阻集器の用途や種類とは?どんな場所につけられるの?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

阻集器とは聞きなれない名前ですが、排水設備の一種です。
私たちは、いろいろな場所で水を使います。
調理や入浴、さらに介護や医療、建築の現場でも水は欠かせません。
すると、水と一緒にいろいろなものが流されます。
阻集器はそれらが配水管をつまらせないようにするための設備です。
今回は、阻集器の種類と用途についてご紹介します。
排水口に流されるものが違えば、阻集器の種類も変える必要があるのです。
建築物環境衛生管理技術者の資格取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 阻集器とは?
  2. 阻集器の種類とは?
  3. 阻集器の設置基準とは?
  4. 阻集器の手入れについて
  5. おわりに

1.阻集器とは?

阻集器とは、前述したように排水口に流された異物が排水管をつまらせないように取り除き、水のみを回収するための設備です。
配管がつまってしまうと、水が流れなくなるだけではなく、汚水が逆流してくることもあります。
平屋でも汚水の逆流は一大事ですが、ビルや商業施設の場合は、ほかのテナントにまで迷惑がかかるでしょう。
ですから、阻集器は水回りに必ず必要な設備なのです。
さて、排水口に水以外の異物を流さないようについている器具というと、残さ受(バスケット)やトラップ管を思い浮かべる方も多いでしょう。
阻集器はそれらすべてが一体となった器具と考えください。
また、阻集器自体は土間に埋められたりシンクの下に入っていたりします。
ですから、通常は人の目に触れることはありません。
しかし、これが不具合を起こすと排水の中に異物が混入してしまいます。
阻集器は、通常受けかご、水槽、トラップ管の3点による構造になっているのです。
また、定期的に清掃しなければ水槽やトラップ管がつまってしまう恐れもあるでしょう。

12