現場監督になるために必要な資格は? 取り方と種類を知りたい方必見

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

現場監督とは、土木工事や建築工事の現場で施工管理や安全管理、技術的な指導などを行う役職のことです。一定規模の工事現場では、主任技術者や監理技術者の選任が義務づけられており、選任者が現場監督を行います。現場監督になることができれば、昇進や昇給ものぞめるでしょう。

そこで、今回は建築現場の現場監督になるために必要な資格などをご紹介します。

  1. 現場監督についての基礎知識
  2. 現場監督になるための方法は?
  3. 現場監督に関係する資格について
  4. 現場監督に関するよくある質問

この記事を読めば、現場監督になる方法がよく分かることでしょう。建築士や各種施工管理技士の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。


1.現場監督についての基礎知識

はじめに、現場監督の仕事内容や選任される条件などを解説します。どのような仕事を行うことができるのでしょうか?

1-1.現場監督とは?

現場監督とは、工事が適正かつ予定通りに行えるように施工管理や品質管理・安全管理・作業員への技術的な指導などを行います。建設工事は、規模が大きくなるほどたくさんの人々が関わってくるものです。現場監督は作業員の司令塔となって、工事を進めて行く必要があります。ですから、知識や技術だけでなく、コミュニケーション能力も大切です。

また、工事に関する書類の作成も現場監督の仕事になります。そのため、仕事が終わってから夜遅くまで書類の作成に追われることもあるでしょう。必然的に労働時間は長くなり、やりがいはあるけれど大変な仕事です。

1-2.現場監督の種類は?

一口に建設工事といっても、その種類はさまざまです。一例をあげるだけでも、建物を建てる建築工事、橋やトンネル・道路などを作る土木工事、電気工事、水道管や空調設備の取り付けや撤去を行う管工事などがあります。現場監督になるには、それらの工事に対する専門的な知識や技術が必要です。ですから、現場監督の種類も工事の数だけあります。なかでも、土木工事や建設工事を行える監督は重宝されるでしょう。

1-3.現場監督の必要性

一定規模の工事現場には、主任技術者や監理技術者の選任が義務付けられています。主任技術者は中小規模の工事現場、監理技術者は大規模な工事現場の監督を行うことが可能です。主任技術者になるには、一定の実務経験を積むか施工管理技士などの資格が必要になります。監理技術者の場合は、施工管理技士の資格を取得した後で講習を受ければ選任が可能です。
経験豊富な現場監督は、どのような工事現場でも重宝されることでしょう。転職にも有利です。

1-4.現場監督に選任されるメリット

現場監督に選任されると、人を動かして一つの仕事を成し遂げる経験を積むことができます。優秀な技術者も現場では必要ですが、技術者をまとめて適正に工事を進めることができるリーダーも重要です。優秀なリーダーになるためには、経験が必要になります。ですから、現場監督として長年いろいろな工事に携わっていれば、転職や再就職にも有利です。

ちなみに、現場監督は40代後半~50代前半が最も給与が高く、450万~500万円が平均となっています。つまり、一人前の現場監督になるには、それだけの時間が必要といえるでしょう。この年代で一流の現場監督になるためには、30代には現場監督に選任することができる資格を取得するとよいですね。

12