給水管の種類や材質を徹底解説! 破損の調べ方や修理方法も!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

私たちが毎日使う水道。しかし、その水道がどのように引かれているのかはあまり知られていません。
また、水道に不具合が生じたらどこに修理を依頼すればいいのか、も分からない方が多いでしょう。
そこで、今回は給水管の種類と材質についてご紹介します。
給水管の歴史は大変古く、戦前からあるのです。
しかし、劣化や老朽化が進めばいろいろな不具合も起こりやすいでしょう。
ぜひこの記事を読んで給水管についての知識を深めてください。
給水装置工事主任技術者の資格取得を目指している方も必見ですよ。

  1. 給水管とは?
  2. 給水管の種類や材質とは?
  3. 配水管に起こる不具合とは?
  4. 配水管の破損はどうやって調べる?
  5. 配水管の修理方法
  6. おわりに

1.給水管とは?

水道の蛇口をひねれば水が出るのは、給水管が蛇口まで伸びているからです。
給水管は水道局が設置した配水場から給水地区まで水を運ぶ配水管につながっています。
水道は水道局が管理や整備をしているのですが、給水管だけはそれが引かれている土地家屋の持主が、管理や整備をしなくてはなりません。
ですから、水道の調子が悪くなったという場合、それが配水管か給水管が原因かによって修理をする人が変わってくるのです。
ちなみに、配水管に不具合が生じた場合は、広い範囲で影響が出ます。
ですから、水道局も定期的に整備や管理をしているのです。
そのため水道に不具合が出た場合、その多くが給水管の原因になります。