スプリンクラーヘッドの種類や用途を紹介! どんな風に使い分けるの?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

スプリンクラーとは、熱や煙を感知すると放水を始める初期消火のための装置です。
現在、ホテルや商業施設など不特定多数の方が長時間過ごす施設には、必ず設置されています。
今回は、このスプリンクラーヘッドの種類とスプリンクラーの用途についてご紹介しましょう。
スプリンクラーと一口にいっても、水の出方やタイミングに微妙な違いがあるのです。
設置する場所によって適したヘッドを選ばなければ、その機能を十分に果たせません。
消防設備士を目指す方も、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. スプリンクラーの用途とは?
  2. スプリンクラーの仕組みとは?
  3. スプリンクラーヘッドの種類とは?
  4. スプリンクラーヘッドの誤作動を防ぐためには?
  5. おわりに

1.スプリンクラーの用途とは?

スプリンクラーは消防設備のひとつであり、熱や煙を感知して自動で放水する設備です。
映画やドラマで火災が発生すると一斉に天井から水が降ってくるシーンを見たことがある方も多いでしょう。
あれが、スプリンクラーが作動している様子です。
火災がまだ小さいうちは、天井からの一斉放水というのは非常に有効な消火方法になります。
ですから、消防法により、一定の広さや階数をもつ建物には設置が義務づけられているのです。

12