山留工事の種類や工法とは?どんなものがあるの?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

山留工事とは、地下を掘ったときに周囲の土が工事をしているところに流れ込まないように、周りの地面を固める工事です。地下工事には必ず必要な工事ですから、種類もたくさんあります。

そこで、今回は山留工事の種類や工法についてご説明しましょう。山留工事が不十分だったり工法が合っていなかったりすると、事故や工期の遅れにつながります。ですから、土木工事にかかわる方は、必ず覚えておきましょう。建築施工管理技士の資格取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 山留工事はどんなときに必要?
  2. 山留工事の種類は?
  3. 山留工事の種類の選び方は?
  4. 山留専門業者について
  5. おわりに

1.山留工事はどんなときに必要?

前述したように、山留工事とは掘削工事をするときに側面を保護して、周囲地盤の崩壊や、土砂の流出を止めるための工事です。砂場で穴を掘ったことがある方なら、掘っているうちに周囲の砂が崩れてきて、穴が埋まってしまったという経験があるでしょう。地面と深く掘ったり、より長い距離を掘ったりするほど崩落や土砂流出の危険は高くなります。しかし、山留工事をするには費用と時間がかかるのです。ですから、掘削が容易な場合や敷地に十分な余裕がある場合は、オープンカット法という山留を設けずに工事を進めていくこともあるでしょう。

また、山留が必要な場合は工事現場の土質、地下水位、周辺の建築物や地盤上の荷重を考えて、予算と比べてから工事方法を決めなくてはなりません。

12