水道メーターの仕組みや種類とは?どこに設置されているの?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

私たちの生活に欠かせない水は、水道管を通して浄水場から各家庭や商業施設などへ運ばれます。
そして、各家庭や施設では使用した分の水道料金を水道局へ支払うのです。
水道メーターとは水道の使用料を記録する機器のこと。
今回はその仕組みや種類をご紹介します。
しかし、電気やガスのメーターは見たことがあっても水道のメーターというのは見たことがないという方も多いでしょう。
水道のメーターの見方が分からないと、漏水などが起こったときに対処ができません。
この記事を読んで仕組みや種類を理解してください。

  1. 水道メーターとは?
  2. 水道メーターの仕組みとは?
  3. 水道メーターの種類とは?
  4. 水道メーターの管理は誰が行うの?
  5. 水道メーターの交換が大がかりになる場合とは?
  6. 漏水を発見する方法とは?
  7. おわりに

1.水道メーターとは?

水道メーターとは、電気やガスと同じようにどのくらい水道を使用したかを計測する機械です。
この数値が水道料金に換算されます。
ですから、水道設備があるところには必ず水道メーターが設置されているでしょう。
ただし、敷地内に掘った井戸の水を水道として引きこんでいるところは、メーターがついていません。
飲用には適していないけれど庭木の水やりなどに井戸水を使っているというところも少なくないので、よく確認しておきましょう。
水道メーターは「量水器」と刻印されたボックスの中に収納されています。
電気やガスのメーターが高いところにあるのに対し、量水器のボックスは地面に設置されているころも珍しくないでしょう。
ですから、「電気やガスのメーターは見たことがあるけれど、水道メーターがどこに設置されているのか分からない」という方も少なくありません。
しかし、水道メーターの場所が分からないと漏水などにも気がつきにくいです。
さらに、自宅で水道が壊れた場合、水道個々の止水栓が見つからなければ水道メーターの近くにある大元の止水栓で水を止めるしかありません。
水道管の老朽化によって水が噴き出す、といった故障は決して珍しくないのです。
ですから、万が一に備えて必ず止水栓の位置は確認しておきましょう。
賃貸住宅の場合は管理会社に確認すれば教えてもらえます。