固体燃料と種類と特徴とは?身近なあれも固体燃料です。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

私たちの生活になくてはならない燃料。しかし、種類によって得られるエネルギーも環境に及ぼす影響も違うのです。
そこで、今回は固体燃料の種類と特徴についてご紹介します。
固体燃料は、燃料の中でも最も長い歴史を持っているのです。
また、液体の燃料や気体の燃料に比べると大火力を長時間保って起きやすいといったメリットもあるでしょう。
しかし、その反面燃料から発生する物質が環境に及ぼす影響も心配されています。
公害防止管理者の資格取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 燃料とは?
  2. 固体燃料の特徴とは?
  3. 固体燃料のデメリットとは?
  4. 公害防止管理者の役割とは?
  5. おわりに

1.燃料とは?

燃料とは、化学反応を利用してエネルギーを起こすものです。
一番わかりやすいのが、火を燃やすことでしょう。
火は大きなエネルギーです。
大きな火力を長時間維持し続けるほど、燃料の消費は激しくなります。
最近の家電製品は必ず「省エネ」という文言が使われているでしょう。
これは、より少ない燃料でより多くのエネルギーを生み出すという意味です。
しかし、用途によっては燃料をたくさん使ってでも高エネルギーを生み出す必要があります。
そのためには、燃料の種類をよく選ばなければなりません。

12
公害防止管理者 水質最短合格の秘密はこちら 水質最短合格の秘密はこちら