シックビル症候群とはどんなもの?その原因や症状とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

東京や大阪などの都市部ではビルの再開発が進み、高層ビルが次々に新しく建てられています。しかし、その一方で「シックビル症候群」に苦しむ人もいるのです。では、シックビル症候群とはいったいどんなものなのでしょうか?

そこで、今回はシックビル症候群の原因や症状をご紹介します。シックビル症候群はアメリカの方が発症は多く、ビル管理に関する法律が整っている日本では起こりにくいといわれてきました。しかし、絶対に発症しないとはいえません。建物環境衛生管理技術者の方は、ぜひこの記事を読んで対策の参考にしてください。

  1. シックビル症候群とは?
  2. シックビル症候群が発生しやすいビルとは?
  3. シックビル症候群が発生したかどうか見極める方法とは?
  4. シックビル症候群が発生した場合の対処法とは?
  5. おわりに

1.シックビル症候群とは?

シックビル症候群とは、アメリカで発見され名づけられた症状の総称です。ビルは、一般の住宅に比べて密閉性が高く、空調で空気を循環させているところが多いでしょう。大きなビルになるほど、新鮮な空気の出入りが少ないです。その結果、空気中に酸素や二酸化炭素が増加して、健康に悪影響を与えることがあります。

また、ビルを新築した際の建築材料の中にホルムアルデヒドが多く含まれていると、呼吸器官の粘膜が荒れたり、呼吸が苦しくなったりすることがあるでしょう。さらに、症状がひどいと肌に湿しんが現れたりめまいや吐き気が止まらなかったりします。ビルは、空気の出入りが少ないので空気中のホルムアルデヒドが一般住宅より長くとどまるため、このような症状が出やすいのです。

日本では、ビルの管理に関する法律が早く設定されたため、ビルでこのような症状を発症する人の例はほとんどありませんでした。その代わり、一般住宅や学校でホルムアルデヒドが原因のアレルギー症状が、90年代になると盛んに報告されるようになったのです。ですから、日本ではシックビル症候群ではなくシックハウス症候群と名づけられました。しかし、日本でもビルの空調に不備があれば、シックビル症候群が発症する可能性がゼロではないのです。

12