大気汚染はなぜ起こる?その種類と対策をご紹介します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

私たちが生きていくためには、水と大気が欠かせません。
しかし、私たちが文明的な生活をしていると、大気汚染が発生するのです。
それはいったいなぜでしょうか?
そこで、今回は大気汚染の種類と対策をご紹介します。
現在は、中国の大気汚染が非常に深刻な問題になっていますが、40年ほど前は日本でも深刻な大気汚染が起こっていたのです。
また、私たちが気をつけることで防げる大気汚染もあります。
興味がある方や公害防止管理者の方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. 大気汚染とは?
  2. 大気汚染の種類とは?
  3. 大気汚染の現状とは?
  4. 個人でできる大気汚染対策とは?
  5. おわりに

1.大気汚染とは?

大気汚染とは、大気中に生物にとって有害な微粒子や気体成分が増加して、人体に悪影響が出ることです。
近代になってから発生するようになったと思われがちですが、最古の大気汚染の記録は西暦61年。
ローマに住むセネカが、都市部の家々から発生する煙や生活排水から発生する悪臭を嘆いている手記が残っています。
その当時の燃料といえば薪です。
天然資源ですが、大量に燃やせば有害な物質は増えます。
ですから、山火事や火山の噴火でも大気汚染は発生するのです。
しかし、このような天然資源は規模も小さく時間がたつと同時に消えていきます。
現代の大気汚染はPM2.5などの化学物質が主な原因で、しかも広範囲にわたっているのです。
中には、海を越えてわたってくる汚染物質もあるでしょう。
対策を立てない限り、私たちが文明的な生活をし続ければ大気汚染は進んでいくのです。
また、大気汚染が進むと、主に呼吸器官に強い影響が出ます。
ぜんそくや肺気腫、軽いものではのどや胸の痛みなどを訴えることが多いでしょう。
さらに、大気汚染物質が雨と混じり合うと「酸性雨」になり、植物に強い悪影響を与えるのです。

12
公害防止管理者 水質最短合格の秘密はこちら 水質最短合格の秘密はこちら