平成30年度新設! 電気通信工事施工管理技術検定の内容や取得のメリット

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

電気通信工事施工管理技術検定とは、30年ぶりに国土交通省が追加を検討している技術検定です。この検定に合格すれば、電気通信工事施工管理技士の資格を取得できます。電気通信工事に関しては、工事量は増加しているのに監理技術者は逆に減少傾向にあったため、技術者不足が問題になっていました。取得すれば、電気通信工事の技術が証明できるだけでなく、転職などにも大変有利になることでしょう。

今回は、電気通信工事施工管理技術検定について、現時点で分かっている試験内容や受験資格などを解説します。