の問題点
  5. SATの教材を試してみよう
  6. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

電気工事施工管理技士の合格率や難易度は?効果的な勉強法を紹介!

電気工事施工管理技士は、数ある電気関係の資格の中でも建築業にたずさわっている方が取得すると、便利な資格です。
そこで、今回は電気工事施工管理技士の合格率や難易度に付いてご紹介します。
電気工事は、ほかの土木工事と違い資格がなければ工事資格がありません。
その中でも施工管理技士の資格を取得すれば建築工事をする際に、電気工事の統括を行うことができます。
ですから、電気工事を仕事にしている方なら取得しておいて損はないでしょう。
興味がある方はぜひ読んでみてくださいね。

  1. 電気工事施工管理技士とは?
  2. 電気工事施工管理技士の受験資格や難易度・合格率とは?
  3. 受験勉強の方法とは?
  4. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

電気工事施工管理技士の資格を取得するメリット・就職先を徹底解説!

電気にかかわる資格は、たくさんあります。
また、就職先も幅広く取得しておくと転職や就職にも有利です。
そこで、今回はそんな電気関係の資格のひとつ電気工事施工管理技士 のメリットについてご紹介しましょう。
施工管理技士にはいくつかの種類がありますが、これを取得すれば、電気工事においてかなりの権限を持てます。
また、今回は資格取得の方法や難易度などもご紹介しましょう。
この資格取得を目指している人だけでなく、興味がある方もぜひ読んでみてくださいね。

  1. 電気工事施工管理技士とはどんな資格?
  2. 電気工事施工管理技士のメリットとは?
  3. 電気工事施工管理技士の資格を取得するには?
  4. 電気工事施工管理技士の試験に合格するための勉強方法とは?
  5. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽電池の仕組みや種類、用途とは?太陽エネルギーに必要な電池

“エネルギー”は私たちが生活するために必要不可欠なものです。
現在、日本ではほとんどのエネルギーを化石燃料から得ています。
しかし、化石燃料には資源に限界があるので問題になっているのです。
そこで、新しいエネルギーとなる「太陽電池」の仕組みについて説明します。
今あがっている問題を解決できる太陽電池には、一体どのような種類、用途があるのでしょうか。
これから、太陽電池の仕組み、種類、効率や寿命など詳しく説明していきます。
太陽電池について知りたい人はぜひ参考にしてください。

  1. 太陽電池の仕組み
  2. 太陽電池の種類
  3. 太陽電池の効率やコスト
  4. まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

電気を遮断する遮断器の種類や役割とは?どんなときに必要になるの?

電気工事にかかわる仕事をしていると、遮断器を扱うことも多いでしょう。
遮断器は、電気を安全に使用し、事故を防ぐための安全装置のようなものです。
そこで、今回は遮断器の種類や役割についてご紹介します。
職場では、特定の遮断器しか使わないという方も多いでしょう。
また、電気工事施工管理技士の資格試験には遮断器にかんする問題も出題されることもあります。
電気工事の仕事に就いている方や電気工事施工管理技士の資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 遮断器の役割とは?
  2. 遮断器の種類とは?
  3. 断路器とは?
  4. 断路器を使用する際の注意点
  5. 遮断動作の種類とは?
  6. 遮断をやめるときの注意点
  7. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

電気主任技術者試験の難易度や試験内容を徹底解説! 受験資格・対策方法も!

電気に関する仕事に就いていたり、工業系の高校や専門学校に通っていたりする人が取得を勧められる資格に「電気主任技術者」があります。
この資格を取得しておくと、就職の幅が広がったり資格手当がついたりするでしょう。
そこで、今回は電気主任技術者試験の難易度や内容についてご紹介します。
「難易度が高く、何回も挑戦しなければ受からない」というイメージを持っている方も多いですが、電気主任技術者には種類があるのです。
ですから、自分のレベルに合わせて資格をステップアップしていくのも可能でしょう。
将来電気関係の仕事に就きたいという方や、今電気関係の勉強をしているという方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 電気主任技術者とはどんな資格?
  2. 電気主任技術者の種類とは?
  3. 電気主任技術者試験の内容や難易度とは?
  4. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加