特定工場の公害防止管理者とは? 資格の種類や試験概要をチェック!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

工場から排出される物質・水・空気の中には、公害を引き起こす物質があります。有害物質を排出する工場=特定工場は、公害を防ぐための設備を整え、管理する者を置かなければなりません。公害を防ぐために必要な管理者のことを「公害防止管理者」といいます。公害防止管理者法に基づいた資格で、国家試験に合格しなければ取得できません。そこで、本記事では、特定工場の公害防止管理者とは何なのか、資格概要・取得方法について詳しく説明します。

  1. 特定工場の公害防止管理者について
  2. 特定工場の公害防止管理者に必要な資格
  3. 公害防止管理者の資格取得について
  4. 公害防止管理者に関してよくある質問

この記事を読むことで、特定工場の公害防止管理者になるために必要な情報が入手できます。特定工場の公害防止管理者について知りたい方や資格試験を考えている方は必見です。


1.特定工場の公害防止管理者について

まずは、特定工場や公害防止管理者の選任義務といった基本情報を把握しておかなければなりません。資格取得を考えている方は、ぜひチェックしてください。

1-1.特定工場とは

特定工場とは、有害物質が発生する工場のことです。一般的な工場から排出される物質は、私たちに害を与えません。しかし、特定工場は汚水・煙・粉じん・騒音・ダイオキシンなど害となるものが発生します。特定工場の数はさほど多くないですが、電気供給業・製造業・熱供給業など特定工場に指定される業種は幅広いのです。

1-2.公害防止管理者の選任義務について

特定工場に指定された場合、公害防止のための管理者を選任しなければなりません。公害防止管理者の選任義務は最も大切な項目です。また、特定工場の責任者が選任義務を負います。きちんと選んで公害防止管理者を設置しなければなりません。選任していない特定工場は、法律違反として警告・指導されることになるのです。

1-3.公害防止管理者の職務

公害防止管理者は、主に、公害を発生させないための管理・取り組みをおこないます。具体的な職務は以下のとおりです。

  • 燃料・原材料の検査
  • 騒音・振動発生施設の配置改善
  • 排出水・地下浸透水の汚染状態測定
  • ばい煙の量・特定粉じんの濃度測定
  • 排出ガス・排出水に含まれるダイオキシン量の測定
12
公害防止管理者 水質最短合格の秘密はこちら 水質最短合格の秘密はこちら