エレベーターの法定点検とはどんなもの?そのやり方とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

一定の階数があるビルに必ず設置されている装置といえば、エレベーターです。
高層ビルほどその重要性は増すでしょう。
しかし、エレベーターはビル設備の中でも事故が起こりやすく、大事になりやすいのです。
そこで欠かせないのが法定点検。
今回は、法定点検の頻度や内容をご紹介しましょう。
数年前にエレベーターによる大規模な事故が多発して以来、エレベーターの法定点検の頻度や内容が改定されました。
ですから、より頻繁に点検を行わなくてはならないのです。
建築物環境衛生管理技術者の方は、ぜひこの記事を読んで点検の参考にしてくださいね。

目次

  1. ビルにおけるエレベーターの重要性とは?
  2. エレベーターの点検を怠ると発生しやすい事故とは?
  3. エレベーターの法定点検とは?
  4. おわりに

1.ビルにおけるエレベーターの重要性とは?

3階以上の高さがあるビルならば、よほど古い物件でない限り、エレベーターが備えつけられています。
現在は、20階以上の階数のあるビルも珍しくありません。
高層ビルになるほど、エレベーターがなければ昇降も難しいでしょう。
実際、大地震が起きてエレベーターが止まった場合、高層階から下りられなかったり高層階にある自宅に戻れなかったりする人が大量に発生することが予想されています。
また、何らかの原因でエレベーターが故障して使えなくなったりすると、多くの方に影響が出るでしょう。
特に、不特定多数が利用する商業施設などでは、エレベーターが故障すれば、施設自体が使用不可能になってしまいます。
ですから、エレベーターはビルの生命線といっても過言ではないのです。

12