学校環境衛生基準や学校環境衛⽣管理マニュアルとはどのようなもの?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

学校環境衛生基準とは、文部科学省が定める学校の環境に対する基準です。学校は、多くの人々が長時間過ごす施設のため、空気・照明・騒音・室温などが適切に保たれていないと、使用者の健康を損ねることもあるでしょう。そのため、文部科学省では学校環境衛⽣管理マニュアルを作成し、学校環境衛生基準を分かりやすく解説しています。

今回は、学校環境衛生基準について解説しましょう。

  1. 学校環境衛生基準の基礎知識
  2. 学校環境衛生の課題などについて
  3. 大規模な建物として学校の衛生管理をする場合
  4. 学校環境衛生基準に対するよくある質問

この記事を読めば、学校の環境などを守る職務についてもよく分かります。建築物環境衛生管理技術者の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。


1.学校環境衛生基準の基礎知識

はじめに、学校環境衛生基準とはどのようなものかを解説します。なぜ、基準が設けられているのでしょうか?

1-1.なぜ、学校に環境衛生基準が必要なのか?

学校は、多くの児童や教諭が利用する施設です。学校安全保健法では、児童生徒等および 職員の心身の健康の保持増進のためにも健康診断や環境衛生検査が必要と定められています。そのための基準が衛生環境基準です。この基準に基づいて学校の環境衛生検査を行い、改善点があればすぐに改める必要があります。

1-2.どのようなものが環境衛生検査をする必要があるの?

環境衛生検査対象となるのは、

  • 換気・保温・採光・照明などの教室の環境
  • 飲料水の水質や設備
  • ネズミや害虫の有無
  • 備品管理
  • プールの環境

などです。検査には日常点検と定期点検があり、日常点検は教職員が行い、定期点検は学校薬剤師が行うようになっています。

1-3.基準やマニュアルについて

学校環境衛生基準のマニュアルは、文部科学省の該当ページで公開されています。また、テキスト式のマニュアルも書店やネットショップで販売されていますので、必要ならば購入しましょう。

1-4.点検の頻度について

換気・保温・採光・照明等の教室環境や備品の管理など、日常的に行う点検は、学校の教職員が毎日校内巡回などをして行います。定期点検の場合は、年に1~3回の割合で学校薬剤師が行い、県の教育委員会に報告し、年度ごとに集計されるのです。
なお、この点検はあくまでも目安であり、完全実施が望ましいとされているものの、完璧に行えなかったからといって罰則等はありません。

12