土壌汚染対策法とはどんな法律?土壌汚染を防ぐことはできるの?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

土壌汚染とは、文字どおり土に有害な物質は染みこんでしまうことです。土壌汚染が発生すると、その土地が長期間使用不可能になることもあります。土壌汚染は大気や水の汚染よりも分かりにくいため、発見が遅れることも珍しくありません。では、どのように土壌の状態を調査すれば汚染を未然に防げるのでしょうか?

今回は土壌汚染を防止する方法や土壌汚染対策法などについてご紹介します。

  1. 土壌汚染とは?
  2. 土壌汚染はなぜ起こる?
  3. 土壌汚染を防ぐ方法とは?
  4. 土壌汚染調査をする方法とは?
  5. 個人でも土壌汚染調査は行えるの?
  6. 公害防止管理者の資格取得方法
  7. 土壌汚染に関するよくある質問
  8. おわりに

1.土壌汚染とは?

土壌汚染とは、重金属や有機溶剤・油・農薬などが土壌中に人の健康に悪影響を及ぼすほど含まれている状態のことを指します。かつて、土壌汚染が問題になっていたのは農地だけでした。汚染されている土地で農業を行うと、汚染物質が農作物に含有されてしまいます。しかし、現在では住宅や商業施設などを建設する土地も土壌汚染の有無を詳しく調べるようになりました。現在、東京の築地市場に移転問題が持ち上がっている原因のひとつが、移転先に土壌汚染が発見されたからです。

また、土壌汚染は空気や水の汚染よりも原因や責任者が特定しにくいといわれています。これは、土壌汚染が発生するまでに時間がかかることと、発生の時期が特定しにくいためです。たとえば、ある建物が立ち退いた後で土壌汚染の調査をしたら、汚染が確認されたとしましょう。しかし、立ち退いた建物は、汚染の原因となる物質を使っていませんでした。こうなると、汚染を行った責任者を特定するのは非常に困難です。そのため、土壌汚染の責任の所在を巡って裁判になったケースもあります。一度発生すると非常に厄介な汚染といえるでしょう。

土壌汚染が人体に与える影響

土壌汚染は、人体に直接的にも間接的にも影響を与えます。土に染みこんだ汚染物質は土と共に風に乗って舞い上がり、口や鼻・皮膚から体内に入り、悪影響を及ぼすこともあるでしょう。これが直接的な影響です。また、土壌に染みこんだ水や、土壌で育った植物も有害物質に汚染されます。それらを口にした場合も悪影響が出るでしょう。水や植物は、土そのものよりも広範囲に影響を与えることがあります。

大気汚染・水質汚染とは違う特徴は?

大気や水の汚染は、大気や水の動きにより比較的短時間に汚染物質が拡散します。そのため、汚染物質が広範囲に広がりやすいという問題がある一方、汚染物質の濃度が人体に影響ない程度に下がる時間も短いでしょう。しかし、土壌汚染の場合は、長期間にわたって汚染物質が同じ場所にとどまりやすいのです。一例をあげると、明治時代に鉱毒事件が発生した足尾銅山跡地に堆積している土砂からは、現在まで基準値を超える鉛が検出され続けています。

公害防止管理者 水質最短合格の秘密はこちら 水質最短合格の秘密はこちら