ビル管理法に基づく特定建築物の水質検査はどんなことをするの?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア
水質検査

ビル管理法では、特定建築物は定期的な水質検査が義務づけられています。
では、なぜ特定建築物は水質検査が必要なのでしょうか?
そこで、今回は特定建築物で行う水質検査についていろいろとご説明します。
水質検査が必要な理由や頻度、さらに検査項目などもご説明しましょう。
水は、私たちの生活になくてはならないものです。
現在の日本では、蛇口をひねれば安全な水が出てきます。
しかし、特的建築物は受水槽を備えてあるところも多いでしょう。
だからこそ、検査が必要なのです。
建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の方や資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 特定建築物で行う水質検査とは?
  2. 水が汚染されると大変なことになるかも
  3. 水質検査の項目とやり方について
  4. おわりに

1.特定建築物で行う水質検査とは?

特定建築物とは、3,000平方メートル以上の店舗や事務所、遊技場などに利用される建築物と8,000平方メートル以上の学校施設を指します。
これらの特定建築物は、ビル管理法という法律で管理方法が定められており、その責任者が建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)なのです。
法律で定められている管理項目のひとつに、水質検査があります。
これは、6か月~1年に1度実施されることが義務づけられているのです。
しかし、一般家庭ではこのような水質検査は義務づけられていません。
いったいなぜ特定建築物では水質検査を行わなければならないのでしょうか?
その理由は、受水槽の存在や利用人数にあります。
私たちが現在飲用水にしている水は、ほとんどが水道水です。
水道水は水道局によって管理され、消毒された清潔な水が水道管を通って各家庭へ運ばれています。
一部では井戸水を利用しているところもありますが、その場合は定期的な水質検査が義務づけられているのです。
特定建築物で使用されている水は、もちろん水道水。
ですから、品質的には問題ないはずです。
では、なぜ水質検査があるのでしょうか? それは、受水槽の存在があります。
受水槽とは、水道水をいったんためておく施設のこと。
特定建築物のように大規模な建物の場合は、一度に使われる水の量も多いです。
ですから、水道管ではまかないきれません。
そのため、受水槽に一度水をためて各蛇口に水を分配しています。
ちなみに、マンションなどの屋上に大きな水のタンクが備え付けてあるのを見たことがある人もいるでしょう。
あれも、受水槽の一種です。
「貯水槽」という名前で覚えている方もいるでしょう。
また、高層ビルやマンションの場合は、水道管だと高層階に一定の水圧で水を送れません。
ですから、一度屋上へ大量の水を押し上げて、各家庭へ水を分配しているのです。
この受水槽が汚れたり水槽内で雑菌が繁殖したりしてしまえば、水質が悪くなります。
ですから、特定建築物では水質検査が必要なのです。

12