飽和潜水の原理と課題とは?手順とともにご紹介します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

飽和潜水とは、人が深海に潜るための技術のひとつです。
通常、酸素ボンベを背負ったダイビングでは、水深数メートルのところまでで精一杯でしょう。
しかし、飽和潜水の技術を使えば最大で400m以上の潜水が可能です。
そこで、今回は飽和潜水の原理や課題をご紹介します。
どんな技術を使えば、人の体が水圧に耐えて100m以上も潜れるようになるのでしょうか?
答えは、この記事を読めばわかります。
潜水士を目指している方もぜひこの記事を読んでみてくださいね。