特定工場に指定される条件とは?法律や規制についてご紹介します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

特定工場とは、操業中に排出される空気や水、さらに製造などに使われる物質が公害の原因になる可能性のあるものを使っている工場のことです。
これらの工場は、公害防止管理者を選任し、公害を防止する設備を設置しなければなりません。
今回は、この特定工場とはどのような工場なのか、ということをご説明しましょう。
公害防止管理者を目指す方はもちろんのこと、自分の職場が特定工場に指定されているという方はぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 公害と特定工場の関係とは?
  2. 特定工場に関する法律や義務とは?
  3. 公害防止管理者の選任や届け出について
  4. 公害防止管理者の職務とは?
  5. おわりに

1.公害と特定工場の関係とは?

公害とは、人の活動にともなって発生する大気・水・土の汚染。騒音や振動、地盤沈下や悪臭などです。
人の文明が発達するにつれて公害の規模も大きくなりました。
日本でも昭和30年代~40年代にかけて各地で公害が発生し、たくさんの被害者が出たのです。
学校の授業で習った方も多いでしょう。公害が発生する原因は複数あります。
その中でも、操業しているときに出る排気や排水、有害な副産物が原因となった例が多いのです。
実際、日本で発生した大規模公害のほとんどが、工場から出る排水や排気が原因のもの。
ですから、公害の原因となる物質がどうしても発生してしまう工場を「特定工場」に指定し、規制をかけることで公害を未然に防いでいるのです。

12