カテゴリー:高圧ガス製造保安責任者

高圧ガス製造保安責任者

高圧ガス保安業務に関わる資格を取るには? 試験内容などを解説

高圧ガスとは、0.21MPau以上で高圧ガスとなるアセチレンガスを除き、常用の温度で1MPa(約10気圧)以上のガスなどを指します。このようなガスを製造する場所には「高圧ガス製造保安責任者」という資格を持った方を保安のために選任しなくてはなりません。資格を取得すれば、高圧ガスを製造する現場はもちろんのこと、販売所や高圧ガスを使った機器を設置してある施設でも保安業務を行うことができます。

そこで、今回は高圧ガスを取り扱うために必要な資格についてご紹介しましょう。

  1. 高圧ガスとは?
  2. 高圧ガスの保安業務にかかわる資格について
  3. 高圧ガス製造保安責任者の資格を取得する方法や勉強法
  4. 高圧ガスにかかわる資格についてのよくある質問

この記事を読めば、高圧ガスを取り扱ったり保安したりするにはどのような資格が必要なのか、よく分かります。高圧ガス保安責任者の資格を取得したいと考えている方は、ぜひ読んでみてくださいね。


高圧ガス製造保安責任者

高圧ガスに関する資格を知りたい方必見!!高圧ガス保安法とは?

高圧ガス保安法とは、高圧ガスによる災害を防ぐために、貯蔵・販売・運搬・製造・移動などを定めた法律のことです。
また、高圧ガス保安法に基づいて高圧ガスを取り扱える資格である高圧ガス製造保安責任者が定められています。
今回は、高圧ガス保安法とそれに基づいた資格についてご紹介しましょう。

  1. 高圧ガス保安法とはどのような法律?
  2. 高圧ガス保安法が定める有資格者について
  3. 高圧ガス製造保安責任者の試験や講習について
  4. 高圧ガス保安法に対するよくある質問

高圧ガスは私たちの身近な空調にも使われていますが、それを取り扱うにも資格が必要になります。
高圧ガス製造保安責任者は、資格によっては名前が全く違うものもありますので、この記事を読んでどんな資格があるのかしっかり把握してください。
法律について知りたい方も必見です。


高圧ガス製造保安責任者

高圧ガス製造保安責任者になりたい!!資格の種類や取得方法とは!?

高圧ガス製造保安責任者とは、あまり耳慣れない資格です。今初めて聞いたという方もいるでしょう。高圧ガスとは、文字どおり圧力の高いガスのこと。ガスというと都市ガスやプロパンガスをイメージされる方も多いですが、工業用、医療用、さらにエアコンなどの空調にも高圧ガスは利用されています。

そこで、今回は高圧ガス製造保安責任者の職務、必要とされている職場、資格取得の方法などをご紹介しましょう。ビルメンテナンスの仕事に就く場合も、取得しておいて損はありません。

  1. 高圧ガス製造保安責任者とはどんな資格?
  2. 高圧ガス製造保安責任者の資格の種類とは?
  3. 高圧ガス製造保安責任者の資格取得者の職場や求人について
  4. 高圧ガス製造保安責任者の講習とは?
  5. 高圧ガス製造保安責任者の試験について
  6. ガス高圧保安責任者の試験勉強のコツ
  7. 高圧ガス製造保安責任者に対するよくある質問

知名度が低い資格の場合、興味はあるけれども情報を集めにくいと悩んでいる方もいるでしょう。この記事を読めば高圧ガス製造保安責任者の有資格者ができることだけでなく、資格を効率的に取得する方法なども分かりますよ。高圧ガス製造保安責任者の資格取得を目指す方も必見です。


高圧ガス製造保安責任者

高圧ガスの定義や種類は?扱うのに必要な資格・取得方法も解説

高圧ガスは、私たちの生活のいたるところで使われています。家庭で使用するプロパンガスも高圧ガスの一種です。しかし、高圧ガスは取り扱いを間違えると取り返しの付かないことにもなりかねません。

そこで、今回は高圧ガスの定義や種類についてご紹介しましょう。高圧ガスは会社などだけではなく、医療の現場や大学の研究室などでも使われています。つまり、いろいろな立場の人が高圧ガスを扱っているのです。

この記事では、高圧ガスの種類や定義、取り扱い方、特定の高圧ガスを扱える資格についてご紹介します。高圧ガスを扱う方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 高圧ガスの定義とは?
  2. 高圧ガスにはどんな種類があるの?
  3. 高圧ガス保安法とは?
  4. 高圧ガス製造保安責任者とは?
  5. おわりに