飽和潜水の原理と課題とは?手順とともにご紹介します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

飽和潜水とは、人が深海に潜るための技術のひとつです。
通常、酸素ボンベを背負ったダイビングでは、水深数メートルのところまでで精一杯でしょう。
しかし、飽和潜水の技術を使えば最大で400m以上の潜水が可能です。
そこで、今回は飽和潜水の原理や課題をご紹介します。
どんな技術を使えば、人の体が水圧に耐えて100m以上も潜れるようになるのでしょうか?
答えは、この記事を読めばわかります。
潜水士を目指している方もぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 飽和潜水とはどのような技術?
  2. 飽和潜水の手順とは?
  3. 飽和潜水の課題とは?
  4. おわり

1.飽和潜水とはどのような技術?

飽和潜水とは、人の体を深海の圧力に耐えられるように処置をしてから潜水を行う技術です。
飽和潜水を行えば、100m以上の深海でも安全に長時間作業ができます。
では、飽和潜水とはどのような技術なのでしょうか?
まずはその原理をご説明します。
人間の体の中には、いろいろな気体が溶けこんでいるのです。
潜水をすると、気圧よりも圧力の高い水圧が人体にかかります。
すると、窒素などの気体が体の組織に地上にいるときよりも多く溶けこんでいくのです。
また、浮上をしていくと今度は水圧が減少していきますから、組織内に溶けこんでいた気体は、血管中などに排出されて体外で出ていきます。これがスムーズに行われていれば問題はありません。
しかし、体調が悪かったり深海から海面まで急激に浮上したりすると、血管内に気体が気泡となって現れることもあるでしょう。
すると、それが塞栓(そくせん)となり、血管を破いてしまうこともあります。
これが、「減圧症(潜水病)」といわれる症状です。
深海に潜るほど、体組織に溶けこんだり再び排出されたりする気体の量は多くなり、減圧症を発症するリスクは高まります。
しかし、体組織に溶けこめる気体の量には限りがあるのです。
そのため、あらかじめ地上で加圧を行って体組織に飽和状態まで気体を取りこませておけば、潜水効率も安全性も高まります。
これが飽和潜水の原理です。
ちなみに、深く潜水するほど加圧と減圧に時間がかかります。
たとえば、水深40mまで潜るのには2時間以上かかり、作業できる時間は数十分です。
しかし、飽和潜水を行えば数分で潜水でき作業時間をその分長くできます。
これを「潜水効率がよい」といい、飽和潜水の大きなメリットです。
一般のダイビングは酸素ボンベを背負っただけで水中に入りますが、飽和潜水を行う際は、特殊な再圧タンクの中に入って水中と地上を行き来します。

12